<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

メコン川で

 5時半のメコン川のほとりの宿で。(ラオス川)

ばたばた音がする。ラオス人早起き?

6時くらいに部屋のドアをあけて、レセプションを除きに行くと、
恐ろしく無愛想な兄ちゃんおきていた。
トゥクトゥクが来るよね、と念をおしたら
6時20分に登場。

 朝の風つめたい。気持ちよいが寒い。

朝のメコン川岸辺はなぜかレベルの高いマウンテンバイクの西洋人が
シャー、シャーとすべっていく。
日中はビイィー、ビィイイイというバイク。

国境まで30,000KIPもとられた。やはり割に合わないと思う。

 バスの中。ベトナム国境間で走るバスの中。
恐ろしく汚い。乗客はみんな足癖がわるく、(足癖が悪いという感覚はないらしい)
いろんなところから足がでてくる。足をあげて寝ている。私の座席の後ろから足の裏がでてくる。
右も左も足の裏が見える。小さいからだなのにそんなに足がだるいのか。
(ラオス人ちっちゃい!)

 韓国の古い車か。
虫がたくさんいる。
バスの後ろ半分がどかっとつぶされていて、荷物置き場になっている。
鶏がのってきた、本気でコケコッコーっていっている。
途中からヤギがのってきた。メーメーかぼそくないていたのに
気がついたら泣き声がやんでいた。?

 クラクションを鳴らしまくる運転。
アラブとは大違い、ゆっくり、キシャポッポーみたいな気分でゆっくり走るバス。
バババババババーとクラクションをならしながら
ヤギにも牛にも、集落にもならしてバスの到来を知らせる。

 新鮮なのは、アラブとは異なり誰も私に話しかけてこない。

 シートベルトもへったくれもない。
そこらへんのプラスティックイスを運転席のそばにちょこんとおいて
運ちゃんと話すに兄ちゃんもいる。

 5時間強、高床式の家々と牛とやぎと緑の風景。
クラクションノババババババーという音にも慣れてしっかり爆睡できた。

バスがどこかでとまるとどかどかと乗り込んでくる食べ物姉ちゃんに囲まれるのは
戦時中みたいな風景でなかなか。
[PR]
by daryasmine | 2009-10-30 21:20 | 店長のひとりごと

アラビア語併記

リビアへの渡航はハードルが高いと連呼される方が多いですが、
まったくもって高くありません。

アラビア語併記が難儀だと思われていますが、実は恐ろしく簡単で少し訓練すれば誰でもかけます。

リビアの自由な個人旅行(勝手にバスにのって、テントはって・・など)はリビアに住んでいる人以外は不可能で、
基本的にリビア人のガイドまたは、ビザの手配がなんらかの形で手配できる関係者にエスコートしてももらわなければなりません。


なお、このアラビア語併記ですが、通常日本に住んでいる場合は東京の外務省まで出向かわなければなりません。ダール・ヤスミンではパスポートをオフィスまで送っていただき外務省で併記用スタンプを押してもらい、アラビア語併記もして、送り返すという代行も行っています。
 送料含まず 1グループ1名 8000円 2名12000円、3名14000円、4名15000円
         こちら以外の人数は要相談
  


 またアラビア語併記のスタンプは自分でもらいにいけた方は
そのページをスキャンデータでいただければ、お手本をかいてそのまま送り返してあげられます。
    パスポート一部 1000円(メールまたはファックスのやりとりのみ)
ほか、お手本があっても自分で書きたくないという方は
    パスポート一部 2300円 (パスポートをオフィスまで送っていただきます、送料はご負担願います)


 詳しくはホームページにて
info@daryasmine.jp
          

 
a0141134_17144698.jpg

[PR]
by daryasmine | 2009-10-28 16:58

養鶏場

 貯さんとトルコ航空にのっていたとき、
「飛行機の中って、養鶏場みたいじゃない?
ぱかっと光がはいってご飯がでて、そのあと消えて・・・」

といった言葉を思い出し苦笑。
(「貯」さんの動向


 しかし、日本ータイ便はそれこそいいお金がおりるのでしょうか、
何これ。ふかふかのシート、ゆったり座席、6時間のフライトだけで出し物の連続。
養鶏場たる感じがだいぶ薄れた。ハワイ便はもっとすごいのか?

 長距離と短距離(45分~1時間)くらいしかのらないとこの10年、
お金が落ちる中距離線のよさを知らずにいました。

 なにこれ、乗務員の多さ。 
団体ツアーのわさわさした感じがない、添乗員さんが見られないのも新鮮だった。
アジアは個人でいくのですね。

 
養鶏場の気分がうすらぐ機内、すばらしいほほえみのタイ航空!
[PR]
by daryasmine | 2009-10-27 16:12 | 店長のひとりごと

トイレ

 中近東の水洗トイレ、女性用は日本の標準よりも高い。
空港などはあったかいシャワーのビデがついていて、しっかり洗える。

 しかし、アジアのトイレはなんと低く感じることか。
慣れるまで、「落ちた?」という気分になった。
体がびっくりする。


 チュニジアでは男性の「小」のほうは、高すぎて、
よく、「僕たち、大便用でやりました」といっている。
それほど高さを考えて設置していないのでは。
チュニジア人でさえ、「高すぎて田中さんと一緒に振り返ってあっちでやった」と喜んでいる。

 

 
[PR]
by daryasmine | 2009-10-26 16:41

スパニッシュギター 楽しみましょう 会 10月21日

 井川綾晶さんをお迎えしてフラメンコ・スパニッシュギターの会を開きました。

 井川さん:スペインにギター留学(実はギターをつくりたかった)、
 いろいろなイベントで演奏されているお兄さん。チュニジアでもサハラでギターの
 音色を響かせていたようです。

 
 
ギリシアの海辺や、ソマリヤのキャンプや、トルコの海辺の遺跡など。。。どこでも楽器をもって弾けるのは生きる喜びのひとつでしょうね。

a0141134_23284086.jpg

[PR]
by daryasmine | 2009-10-21 23:16 | 外部イベント&催事参加ご案内

ラジョル 男 

 アラブでは、男は男であり、男らしくなくてはならず、男しての本分をまっとうし、
男らしさを追求しつつ実行しなくてはならない・・・という感があるので、

女装なんてタブー
バイセクシャルもたくさんいるけど、タブー
女らしさを少し、なんていうのもタブー

 異性に惹かれない男性なんて軽蔑、侮蔑の対象である。

タイはどこにもかしこもいろっぽくて、べたべたの男の子がいますね。
一般に普通の女性より腰つきが女らしく、手のしぐさ、目の動き、
自然に女性らしい。

 このガール男を、サウジアラビアやアルジェリアに10人くらい一気にもって行きたい
衝動にかられる。アラブ人の世界観がかわるか?

 競いも競って、アラブの女性たちは一生懸命自分の女性の「性」を打ち出すようなメーク、
打ち出すようなダンス、服を着る。歌謡曲のビデオクリップはレバノン、シリア、エジプト、
トルコあたりなんかポルノビデオみたいである。
このビデオクリップを日本やタイにもっていきたい衝動にかられる。
 日本男性の全体のリアクションがみたい!

 日本のテレビは恐ろしく閉鎖的である。世界の波も感じなくて(誰かの陰謀なのでしょうか)
90%の人々はきっと日本人がつくった日本の番組だけをみて、すごしている。
日本のテレビがそれだけ面白くて、大衆受けするようにできているのか、
インドやソマリアの番組もってきても商売にならないのか。そりゃそうだ。

 チュニジアではアンテナさえあれば何千という番組が勝手にはいってくるので
ブルガリアの宗教番組から中国の国営テレビまで見れるが、
編集するのが恐ろしくめんどくさい。

 しかし、いろんな世界中の顔に慣れておくのはとてもよいと思うこのごろ。


 英語のガイドブックでいつも「ふむふむ」と思うのが
「ゲイ情報」の欄。宗教面、健康面、交通面、国内外の移動面と同じように
大切な情報として出てくる。
[PR]
by daryasmine | 2009-10-20 16:25 | 店長のひとりごと

トルコのタイル

 トルコによく用事があります。チュニジアとの往復のせいですね。
気がつけばちょこちょことツアーもつくっています。

すっかりタイル文化が心地よくなり、
このたびチビタイルを入れました。5cmX5cm 厚さ5mm です。

詳しくはホームページにて。

 
a0141134_143387.jpg

 
 
[PR]
by daryasmine | 2009-10-14 01:38 | 店舗からお知らせ

リビアの旬の季節ですよ

 ラマダンが夏に移ってしまった今、
10~11月、3月はリビアの行き時です。

 日中はうっすらと汗をかくこともありますが、
灼熱がさけられ、旅はしやすいです。

ただし11月の下旬くらいから1月はサハラは極寒になることがあり、
テントホテルのヒーターもたりないくらい。
シャワーもちょろちょろ、・・・お湯のパワーなし、といった感じなので
たっぷり熱いシャワー浴びたい人はあきらめたほうがいいでしょう。

 リビアは日本よりずっと治安がいいです。
チュニジアよりいいです。
スペインの3倍くらいいいんじゃないでしょうか。

 サハラのど真ん中で頭の中をさっぱりするためにも
リビアは大変おすすめです。(何にもありません。それがいい!)
 
 
[PR]
by daryasmine | 2009-10-13 20:46

織物

 マハディアのおじさんたちが織る織物が大変好きです。
シルク、麻、コットン、シルク&コットンなど。
地中海でひらひらしているストールをみていると、どれもこれもほしくなります。。。
のでもってかえって店におきます。

 どこでもそうですが、昔、、916年にマハディアには王朝(ファティマ王朝)が置かれたので、
織物や民芸品をつくる技術レベルがアップしました。
 それにしても、マハディアの人々も好きです。

 
a0141134_161919.jpg


 
a0141134_164789.jpg

 

 マハディアの結婚式衣装も、大変な懲りようです。これまた、どこもそうでしょうが、
結婚式のための衣装、結婚用具は大変な時間をかけて娘さん、その家族がつくるんですね。
今は、どうみても「おっさん」がぱしぱしつくっているように見えます。

a0141134_185991.jpg


 
 マハディアの織物に興味があれば、旧市街の入り口にある博物館を見学するといいと思います。
イスラムが入ってからの衣装関連ではチュニジア一です。
チュニス在住フランス人、スイス人たちが、こちらに彼らのテイストを加えておしゃれな雑貨をもりもりつくっています。カルタゴ、ラ・マルサ地区にブティックがあります。
 
a0141134_1112119.jpg

  



こんなの、中国でつくらしたらいいじゃん・・・というお言葉どこからきこえそうですが。
手作りがいいんです、量産しません、ひとつのものを大事につくって、大事につかいたい、
日本経済がまわらん、、といわれそうですが、そうです。大量生産大量消費時代もう反対。
スローライフ、スローフード応援、途上国とのフェアトレードを応援しています。


 
a0141134_116232.jpg

[PR]
by daryasmine | 2009-10-10 01:01 | チュニジア ニュース


お店情報、海外文化 旅行のヒント 内容満載の武庫之荘ダールヤスミンブログ♪


by daryasmine

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
店舗からお知らせ
HOME Dar Yasmine
店長プロフィールと事業案内
外部イベント&催事参加ご案内
過去の催事&イベント参加
ギャラリーと日本の作家さま
チュニジア ニュース
メディアに出ています!
武庫之荘おすすめ
店長のひとりごと
お客様の声
未分類

ブログパーツ

Tunisie PLUS

ガイドブックや歴史本ではよくのっていない情報をご提供、ずばりチュニジアの暮らしの手帳2 
ダールヤスミンのホームはこちら!


トラベルサン  のメンバー物販部

お問い合わせはこちら
info@daryasmine.jp

外部リンク

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

イスクラ

最新のコメント

経歴詐称の顧問さんにもフタ
by 通りすがりの通りすがり at 23:43
行商お疲れ様です(^^)..
by 枕屋たなか at 22:26
盆踊りの塔は「櫓(やぐら..
by 枕屋たなか at 00:26
ありがとうございます、パ..
by daryasmine at 22:44
超お久しぶりですー! 昨..
by daryasmine at 00:21
東京の百貨店でも催事です..
by 枕屋たなか at 09:02
きゃー(/_;) イベ..
by 枕屋たなか at 08:50

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

トゥンブクトゥから東に80k..
at 2018-01-11 16:44
12月ギャラリー本日からです☆
at 2017-12-01 13:20
ギャラリー開催中です^^
at 2017-10-27 17:54
チュニジアと小豆島
at 2017-07-29 20:06
7月催事出店とお休みのお知らせ
at 2017-07-06 23:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
雑貨

画像一覧