<   2010年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

タイルがみやすくなりました

みなさん こんばんは!

本日は武庫之荘はしっとり小雨

花壇の植物も生き返りました



ダールヤスミンには

かわいいナブールのタイルがあります




絵柄も手描きで 素朴であたたかみがあります。

(って 暑いなつに あたたかみはいいか。)


タイルが一枚一枚見やすいように

タイルホルダーをつくりました


a0141134_20391925.jpg
a0141134_20394395.jpg


かっ

かわいい・・・・・・・・!!!!!!






と おもった方は



ダールヤスミンに

いそげ♪

[PR]
by daryasmine | 2010-07-29 20:44 | チュニジア ニュース

なつめやし

 なつめやし、デイツ (アラビア語でTAMARA・・大阪弁でタマランといいたい)の種類は日本のりんごやみかんのように何百、何千種類あるといわれていまして、北アフリカや中東において、その実はそれはそれは大切な栄養源で大変メジャーな食べ物ですね。

 そのオアシスに生きる人々はやはりオリーブやモリンガのようにその木のすべてを使い尽くせるはずです。

人間の食用になる実、家具や建築材になる幹、その樹液はお酒になりますし、葉っぱも建築材(特に屋根)や雑貨になります。種は動物がたべますし、少々大変ですがそこからエッセンシャルオイルを抽出したり、石鹸や化粧品をつくったりもします。


 さて、中国製品の麦わら帽子が出回っている世の中ですが、せっかくですのでハルバルチュニジアからやってきたナツメヤシの葉っぱの帽子をご紹介いたします。ガベスのなつめやしのオアシスの村でつくられたので
ガベス帽と称していますが、とても涼しい(デザイン的に穴をあけている)ガベスのおじさんたちの手作り帽子。

 日本では当たり前かもしれませんが・・・DAR YASMINE のみの販売です。

とってもお洒落、夏のバカンスにも、、、チュニジアへのノスタルジーにもすんばらしい一品です。
ふさふさが素敵。(と思っています)

 ミリアちゃんにかぶってもらいました。
パリコレにでてもいくらいおしゃれだと思います。本気でロハス

 
a0141134_0274117.jpg

 
 インターネットではこちら

 
 もちろんべサム君のアトリエからのデイツシロップも人気は衰えていません。
ぜひお試しあれ! 
[PR]
by daryasmine | 2010-07-28 00:12 | 店舗からお知らせ

オリーブの葉 どす

● 北アフリカ、チュニジアのオリーブ産業
 古代ローマ時代からオリーブオイルは燃料、食料、浴場、スポーツやマッサージに利用されローマ文明の基盤要素のひとつです。現在チュニジアには約60のローマ都市跡が残り繁栄の跡がみられますが、これはローマ本国とオリーブ交易で栄えたものがほとんどです。
現在、中部のスファックス、スース、モナスティール一帯を中心に7000万本のオリーブが植えられており、チュニジアはスペイン、イタリア、ギリシャに次ぐオリーブオイルの生産国で、北アフリカでは最大です。人口の 20%以上の人々がオイル生産に従事している為、国をあげての事業を営んでいると言えます。生産量の半分は欧州連合諸国以外の国々にも輸出されています。
●「スペイン産」も実はチュニジア産・・・・だったり
 ブランド力が低いためチュニジア産のオリーブオイルは「イタリア産」「スペイン産」として出回っていることも多いのが事実です。(ほかの雑貨もしかり)スペイン、イタリア、フランスのオリーブ関連健康食品会社がチュニジアに入っています。

●チュニジアのオリーブは
 バイオの研究者たちはこぞってチュニジアのオリーブの質のよさをいいます。
特にポリフェノールの数値が地中海域全体でもっとも高く、筑波大学の北アフリカ研究所に所属される研究者や学生さんたちが年間を通してやってきます。チュニジアのオリーブオイルの化粧品美容雑貨と薬品開発などが主な目的です。またオリーブ交易のために毎年何組かのビジネスマンと学者がやってきて、いいプロデューサーとの出会いを求めています。
ちなみにチュニジアのオリーブ産業はとても労働集約。ひとつひとつを手摘みした、オリーブの実から搾った純粋な果実油です。現在見受けられる克服するべき点は、どれだけ質がよいオリーブ「オイル」も、大量輸出用にボトリングがうまくできる会社が数えるくらいしかないことにあります。イタリアやスペインはその点で最新鋭の機械が導入され、圧搾されたてのオリーブオイルを最小減に酸化をおさえてボトリングできます。

●ここで、チュニジアのオリーブの葉!
 オリーブの葉や幹には、害虫やバクテリアから身を守る成分が多く含まれています。この成分のおかげでオリーブ の樹は外敵に侵食されずにいるのです。
 地中海地方の人々は、4000年にわたってオリーブの葉を煎じて飲んだり、葉の成分をワインに混ぜて飲んだりしてきました。長年の知恵でオリーブの葉に 殺菌作用や解熱作用があることを知っていたのです。
普通のカゼや流行性感冒に効く、バクテリアを殺すなど、日本でもオリーブの葉のサプリメントは注目されてきています。
[PR]
by daryasmine | 2010-07-27 02:25 | チュニジア ニュース

ちゃぶ台どす

 実はひくーい、昔ながらのちゃぶ台を奨励しています。

  
a0141134_13115520.jpg


店の専属ギターマンの井川君にもちゃぶ台をつくってください、という案件、
そのほか秋以降入ってくれる、あるいは入ってくれそうな木工の作家さんたちにも
「ちゃぶ台をつくったほうがいいんです!」なんて豪語していますし、

店の2階にあるムク材のちゃぶ台、青森からやってきました、皆様から愛されてとっても自慢です。
先日外でちゃぶ台ピクニックをしましたのでその画像をここに。

  さて、ダールヤスミンの学生(まだまだまだ学生・・)顧問が「ちゃぶ台」のすばらしさを
ちょうどエッセイにしていたのを見つけました、ので引用します。
こりゃ完璧だわ。


以下、おもしろかったら、ほかにも文学部生にはたまらない、おそろしくおもしろいエッセイ満載(私が喜びすぎ?)ですのでこちらのリンクをご覧ください。ちなみに彼(ここではBunjack さん)はフランス哲学15年、ひたすら本を読んで血のにじみ出る論文書いている学生で、、、その背景も伝わってくるかと思います。
5年前に彼はアルベルトメミAlbert Memi の研究という名目でぽいとチュニスにいらっしゃいました。

 
 
 


ちゃぶ台の便利さについて=================

ちゃぶ台は日本の食事に最適化されているのだなあと思ったという話。

東京国際フォーラムで開かれている骨董市に行き、なりゆきでおんぼろのちゃぶ台を購入したのだが、半年ぐらい部屋の隅に立てかけて放置していた。

かなり使い込まれてぼろぼろな上に、埃をかぶっていたので、清掃するのがめんどくさかったからだ。

つい最近、ようやくきれいにして部屋に置いてみたところ、もはや手放せなくなってしまった。

ちゃぶ台の高さは、一見、かなり低い。

台の部分が、正座した時の肘の部分よりかなり下にくる。

これを文机の代わりにして、この上で物を書こうとすると、背中が曲がって、長時間経つと苦しくなってくる。

昔の日本人はみんな身長が低かったせいなのかなー、今の人には当時の道具は使いにくいのかなー、とずっと思っていた。

でも食事をちゃぶ台の上に置いてみたところ、そういう考えは一変した。

ごはんを食べるときには、これは本当にすばらしくよくできていると現代の私も思う。

茶わんを上において、手に取るときの動作がものすごく自然にできるのだ。

それにちゃぶ台の木の手触りと、程よい経年劣化が心地よく感じる。

うちには昭和初期に作られた文机もあり、そこで物を書いたりパソコンをいじったりすることが多いのだが、文机の方がちゃぶ台よりも10センチほど高い。

この文机でごはんを食べることもできなくはないのだが、茶わんやおわんを置いて、取ろうとするときには、肘を上げなくてはならず、机の端に肘がぶつからないように気をつけなくてはいけない。

10センチの高さの違いにはちゃんと意味があるのだなーと、体で感じた。

最近、また中国の椅子が爆発したとかで、パソコンチェアを使うのが怖いと思う人がいるみたいだけど、そういう人は思い切ってパソコンラックとパソコンチェアを捨てて、古道具屋さんとかで文机を買ってみるとよろしいのではないかと。状態にこだわらなければ二束三文で手に入る。

パソコンラックはかなり高さがあるので、これを処分して、文机の上にディスプレイを置くと、それだけで部屋が広く感じられる。

だから畳の部屋に住んでいる人は、キャスター付きの椅子を無理して使ったりしないで、思い切って床に座ってネットすればいいんじゃないかなあ。飽きたらすぐに畳に寝っ転がれるし。
 




 
[PR]
by daryasmine | 2010-07-26 13:02

営業時間変更のご案内

a0141134_151127.jpg



 ダールヤスミン、武庫之荘の店舗雑貨部の夏時間、営業時間の変更のご案内をさせていただきます。

夏時間 8月1日~9月15日まで
水曜日 14:00~21:00
木曜日 11:00~21:00
金曜日 14:00~19:00
土曜日 14:00~21:00
日曜日 14:00~21:00

● 月、火はお休み
● 8月7日土曜日のみ武庫之荘のお祭り出展のため11:00~18:00の通常通りの営業です
●ギャラリーに作家さんが入っている場合や、
貸しスペースに催し物をしている場合もあります。
● 遠方からいらっしゃるお客様など、前日までにご連絡いただれば午前中でももちろんオープンいたします。


7月中盤から、うだるような暑さで昼すぎまで周辺地区で閑古鳥が激しくなくようになり、
16:00ごろから人がでてきてお客様もそれくらいから・・・それで
気がつけば22:00という日々・・・・というわけでこの流れに対応することにいたしました。
やはり夏は夜盛り上がるものなんでしょうね

チュニジアは夏は8:00ごろから14:00か15:00で仕事が終わりみんな家にかえって
ご飯、寝る、海・・夜は祭り、(徘徊・・・)となりますが、
個人商店の強みで・・そんなことやっちゃいたいですが、今年はやめます。
日本では朝一番に一生懸命ギャラリーや
雑貨屋にいってお茶いっぱい、、というニュアンスもありませんしね。。
[PR]
by daryasmine | 2010-07-25 01:28 | 店舗からお知らせ

外国語茶屋 Fi Dar Yasmine

a0141134_2564853.jpg


茶屋、茶屋、茶屋と春から連呼してまいりましたが、
ようやく重い腰をあげて、茶屋をはじめることといたしました。

ダールヤスミンの茶屋のコンセプトは、それはそれは砂漠の茶屋、ということで
そこらへんの知らない人、外国の人ともまじってぐちゃぐちゃよもやま話をしていただきたい
・・・・基本的な言語は外国語、主に英語になります。
その名も「外国語茶屋」 非常に簡単にいうと英会話しながらお茶を飲む場所

一人でもくもくと本を読みたい方にはスペース的に不向きですが、しかしとなりでおしゃべりしてもよければどなたでもWelcome! お茶だけでもどうぞ、飲み放題 一時間1000円となります。

● 手軽にできる英会話、外国語 <外国人プロ講師、留学生、または外国語堪能なスタッフ常駐>
茶屋は英語(フランス語、イタリア語、アラビア語などもあり)で「お15しゃべりする場所」です。プライベートレッスンではありませんが少し日本語で解説することも可能です。
● レセプションは1階、登録すませて2Fにあがってください
● 営業時間 8月1日~9月15日
火 15:00~20:00(21:00)
水 15:00~20:00(21:00)
木 11:00~20:00 <キッズ/ビギナーズテーブル =>お問い合わせください>
金 15:00~18:00(19:00)
土 15:00~20:00(21:00)


 詳しくはお店まで 06-5437-8080

 
[PR]
by daryasmine | 2010-07-24 02:39 | 店舗からお知らせ

ベイビーからワンコまで・・・ダールヤスミン交遊録!

みなさん こんにちは

暑い週末ですね! 蝉の鳴き声がじゃんじゃん響いています

そんな暑い暑い中

ダールヤスミンには 

様々なお客様がご来店してくださいます



芦屋から ご来店の母娘様♪

ダールヤスミンの キリムミニショールームで おくつろぎ♪

チュニジアのちびタイルがえらくお気に入りで
カードのように並べてはめくり 遊んでおりました

a0141134_13242149.jpg




ママとベイビー♪(かわいい)

そして ご近所のイタリア人のまるちゃん

ベイビー君は じ~~~~っと まるちゃんをみつめてご機嫌に遊んでいました♪

生後4ヶ月からイタリア語になじめるっていいね!

a0141134_1322246.jpg



そして 夏休みの美術の宿題ということで

近所の中学生3人組の女の子(細い。若い。顔ちっちゃい)。

課題テーマは 「展覧会をみてレポートを書こう」

美術館、個展、公募展、画廊、ギャラリーなど ということで

武庫之荘 ギャラリーで検索して ダールヤスミンにご来店!

a0141134_13113446.jpg


いわば ダールヤスミンは チュニジア展が常設ですからね

店長コレクションの美術書も多数おいてあります。


幼稚園児ちゃん

ベイビー君

学生さん

そして 

a0141134_13275741.jpg


わんこも よく遊びにきてくれます♪


う~ん♪ なんて 

自由なダールヤスミン

[PR]
by daryasmine | 2010-07-23 13:31 | 店舗からお知らせ

フランキンセンスどす

a0141134_2315091.jpg


 スタッフからせがまれまして
乳香フランキンセンスをまた入荷いたしました。つぶがしっかりして透明感があり、よいです。
イエメンからのものをわけてもらっています。

 
特にミリアちゃんは好みがかぶるらしくて、店のものをたくさん愛用しまくってくれますので
もう嬉しい限りです。もちろん大衆受けしないものが多い・・・・・
   a0141134_23432958.jpg

 
 


《おすすめの方法、焚き方・・・》
炭をつかわずにアロマポットでもお楽しみいただけます!! 100円ショップでも売ってるような簡単なものでOK、なぜならとけたあとの汚れを洗うのが大変。。。。フランキンセンス専用の香炉があるとよいです。

 写真のように皿(うちはタイルだけど)において、小さな簡単なキャンドルに火をつけるだけ。ゆっくり溶け始めて、優しい、甘い香りがお部屋にたちこめるでしょう。煙はほとんど出ません。炭を使うよりも、簡単に長時間楽しめます。アラビア風としては炭にのせます。白い煙とともに甘い香りがたちます。

《効用など》
フランキンセンスの甘い香りは、悪霊を払い、あなたを守ります。心を癒し、瞑想を助け、ストレスをほどき、気持ちを落ち着かせます。

 古代より最高級の香料です。
アラビア半島の南端と北東アフリカに育つムクロジ目カンラン科ボスウェリア属の灌木の樹皮から分泌される樹脂です。(ほかにもミルラ、安息香など古代から使われる樹脂のお香ですね)
歴史の重要な場面場面にでてくる「神聖なお香」でした。
たとえば旧約聖書とコーラン、シバの女王(シバ王国)とソロモン王(ユダヤ王国)の会見が記されているが、シバの女王はソロモン王に乳香を進呈したといいます。古代オリエント、ギリシア、ローマではお香として神様に、エジプトでは日の出とともに太陽神ラーに捧げられました。また、キリストが誕生した、東方から来た3人の博士が持参したものの中にも乳香があったといわれます。
シルクロード時代、金と同じくらいに高価とされ、悪霊を払い心を平静にするといわれました。


 それでは・・・・・・・・店舗も、こちらも遊びに来てください! 



 

 
 
[PR]
by daryasmine | 2010-07-22 23:05 | 店舗からお知らせ

武庫之荘村国際化

 5月のはじめから気合?を入れなおしまして、国際文化交流活動に重きもおいております。
(半分以上は偶然だけど)

お店には、アルジェリア、チュニジア、スーダン、トルコ、パラグアイ、ブラジル、ロシア、イギリス、アイルランド、イタリア、フランス、ドイツ、ボリビア・・・・などなどの皆さん(基本的にマスター(修士)のための留学生)がきてくれました。

しかし、武庫之荘村にもNON日本人がけっこういるみたいですね。ほとんど外国語の先生みたいなので、
「外国語茶屋」を近々開講しようと思います。

ますます、スタッフ教育をびしびしやらんといけないと感じております。

 5-7月の皆さんの様子を少し公開。
近所のレストランにつれていったりしたものですが、
豚食べれない人、牛食べれない人、アルコールだめな人、ベジタリアンな人、いろいろいてオーダーになかなか収拾がつかないのがまたおもしろい。
ぐちゃぐちゃ飲み物を頼まれてチュニジア人が大混乱おこしているレストランをすぐ思い出します。

 
 
 
a0141134_0133835.jpg

 
 トルコのハッサンとチュニジアから北海道に行く途中のしゅかさん

 
a0141134_015194.jpg


 近所のマルちゃん(マルコ、イタリア)とひろみさん

 
a0141134_016963.jpg

 
 最近なかよしの元祖チュニジア人のサミーくんとその仲間。
ぺるーとフランスのハーフとか、、なかなか混血がエキゾチックでございます。
この日はサミーがかねてから希望してたクスクスパーティー。
 
a0141134_0182253.jpg


ブラジルの未来の法律学者、ミランダさんと・・・大の仲良し、フェリシアのアロマの大先生
 
a0141134_0204758.jpg


 ここはロシア。ハラショです。
 
a0141134_0232163.jpg


 
a0141134_0261738.jpg



 このときも南米人多かった。手前二人はボリビアー。
 
a0141134_0273276.jpg


 

 
 
a0141134_0302094.jpg

 
a0141134_050069.jpg



 チュニジアでお世話になった井川さんファミリー。このあとサミーくんはいかわさんの家で「タイ」をいただきにいきました。
 
a0141134_0352363.jpg


 
 武庫之荘住民のミッチェル先生はスコットランドより、ほかの皆さんの写真がないのが残念
 そして、金髪の外人みたいな大変強い奥様たち(日本人)とトルコのアドナン・・・・文化交流

 
a0141134_0431995.jpg

 
 

 
a0141134_050338.jpg


 この人はこう見えて、歴史好き、そして世界中のありとあらゆるコインも集めてはります。
コレクションと一緒に激写。
こないだまでイタリアの会社の国際バスの運転手だったらしい。そしてピザを焼くバイトもしていて、・・そしてに日本の武庫之荘のイタリア料理屋でバイト、ピザ焼いています。人生わかりません。

 というわけで、世界は案外小さい、でもでっかいぞう。

ああ、明日クスコに行きたい・・・・スリランカにもお茶のみに行きたい・・フィリピンの海にもぐりたい・・・
ああ忙しい!
 
[PR]
by daryasmine | 2010-07-21 23:57

 チュニジアにいる学生さんたちと異常に「毛」の話をしたのを覚えていますが、

イスラム教の人々は男性はワキと「下」の毛はないはずで、
女性は結婚するまでオフィシャルには、基本的にはすべてのばしっぱなし、結婚式の前の日に
ハマム(トルコの蒸気風呂)にて、眉毛と髪の毛以外つるつるてんにするはずです。
地中海全体的に、人々は個人差はあれ、日本人の3-5倍ほど毛深いと思います。
顔だって大変、男性は男性ホルモンがどっぱどっぱとでているのでしょうか、
ひげをのばせば濃密、アラビア語のひげの部位の名称もなかなかしっかりしてて覚えさせられてウケた。
日本語では、口ひげ、あごひげ、もみあげ?だけですよね。
そして頭のほうはすぐはげる。はげやすい。しつこいですが「下」以外、体中の体毛は男の象徴とかなんとかで、剃らない。「下」とワキはコーランに書いてあるように「人間は体を清潔に保たなければならない」というので
剃るそうです、ぬかないそうです。

 女性は違います。ぬきます。
たとえば近所のラミヤさんは食後にテレビをみながら毛抜きで顔、特に口の周りのひげをずーーーーーっと一本一本ぬいていたし、
市販にさまざまな毛抜きクリームがうっています。また伝統的には、レモンと砂糖汁をにだしてつくるペーストを皮膚につけて、「べりっ」と離す方法で毛をぬいていきます。

 チュニスのオフィスで、ひっこしてきたばかりのイタリア人のお客さんに「あの、エピキュラシオン、できるとこ近くである?」とかいわれて
「しらんです」とこたえてびっくりされました、というくらい日本人って必要ないんですよね。彼らと比べると
毛がないのと同然なくらい、体毛が毛が薄い。

 これ以上書くと大変なことになりますので
やめますが、日本人の学生さんの中で、アラブ人のラジョル(男性)にみならって下の毛を剃るというのがはやっていた時期があり、みなさんえらくはしゃいでいました。かなりよかったそうです。
[PR]
by daryasmine | 2010-07-20 02:33 | チュニジア ニュース


お店情報、海外文化 旅行のヒント 内容満載の武庫之荘ダールヤスミンブログ♪


by daryasmine

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
店舗からお知らせ
HOME Dar Yasmine
店長プロフィールと事業案内
外部イベント&催事参加ご案内
過去の催事&イベント参加
ギャラリーと日本の作家さま
チュニジア ニュース
メディアに出ています!
武庫之荘おすすめ
店長のひとりごと
お客様の声
未分類

ブログパーツ

Tunisie PLUS

ガイドブックや歴史本ではよくのっていない情報をご提供、ずばりチュニジアの暮らしの手帳2 
ダールヤスミンのホームはこちら!


トラベルサン  のメンバー物販部

お問い合わせはこちら
info@daryasmine.jp

外部リンク

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

イスクラ

最新のコメント

経歴詐称の顧問さんにもフタ
by 通りすがりの通りすがり at 23:43
行商お疲れ様です(^^)..
by 枕屋たなか at 22:26
盆踊りの塔は「櫓(やぐら..
by 枕屋たなか at 00:26
ありがとうございます、パ..
by daryasmine at 22:44
超お久しぶりですー! 昨..
by daryasmine at 00:21
東京の百貨店でも催事です..
by 枕屋たなか at 09:02
きゃー(/_;) イベ..
by 枕屋たなか at 08:50

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

トゥンブクトゥから東に80k..
at 2018-01-11 16:44
12月ギャラリー本日からです☆
at 2017-12-01 13:20
ギャラリー開催中です^^
at 2017-10-27 17:54
チュニジアと小豆島
at 2017-07-29 20:06
7月催事出店とお休みのお知らせ
at 2017-07-06 23:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
雑貨

画像一覧