人気ブログランキング |

二週間の出来事 staff tamadur in tunis

staff tamadurです。

前回チュニジアに到着までのお伝えしましたが、
気がつくとすでに一月も半分過ぎていましたね。

ここ2週間は、様々なことが猛スピードで駆け抜けた気がします。
画像と共にダイレクトにお届け。

たま社長に見守れながら、仕事開始!
ネットショップの画像撮りや、メールの確認など。
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272278.jpg
現地の高校生に日本語を教えているTAIZAN君の授業を見学
そこでなんと飛び入りで「折り紙」を教えることに!
勉強熱心な15~19歳という生徒さんたちはとても明るくまじめ。

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06194444.jpg

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06200932.jpg


samiaさんの工房に行って、商品の検品と引き取りに。
独創的な彼女の作品はこれまた一点モノの素敵なアロマポットです。

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235270.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06205660.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235285.jpg

週末にベルベルの展示会があるというのでチュニス旧市街に出かけました。
チュニジアに来てすべてが目新しいのは当たり前で、
これまではどちらかというと、生活基準の目線の景色を見ていましたが
初めての本格的観光地となる旧市街はまさにガイドブックで見る町並み!
「やっとチュニジアに来たんだー!」という実感が少しわきました。

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235382.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235207.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235372.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272238.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272320.jpg
そして先週はモナスティールという町へ行き
初代大統領のブルギバさんのいとこにあたるご家族の方のところでホームステイしながらの丁稚奉公
とある有名ブランドのジーンズ製造でひたすらミシンで縫い物したり、バブーシュ工房で見学したりと
めまぐるしい日々を過ごしました。

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272328.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272344.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235280.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235144.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235209.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235216.jpg
いまだ言葉のがついていかないtamadurですが、
幸いにも英語ができる方がいたため多少の会話ができ、
わずかながらのできない発音で苦しむチュニジア語を使いながら
なんとか生き延びた感じです。
会う方、会う方がみんな優しくとても親切。
はっきり言ってその辺りにいる3、4歳の子供以下の会話レベルなのに
耳を傾けてわかろうとしてくれるその心の広さはとても嬉しい安心した気持ちになりました。
しかし、反面では話したいこと、というか感謝の気持ちすら伝えられない悔しさが身にしみる週でした。

来週はどうなることか。
言葉の進化を遂げられるのか、というところで
また引き続きご報告していきます。

それでは。。。


※前回の催事のお知らせにて間違いがありましたので訂正いたします。

梅田阪急 7階プロモーションスペースにて
日時 誤 2/12~18 → 正 2/12~25 
二週間の開催期間となります。
お時間ございましたらご来場くださいませ。
お持ちしております。







# by daryasmine | 2020-01-18 07:16 | Staffのひとりごと

2020年もよろしくお願いいたします!

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご無沙汰しております、staff tamadurです。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
新たな年2020年ももう10日ほどたち
気分もリズムも通常生活へと戻っている頃でしょうか。

わたくしtamadur、実は2020年元日より
この度やっと?のことで初チュニジアへ足を踏み入れることとなりました!
しかも数日、週間の日程ではなく、いつ日本に戻るかわからないという任命とともにチュニジアに上陸することに

ステイ先は、社長TomokoMichigami家。
まずは社長宅にてスタートを切っております。

まだなんとも実感がわかない日々ですが、初めて感じたチュニジアでの
空気感を発信できればとおもっています。

2019年なんと大晦日12月31日の23:30
もうすぐ新年明ける何十分前という時間に、
関西国際空港から出国!!

まさか、年越しを空の上で迎えることになるとは 笑
「日本を上空から見下ろし、除夜の鐘を聞いて新しい気持ちに切り替えよう!」
(除夜の鐘の音はもちろん聞こえません)
と思っていたのですが、なんと座席は翼の真んまん中!!
地上なんか見えやしない!! ショック!! (泣)
と旅立つ前に少しへこみながら、いよいよ飛び立ち

しかし、すぐに眠気に襲われ
うつらうつらしている途中で機内アナウンスが。
「みなさま、2020年迎えました、おめでとうございます!
これからもどうぞエミレーツ航空の旅をよろしくお願いします」
とたぶんそんな感じの機長からの言葉の後、数少ない拍手で新年が幕開けました。

その後、通常の飛行と同じように機内食が出てきたあとは
ほぼ睡眠時間。。。。朝食も食べずに熟睡
気がついたらドバイに到着。
早朝、まだ日が明ける前に乗換えとなるドバイ空港。
近代的なデコレーションの休憩スペースでちょっと落ち着いた後
いよいよチュニスに向かう機に乗り込みです。
機内入り口のチェックインカウンターのお兄さんにチケットを渡すと
なんと、いきなりチケットを半分にちぎられる!!
「えーーーー、なにすんの??? 私このまま空港に置いてかれるの?」
と思ったらすかさず、新しいチケットを渡される。
「何事?」と不信な顔をしていた私にお兄さんが
「チケット変更してビジネスになりました」と教えてくれる。
チケット見るとやはり言われたとおりにビジネスの表示が。
「なんでビジネスになったのか?」と聞きたいところだったけど
言葉があやふやわからずそのままカウンターの奥へ。
機内まではバスでの移動そのバスからすでにエコノミーとビジネスでは違うのを知りました。

これまで乗ったことあるエコノミーとはまるで世界が変わり
広々としたそして少しおしゃれな装飾の座席を見てテンションがあがるけれど
周りのかっぷくのいいジェントルマンに囲まれていると
そんな浮き足立ったしぐさを見せるのが恥ずかしく「落ち着いてますよー」
みたいなそぶりでいったん着席。
しかし、座席にあるいろんなボタンのどこを操作していいやら??
いきなり押してみたボタンが、隣の人との仕切りのボードが下がるものと知らず
下がった向こうにいたいかにもお金持ちそうなおじ様と目が合い思わず苦笑い。。。
すぐにボードを上げるボタンをプッシュ!!
もう余計なことはせずおとなしくしてました。しばらくするとガラスのコップにシャンパンが!
(私はアルコールが飲めないのでオレンジジュースをいただきました)
機内食は各人に真っ白なランチョンマットがしかれ、真っ白な陶器に盛られたお食事が配膳され
パンは食べ放題。なんと素敵なレストラン状態。
その後広々、足も伸ばせて、シートもほぼフラットの快適座席でまたほぼ睡眠時間。
どれだけ寝るんだとおもいながら、やっとチュニジア到着!!
もっとビジネスを満喫しておけばよかったーー。

入国検査も無事通過し、ゲートの外で迎えに来てくれていた東京支局長eriさんと待ち合わせるはずだった。
荷物を取ったら、左に出てください。といわれたとおりに建物を出て、待っていること数十分。。。。
「あれ?おかしいな。どうしたんだろ。左であってたよな?」と思いながらwi-fiもない状態だったので連絡することもできず。
「いや、まいった。来てとたんにこれか!旅行運ないけど、まさかのこの地に来て一発目に?」
と考えて、「まぁいいやもう少し待ってみよう。」と思ったら、そのあたりにいたおじさん(たぶんバス乗り場の案内や荷物整備のおじさん)が「どうしたの?」と声をかけてくれる。
でも、私チュニジアで話される言語「フランス語」も「チュニジア語」もまるでしらないままきてしまったので、せっかく親切に声をかけてくれたのにわからず・・・・
英語を少し話すけど、通じず。しかし、おじさんのジェスチャーでなんとか
「チュニジアで通じる電話番号があるならこれ使ってかけな。」となんと見ず知らずの私に携帯を貸してくれたんです!感動!!
その電話をかりて社長TomokoMichigamiに話をすることができました。
おじさんありがとう!!
ほんとはゲートを出たらすぐ左にいればいいというのに、外まででてしまった。
支局長eriさんは中にいるということでもう一度中へ!
しかし、チュニジアの空港中に入るのもセキュリティーチェックが必要。
金属探知のアーチゲートをくぐらなくてはいけないのだ。
重いスーツケース、さらにはポケット中の携帯、リュックの中のPCなど電子機器はすべて出し再入場。
「どこにいるんだー??」と探していたら、なんと目の前に見たことある人が!!
なんと社長TomokoMichigamiのだんな様Riadhさん!
お迎えにきてくれていることは知らなかったのですが、顔を見たとたん、
「Riadhさん!!!」と叫んでいる自分がいました。
あの数十分の待ち時間の中で実はものすごく緊張していて、
奇跡のように知り合いをみつけ一気に安心した瞬間でした。

そして、その後は社長のおうちへ行きひとまずひと段落。
見慣れた方の顔と初めて会う顔の人々。
今日からしばらくお世話になります。と、いうことで
家にいる皆さんと新年のお祝いも含めチュニス湖の近くにあるカフェにお茶をしに行くことに。
フォトスポットなのか、新年だからなのか、大きなお店のカフェにはたくさんの人が。
そこでいきなり水タバコ・シーシャも体験。
夕暮れ時のカフェでみんなで話をしながら日が落ちるころまでゆっくりとお茶を飲みました。

と、こんな感じでチュニジアの一日目が終了。

チュニジアの内容よりも到着までの話がほとんどになってしまいましたね。。。
次のブログでは、ぜひその後の滞在記を綴っていこうと思います。

ひとまずついた日の写真を一部。。。


①チュニジア国際空港
日本ではあまり見られない国旗掲揚 チュニジアの街中どこにでも国旗が掲げられています。
2020年もよろしくお願いいたします!_a0141134_21151101.jpg

②両替したチュニジアのお札
単位はチュニジアディナール 一気にお金持ちになった気分になる札束
2020年もよろしくお願いいたします!_a0141134_21155289.jpg
③チュニス湖のカフェ
おしゃれなお姉さんたちも水タバコ・シーシャをプカプカ吸っています。
2020年もよろしくお願いいたします!_a0141134_21152716.jpg
というぐあいです。
これから、初めてのチュニジアでの暮らしをブログにて日記風に更新できるようにしますので
もしよろしければお付き合いいただけると嬉しいです。

───────────────────────────────────
◇◆◇ 催事のお知らせ ◇◆◇
───────────────────────────────────
●梅田阪急 
場所 : 梅田阪急 7階 プロモーションスペース73
日程 : 2月12日(水)~18日(火)
時間 : 曜日により変更します。詳しくは梅田阪急のサイトをご確認ください。
7階のエスカレーター横にて
今回もトルコ雑貨のカラデニズさんと一緒の出店です。

新作のハネンさん陶器やキリムをお披露目予定です!
ぜひ足をお運びください

スタッフ一同お待ちしております。

梅田阪急の情報はこちら


●高槻阪急
日程:3月4日(水)~10日(火)

●千里阪急
日程:3月11日(水)~17日(火)


───────────────────────────────────
◇◆◇ 今月のおすすめ商品 ◇◆◇
───────────────────────────────────
●ハネンさん陶器
新しい可愛いマグが仲間入り!
色鮮やかなハネンさんの陶器はテーブルを明るくします。
お気に入りのマグにいかがですか?
また、プレゼントにも最適です。

●デーツシロップ
アラブ諸国ではなくてはならないデーツ・なつめやしの果実
デーツは古代から親しまれているパワーフルーツで
鉄分、ミネラル、食物繊維、ビタミンB、ポリフェノール、亜鉛など様々な栄養成分が豊富です。
かの有名なクレオパトラも愛しまた、イスラムを広めたムハンマドはデーツの実を食べながら過酷な砂漠を旅したと言われています。

デイツのシロップはドライフルーツよりも手軽に毎日の食事に取り入れられます
健康と美容にぜひおススメします!!

ご購入はこちらから


───────────────────────────────────
◇◆◇ 1月のお休み ◇◆◇
───────────────────────────────────

定休日は月曜・火曜日です。
その他のお休みは
12(日)です。

※事情により予告なく臨時休業する場合もございます。
その際はご了承くださいませ。




# by daryasmine | 2020-01-11 07:26 | Staffのひとりごと

3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ

3人のクリスマス展 Merry Christmas

3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13240740.jpg

本日5日(木)13時より開催中です。
3人の作家さんによる今年最終のギャラリーです。

クリスマス、お正月に向けて季節を彩るリースやしめ縄を飾りをはじめ
シルバー、コットンパールや、タティングレースのアクセサリーも充実。

今年の自分へのご褒美に。
また大切な人へのプレゼントにどうぞ。



作家さん紹介

・花岡 尚美・ 
2009年伊丹ジュエリーカレッジ終了 百貨店、イベントなどで販売
Instagram hana_jewellery
3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13240205.jpg
3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13235605.jpg
3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13212319.jpg
3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13213781.jpg



・佃 博美・
阪神間のデパート、イベントにて、プリザーブドフラワーと
タティングレースなどハンドメイドの作品を販売。日本プリザーブドフラワー協会会員

3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13215245.jpg
3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13221678.jpg

3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13220547.jpg

3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13234605.jpg



・高橋 信子・
西宮市在住 プリザーブドフラワー、造花の作製販売 FDAフラワーデコレーター協会会員

3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13232036.jpg

3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13233450.jpg
3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13230506.jpg
3人クリスマス展 ギャラリーのお知らせ_a0141134_13233905.jpg

ダール・ヤスミン 1階にて
期間中時間帯は11時~18時まで。
最終日8日(日)は17時まで。

ぜひ、ご来店くださいませ。






# by daryasmine | 2019-12-05 14:03 | ギャラリー開催中

ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内

寒さも本格的になってまいりました。

本日は、ギャラリー開催のお知らせ・イベント出展・セールのご案内です。

ギャラリーお知らせ
今回は3人の作家さんの合同個展です。
●3人のクリスマス展会期:12/5(木)~8(日)
時間:11:00~18:00(初日は13時から、最終日は17時まで)
場所:ダール・ヤスミン 1階にて
🎄クリスマス展
●花岡尚美レースをモチーフに、シルバー925を使った作品30点、アルミニウムを使った作品90点。
●佃 博美クリスマスリース、お正月アレンジ、しめ縄など30点。タティングレースの小物(ブローチとイヤリング他)50点
●高橋信子クリスマスリース、お正月飾り、壁飾り、ミニアレンジ、松ぼっくりアレンジ、ト音記号.音符アレンジなど50点
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12545933.jpeg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12544964.jpeg


イベント出展
こうべガーデンカフェ2019
●KOBE GARDEN CAFE:12/8(日)
時間:11:00~16:00(雨天決行)
場所:須磨離宮公園 ポセイドン広場(レストラン前)
facebook.com/kobegardencafe
instagram/kobegardencafe

ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_14513906.jpeg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_14515162.jpeg







セールご案内
お値打ちなキリムとヤギ革のがバン在庫5点のセール
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12553317.jpg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12552309.jpg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12555125.jpg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12554407.jpg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12561375.jpg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12560429.jpg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12562360.jpg
ギャラリーのお知らせ【3人のクリスマス展開催】・イベント出展・セールのご案内_a0141134_12563357.jpg

新着情報
秋冬ワンピースも入荷しております。。
ぜひお立ち寄りくださいませ。。


==11月の店舗休業日==
定休日は月・火曜日です。

それ以外のお休みは 29日(金)です。


急な都合により臨時休業することもございます。
また、休み中のお問い合わせのご返答、ネットショップの出荷などは
休業日開けの対応になりますことご了承くだいませ。







# by daryasmine | 2019-11-20 14:59 | 店舗からお知らせ

10月15日デリー

デリーにつきました。用意という用意もせず、ビザも手続きせず1014日の朝に小さなスーツケースを用意して、家に電気工事屋を930分によんで1100そのまま空港へ。

チェックインカウンターでもちろん?「ん? デリー?」

「ああ、私、日本人なんでアライバルビザいけますねん」「あっそう、OK

また来た道、ドバイへ。ラグビー女子、アフリカンカップの軍団とまたまた一緒になる。

負傷者が目立つ。足の骨折少なくとも4人。4日前隣にいたモーリシャスのでっかいコーチもいた。チュニジアが大統領選挙だったとはいえ、このような試合にメディアがぜんぜん飛びついていない、チュニジア国民がまったく知らないのが胸がいたい。

1本目の飛行機はドバイで働くMELEKさんとしゃべり倒したあと朽ちた6時間。

外で10年近く働くチュニジア人とはよく気が合う。

2本目は高山正之さんの超辛口世界情勢を読みつつほとんど寝ていた。

デリー空港に到着、eVISAカウンターの前には欧米人の長蛇の列。

人込みをわけわけ、到着ビザカウンターにいき、用紙に書き込み2000ルピークレジットカードで支払う指示を受け、終わり。eVISAより、大使館や旅行会社で正規に申し込むVISAより早い!!!!

前回、e VISAのためにPCの前で数時間要した気がする。

さて、インド観光局のカウンターで超熱心なANILさんからホテルに行き方をおしえてもらい、えっちらおっちらメトロ乗り継いで、(乗り換えの連絡橋1,5 km以上あったと思う。)ぼろぼろのリキシャー拾って、

指定のホテルの従業員入り口に連れてこられ、えっちらおっちら階段をのぼったら

ゴージャスな門構え。キラキラフロントロビー。紅茶350ルピー!!!(700円弱)

ぼろぼろのリキシャーにのってひとり

裏門から入るような日本人は私くらいだろうなぁと・・・・ひとり苦笑。

その後、屋上でナンプラーの味がしないパッタイをたべて、うるさい町をよたよた散策。

どこもかしこもビービー、リキシャー、トゥクトゥク、自動車、バス…

疲れたとチャイをたのんで15ルピー。 (30円弱)


# by daryasmine | 2019-10-16 03:33 | 店長のひとりごと

モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。


チュニジア、と言えば、の問いに対する答えとして、一番多いのは・・・                               
『どこ?』 
という、残念な結果が今のところ。

 オリーブ、デーツ、ビールにワイン、柑橘類に海産物、料理で言えばブリック、ハリッサ・・・
身近なところでも実はたくさん日本に届いているのです。
そしてそして、当店ダール・ヤスミンでご紹介しております、数多の民芸品。

 その中でも最も歴史があり、世界的に知られているものといえば「モザイク」です。
紀元前4000年ごろに始まったとされる装飾美術、医師や貝殻などの小片をモルタルなどの
接着剤で貼り付けていたものがギリシャ、ビザンチンと時代を経るうちに、建築物の床を飾るものとして発達しました。
チュニジアはかつてカルタゴと呼ばれる、ローマと地中海の派遣を争った強国であり、ローマ時代の繁栄の証としての
建築が多く残されています。そして、その建築物を飾っていたモザイク美術を一堂に集めたのが、国立バルドー美術館。
海外からの観光客は必ずここを訪れる、と行っても過言ではないでしょう。 かく言う私も、初めてチュニジアの地を踏んだ
空港から、まず向かったのがバルドーでした。見るだけとはいえ美術ファン、モザイク画に興味関心があった私には、
チュニジア、といえばバルドー美術館でした。

 そんな経緯もあり、日本にいる間、イタリアで学ばれた先生にモザイク制作を習い始めました。
今回、チュニジア滞在中にその先生がチュニジアのモザイク技法を見たい、ということでチュニジアへ、やはりモザイクを習っている
お友達といらっしゃり、チュニスはデンデンにある伝統工芸省:『民芸村』の中のモザイク工房にモザイク制作教室でチュニジアの
モザイクづくりにお供してきました。

モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_01360333.jpeg


 伝統的なデザインのみならず、肖像画やサインボードなども手がける工房へ。
中へ入った瞬間から、おおおお〜!という歓声とともにたくさんの、大小さまざまなモザイクに惹きつけられまくり。
こちらではチュニジアの象徴、とも言うべきオリーブのひと枝のデザインを作ることにしました。
まずは用意された鉛筆のような細長い石をカットするところから。
いつも使っている道具とは違い、バネがなく力がいるタイプの大きなペンチの扱いがなかなか難しく、もたついていると
『指導員』のモハメドさんがサクサクと手際よく、切ってまわってくれました。
メインのオリーブの部分は、下書きの絵に合わせた石を切りつつ、のりのついた基盤に石を置いて貼っていきます。
モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_02334697.jpeg

 どこにどの石をどう置くか、が大事な要素で、石の向き、並びによって画の質感や雰囲気がガラッと変わってしまうのがモザイクの
奥深さ。 表したいもの(デザイン)の構成や線の流れなどを意識して俯瞰的に見ながら石を並べていくことが必要・・・
とはいえ、初心者向けの体験教室であり、ざっくりとした大きめの一片を用いての製作でしたので
さらっとできるものかと思っていたら、丸い基盤の中を直線の石で周回するように埋めていくというのはなかなかの難易度。
さすが、先生は構造を理解されているのでテキパキ作業されていましたが、まだまだ初心者の私は
迷ってばかりで明らかにスピードが遅く、どう?と覗き込んだモハメドさんが、いやいや、これはこうだね、と直しまくり。

 モハメドさん、モザイク職人のイメージと違ってずいぶんと大柄、聞けば元ボクシングのチャンピオン(チュニジア国内?)とのことで、
なぜこんなところでモザイク職人?と思ったものの、細かな作業には不釣合いの大きな手、太い指でも小さな石を切り出し、それをスパッと
ピンポイントで貼っていくのはさすがの職人技。

モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_02382757.jpeg



 作業を楽しみすぎて時間が押してしまい、工房のオーナーも加わっての仕上げ作業で無事石貼りが終了。
この時点ではあるがままの、石そのものの質感と色で、クリアですっきり、な感じ。
(写真のものは補強をかけ石が剥がれないようにした段階のもの、おもて面に繊維を貼るため、結果として出来上がりのデザインは反転する)

モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_02512827.jpeg



 モザイク画としては完成しているように見えるのですが、肝心なのはこの先の作業。
本来なら体験参加者がやるのはここまで、仕上げ作業は工房で行ない、翌日以降のお渡し、と言うのが通常の流れなのですが
石貼りはプロの先生が知りたかったのはこの仕上げ作業。モザイクの技法と同様、場所によっていろいろなやり方があるそうで、
チュニジアでお土産品などとして販売されているものがあわせ持つ、軽さと丈夫さをどのように出すのか、が
この体験教室のメインの目的でしたので、どのようにするのかも見せていただきました。


モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_10345478.jpeg
      仕上げ作業中のモザイクたち、これからみががれるところ。

 ダールヤスミンで取り扱っているモザイク画の裏面を見ていただくとお分りいただけるのですが、裏面は
繊維を糊で固めて石の剥がれを防いでいます。通常はモルタルなどと使うのですが、そうするとものすごく
重くなってしまい、持ち歩きには甚だ不向き。ざっくりとした布のような繊維のシートを表に貼り、
薬品で固め、それをひっくり返して裏面にし、下書きの紙を剥がして、まだ新しい石の表面に企業秘密の
粉や薬品を塗ってバーナーで炙って固め、乾いたらグラインダーで磨き、余計な厚みを取りつつ石の内部の良さを
引き出す、と言う手間のかかる工程・・・
実際に石を貼るよりよほど大変な裏方仕事、縁の下の力持ち作業。



モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_10345390.jpeg


モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_10412740.jpeg
モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_10345496.jpeg
モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_10345280.jpeg
モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_10345308.jpeg
 

側で見ているととても危険に思われてハラハラしてしまいますが、興味津々で見つめ、一つ一つに感心して
歓声をあげる私たちが嬉しかったのか、モハメドさんいろいろと説明しながら満面の笑みでスイスイ作業。
お料理でいう「面取り」のように円版の外周もちゃんとも削って角を滑らかにしてあります。
素晴らしい。


こうした紆余曲折を経て、三人三様のモザイク画が出来上がりました!

モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_10590785.jpg


 このように、出来立てホヤホヤ感をなくし、こなれた感じを出す作業がしっかり行われているからこその味わい。
さすがに先生の作品は端正に出来上がってます。(ちなみに私の作品は真ん中のもの。)
比べてみると、技量はもちろん、感覚、性格や人となり(ちょっと大げさですが)が反映されていて興味深いです。  
自分で作ったモザイクを家で眺めるのもまた格別です。

チュニジアのモザイク、チュニスのバルドー美術館のほか、スース、エル・ジェムでもバルドーに勝るとも劣らない素晴らしいものを
ご覧いただけます。実際にモハメドさんとモザイクづくりを体験すれば、また想いも深まり、壮大なチュニジアの歴史の一部に
なったような気分も味わえますので、旅のアクティビティとしてお勧めです。
そうは言っても、チュニジアへ旅しよう! はなかなかハードル高いので、まずはダールヤスミンの店頭にありますモザイク画を
お手に取って見てくださいね。(S)


モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_11252235.jpg

モザイク作り ワークショップに行ってきたお話。_a0141134_11332576.jpg


# by daryasmine | 2019-09-25 11:40

残暑お見舞い申し上げます。

暑いですね、が合言葉になっているような酷暑の毎日。
立秋を過ぎたのも気がつかず・・・ダールヤスミン 東京支局は郊外にあるので蝉が
元気に鳴いていて、ますます暑く感じますがすでに暦の上では「残暑」なんですね。


今年の立秋は8月6日、5月1日に 「令和」と改元されてからちょうど100日めに
あたる日だったとか。前回の 昭和から平成への改元の際は、一生のうちにそうそう
何度もあることではないだろう、とずいぶんと緊張感を持っていました。
なにせ、昭和が終わった1989年 1月は ちょうど妊娠中で この子は昭和生まれでは
なく、○○元年生まれになるんだ!と妙な感動すら覚えつつ、だいぶ丸くなっていた
お腹を撫でながら、テレビの前に正座して改元の発表を見ておりました。

あの 小渕官房長官による新元号「平成」の発表から30年後、まさかの生前ご退位に
よるお代替わりになろうとは・・・
さらに、新元号が先に発表され、その後のお代替わり、という一連の流れを
見聞きしたのが2018年末から滞在していたチュニスで、インターネットやメディアを通して、という予想外も予想外、銀河の果てくらいの距離感のある予想外の経験となったのでした。

物理的には、チュニジアと日本は8時間の時差があるものの、いまのインターネット社会においては情報に時差なし。日本にいるのとなんら変わりない状態で、
何でもインターネットを介して知ることができるので、半年近く日本を離れていても
情報の点では浦島太郎化することはありませんでした。

とはいえ、その情報はあくまでもネット上の文字情報にほぼ限定され、
いわゆる空気感、体感というものは得られませんでしたが、
フランス語のリスニングの勉強にちょっとでも役立つか、とチュニスでいつも見ていたフランスのニュース番組 「FRANCE24」で ジャポン、と聞こえてきて
お代替わりについて扱われていたのを思わず画面をスマホで撮影。

残暑お見舞い申し上げます。_a0141134_03202174.jpeg
残暑お見舞い申し上げます。_a0141134_03164369.jpeg
残暑お見舞い申し上げます。_a0141134_02565716.jpeg
報道のあと、キャスターと数人の識者が 多分 日本における象徴天皇制の意味する
ところ、的な内容を話し合っている(推測) のを見る、という、前回とは全く違う状況で
した。


この頃のチュニスはすでに陽射しがかなり強く、だいぶ暑くなってきていました。
北端とはいえアフリカ大陸、今頃の、真夏のチュニジアの暑さは日本とは比べものに
ならないレベル。いまはすぐにネットで調べられるので、今日はチュニスは42度、とリアルタイムの気温を目にすることはできるのですが、この文字情報を実際に体感
するのはちょっと遠慮しておきたい・・・
チュニスにも本当の立秋が訪れて、涼しくなったころにまた 戻りたいと思っています。
































# by daryasmine | 2019-08-20 03:37 | Staffのひとりごと

お盆です。



8月、お盆になりました。

皆さま、この暑さの中どうお過ごしでしょうか。
毎年暑くなるのは、やはり温暖化が原因なんでしょうか。
それとも歳のせいでしょうか・・・
こんにちは、Staff tamadurです。

何度も言いたくないのですが、本当に毎日暑いですね。
日中の暑さはすべてのやる気を失うほどに感じてしまいます。

しかし、社長ミチガミいわく
「チュジアの暑さはこんなものではない、怒りを覚える」らしいです。
40度~50度になるというこの時期のチュニジアの気温・・・
それはもう想像もつかない暑さというか熱波といったほうがいいのか。

チュニジアでは夏の仕事がよく滞ると聞きますが、
そらそうですよね、そんな暑さの中仕事なんて手につかなくなるのは
日本の暑さでも感じるくらい・・・。納得します。。。

そんな中、少しでも涼しさをお届けしようとお知らせです。

FacebookやInstagramでは取り上げていたのですが、
ブログでは告知していなかった現在進行形の出店内容です。

桐島かれんさんがプロデュースするSHOP
House of Lotus にて「世界のグラスとうつわ展」を開催中

期間:開催中~8/18 sun.まで
青山店 日本橋店 の2店舗のみの期間限定となります。

・ナブール陶器、チャイグラスを中心に展開
日本橋店ではオリーブ雑貨も加えて出品しております。

青山のお店は異国情緒を漂わせるパティオでの展開
都会のど真ん中いうことを忘れさせてくれる素敵な空間です。


お盆です。_a0141134_16431787.jpg
お盆です。_a0141134_16430450.jpg
お盆です。_a0141134_16542189.jpg
お盆です。_a0141134_16544689.jpg
お盆です。_a0141134_16544306.jpg
お盆です。_a0141134_16541535.jpg
お盆です。_a0141134_16432576.jpg
お盆です。_a0141134_16433153.jpg
他国のうつわたちともなじみHouse of Lotusの世界観に溶け込んだ
チュニジアの陶器とチャイグラス
なんだかいつもと違う表情を見ているようです。

House of Lotus 青山店 ぜひ足をお運びくださいませ。


そしてこれからの催事出店のご案内

・宝塚阪急 リラクシング売場
日時:8/14(水)~20(火) 10:30~18:30

・ルクア110 4階 Isetan closet ザ・ステージ
日時:8/28(水)~9/3(火) 10:00~21:00
ワンダフルマルシェ~旅する蚤の市~「MINZOKU」

・大阪高島屋 6階 生活用品フロア 中央エスカレーター横
日時:9/4(水)~9/10(水) 10:00~20:00(金・土曜日は21:00まで)
北アフリカ チュニジア展

お近くにお寄りの際はぜひご来場くださいませ。お待ちしております。


==8月の店舗休業日==
定休日は月・火曜日です。

それ以外のお休みは、
15(木)16(金)23(金)30(金)
※14(水)と18(日)は14時以降のOPENとなります。

急な都合により臨時休業することもございます。
また、休み中のお問い合わせのご返答、ネットショップの出荷などは
休業日開けの対応になりますことご了承くだいませ。







# by daryasmine | 2019-08-12 17:25 | 店舗からお知らせ

地球に優しく

Staff tamadurです。

このあいだ、ラジオでとても悲しいニュースを耳にした。

「調査結果によると、現在の海に浮遊するプラやビニールゴミの総量が
2050年には海に住む魚たちの総重量を超えてしまうだろう」というニュース

とても恐ろしく思わず、
「うそでしょ?!」 とコトバを発してしまった。

まさか、そこまで?と感じましたがこの頃プラ製品の使用を禁止する
人々や企業・団体、大きくなれば国での取り組みが発足しているというのは
こういうことなんだと、すぐ理解できました。

そこで、いま私ができることは?
さらにダール・ヤスミンではどのように向き合えばいいのだろう?と考えながら
仕事をする1日を過ごしました。

そうすると、先日貨物が到着し、解体してるときのことを思い出したんですね。

今回の荷物にたくさん入っていた、このカラフルなもの。
なんだと思いますか?

地球に優しく_a0141134_00353568.jpg

地球に優しく_a0141134_00353392.jpg

これ、実は紙製の卵のケースです。

これが緩衝材になって今回結構な具合に入ってたので、
「社長、チュニジアでずいぶん卵食べてんだなぁ。」とちょっとおかしく思いながら解体作業をしていました。
紙のものは丈夫でしっかりしてるのでちょうどいい緩衝材としてよく送られてきます。
日本では卵ケースはプラ製品ですよね。薄くて軽い、濡れないなどの便利さもあるんでしょうが、
リサイクルという視点では使えるものではないですね。
紙製の卵ケースはお客様へ日本から発送するときも使用してますよ。

すべてのプラ製品がダメ!ということではありません。
私たちのお店の商品で売れ筋のアイテムはやはり陶器類です。
その陶器を包むときの梱包材はプチプチ言われるエアパッキン プラ製品を使用しています。
でもできるだけ最小限に使用し、ゴミを出さず、またリサイクル可能なものを使用するようにしています。
先ほどの卵のケース、古新聞や、ダンボールもまたしかり。

ダンボールといえば、ダール・ヤスミンは百貨店の催事に出店してます。
売場の裏バックヤードといわれる従業員用のゴミ捨て場でよく見るダンボール置き場。
ここに積まれているダンボールのなんてきれいな事!新品か??と思うほど。
たった一度しか使用してない、しかもとても丈夫そうなダンボールまで
すべてサヨナラのコーナーにあるんです。

ダンボールはリサイクルされるんでサヨナラとは少し語弊がありますけれど。
でも知ってましたか?ダンボールのリサイクルって新しいのを作るよりコストはかかるんです、実は。
だから燃やしちゃって新しいのを作ればいいや!というわけではなく、
何度か使えるようにリユースするということが大事だと思うんです。
ダンボールも貴重な資源を使ってるわけですから。

わたくしtamadur ダール・ヤスミンの前に勤めてた企業では、毎日の納品があり
それもダンボールだったんですが、それをリユースするシステムがありました。
納品するのと同時に解体したダンボールをまた戻して利用する。
使い古してダメージの多くなったものはリサイクルへ。

もちろん、リユースするために多少の決まりはあったものの、
まだ使える箱をそのままリサイクルするよりいいですよね。
資源削減をし、コスト面も削減されます。
ダール・ヤスミンもそんな理由でアラビックや、フランス語、たまには英字の古新聞を
表にデコレーションしてリユースダンボールを使用しています。


プラゴミから話はそれましたが。。。

今日一番なにが言いたかったというと、
ダール・ヤスミンのお店のコンセプトを伝えたかったのです!
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが。

・北アフリカ チュニジアの伝統・民芸・特産物・暮らしなど文化を伝え
フェアトレード、地域の貧困緩和、雇用機会を増やす というのが目的。

ほかそれに続けて、ポリシーとして
天然素材のを使用し職人のよる手によるものから作られたものを輸出し、
地球の環境を脅かすものはできる限り使用・販売しない。
という大切なところを知っていただきたかった。

その中でも、貨物で入荷したアイテムでひとつ紹介するアイテムがこちら。

「ショット・エル・ジェリドの人形」

地球に優しく_a0141134_00351468.jpg


ショット・エル・ジェリドはサハラ砂漠の入り口近くにある塩湖の町というか村
その塩湖のほとりで、テントを張ってまさしく「塩」を売っている
小屋で売られているのがこの人形。

この人形自体がリサイクルの人形なんです。
よく見ると、人形のすべてが端切れ布を使っています。

表情も髪型もさまざま。
皆さま 結構おしゃれで個性的。
後姿なんかもう、ぐるぐる。

地球に優しく_a0141134_00354377.jpg
地球に優しく_a0141134_00355385.jpg
地球に優しく_a0141134_00354694.jpg
地球に優しく_a0141134_00355563.jpg
地球に優しく_a0141134_00360599.jpg

私たちスタッフ間では苦し紛れ人形と呼んでる。
なぜかと言われると・・・・
この村の人たちの生活はほんとに慎ましく
砂漠の入り口ですから、作物が多くあるわけでもなし、
かといって人通りが多いところではない。

そんな中端切れ布を使って少しでも生活の足しになれば
と思い作り販売されてるのがこの人形。
現地仕入れ責任者の社長が言うにはほんとに苦しい中作ってるこの子たち。
というわけで苦し紛れ人形と名付けられたわけです。

フェアトレードとエコ 両立のアイテム

かわいくないですか?
なかなかな一癖ある人形たち。
わたしtamadurのなかではかなり好きでたまらないアイテムのひとつです。

そんなアイテム他にもあります。
それはまた次の機会に。

長くなりましたが、
地球に優しく、人に優しく、そして自分にも優しく。そうなりたいな、と思ったtamadurでした。


ではまた。。。




# by daryasmine | 2019-06-26 02:34 | Staffのひとりごと

三人の作家さんによるギャラリー開催中

本日より、ギャラリー開催です。

今回は3人の作家さんの合同個展です。

会期:6/20(水)~23(日)
時間:11:00~18:00(初日は13時から、最終日は17時まで)
場所:ダール・ヤスミン 1階にて


・GRASSWORK・
大西 政範・・・イタリアベネツィアのガラス工房で学んだあと帰国し
現在神戸市西区にて「ガラス工房 凸と凹」を設立
兵庫、大阪、神奈川、広島などのギャラリーで展示出展多数

今の季節にぴったりな透き通る色鮮やかなガラスアイテムです。
箸置き、飾り小皿、花器など約50点を展示
パート・ド・ヴェールとなり電気炉を使用作品です。

三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17065733.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17061976.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17064812.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17062330.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17060775.jpg



・PRESEVED FLOWER・
佃 博美・・・「アトリエ タンジェリン」子育てをしながら兵庫県を中心に
プリザーブドフラワー、タンティングレースなどハンドメイドの作品を販売。
タンティングレースはイヤリングやブローチを展開

三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17073891.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17074365.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17075414.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17074938.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17075997.jpg



・螺鈿ジュエリー・
小島 紗和子・・・螺鈿を用いたアクセサリーを中心に出展
ブローチ、指輪、ペンダントトップ、帯留めなど。
他、漆とあわせたカトラリーなども含め約50点出展
今回は新しく額縁を陶器で飾ったかわいらしい絵画のような作品も展開しています。

三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17072882.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17073310.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17064292.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17070800.jpg
三人の作家さんによるギャラリー開催中_a0141134_17071451.jpg


# by daryasmine | 2019-06-20 17:26 | ギャラリーと日本の作家さま


お店情報、海外文化 旅行のヒント 内容満載の武庫之荘ダール・ヤスミンのブログ♪


by daryasmine

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
店舗からお知らせ
HOME Dar Yasmine
店長プロフィールと事業案内
外部イベント&催事参加ご案内
過去の催事&イベント参加
ギャラリーと日本の作家さま
チュニジア ニュース
メディアに出ています!
武庫之荘おすすめ
店長のひとりごと
お客様の声
ギャラリー開催中
Staffのひとりごと
未分類

ブログパーツ

Tunisie PLUS

ガイドブックや歴史本ではよくのっていない情報をご提供、ずばりチュニジアの暮らしの手帳2 
ダールヤスミンのホームはこちら!


トラベルサン  のメンバー物販部

お問い合わせはこちら
info@daryasmine.jp

外部リンク

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

フォロー中のブログ

イスクラ

最新のコメント

経歴詐称の顧問さんにもフタ
by 通りすがりの通りすがり at 23:43
行商お疲れ様です(^^)..
by 枕屋たなか at 22:26
盆踊りの塔は「櫓(やぐら..
by 枕屋たなか at 00:26
ありがとうございます、パ..
by daryasmine at 22:44
超お久しぶりですー! 昨..
by daryasmine at 00:21
東京の百貨店でも催事です..
by 枕屋たなか at 09:02
きゃー(/_;) イベ..
by 枕屋たなか at 08:50

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

二週間の出来事 staff ..
at 2020-01-18 07:16
2020年もよろしくお願いい..
at 2020-01-11 07:26
3人クリスマス展 ギャラリー..
at 2019-12-05 14:03
ギャラリーのお知らせ【3人の..
at 2019-11-20 14:59
10月15日デリー
at 2019-10-16 03:33

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
雑貨

画像一覧