人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
tamadur南部へ行く NO2
staff tamadurです。

また、忘れたころにやって来るワタクシのチュニジア滞在記録
前回の続き「南部の旅」でございます。

一つ目の村シェニニを出てタタウィンへ戻る。
タタウィンからはまたルアージュでまずメドニンを目指します。

ルアージュステーションは、降ろされたところから少し距離があります。
そう、行きに乗り合いタクシーに乗ったところ。
降ろされた場所で、「タクシーとおらんかなぁー」とボケーと待ってると
その辺のおじさまたちに「どこ行くの?」
「ルアージュステーション」
「ああ、じゃあこっち側でタクシー待つといいよ」
と、彼らが座る場所の前まで手招きしてくれた。
どうやら一方通行の逆側に私が立っていたらしい。

カフェでなくその前の小さな段差に座って談話しているおじ様たち
「タクシーこないね」と話しかけてくれる。

数分してもタクシーは来ない。こりゃ歩きながらタクシー捕まえるしかないかな、と考えてると
一人のおじ様が、「おいで、タクシーだよ、乗りな。」と車のキーを開けながら呼び掛けてくれる。
どう考えてもタクシーでない、いやあなたの車でしょう!と思ってたら
「そうだよ、これタクシーだよ、俺らも行くから乗ればいいよ。」と
一緒に座ってたほかのおじ様二人が車に乗り、「ほら、乗りな」と荷物をトランクに入れ
ドアを開け、招き入れてくれる
「え?いいの?」と言ってる間にちゃっかり乗ってしまった私。

道中(と言っても10分ほど)「どこから来たの?」
「俺ら仕事引退したおじさん、3人友達なんだ」
「暇だからいつもお茶しながらあそこでしゃべってんの」と、3人のおじ様との関係性を教えてくれた。

ルアージュステーションについて、わずかばかりお礼をと思いお金を渡すと
「何?いいよ、いいよ、ぼくら暇だから、旅楽しんでね、あそこ切符買えるから。じゃね!」と
にこやかな笑顔で去っていった。
なんといい人たち。さっくりとスマートな対応。優しいおじ様3人組に感謝。
こういう時なぜかおじ様の方が声をかけてくれる率が高いのはなぜだろう・・・?

メドニン行きのルアージュもなんなく人が埋まり、出発。1時間ほどで到着。
メドニンでは、BOSSが手配してくれたトゥジェンからべシールさんのお迎えが来ているとのこと。

しかし、私の到着が早すぎてまだ来ないとことだったので、その辺をぶらり。
どうやら伝統博物館というのが近くにありそうなので、そこまで行ってみるか。と
歩き出したけど、やはり方向音痴発揮。わ、わからん
近くのお食事中のお姉さんに「すみません、この博物館はどこですか?」と尋ねてみる。
するとお姉さん「ごめんなさい、私この辺よくわからななくて・・・旅行中なの」と
「あ、そうですか、ありがとう」というと「この辺の人に聞いてみるわ」と言ってくれた。
慌てて「あ、大丈夫です。おなかがすいたのでここで食べてから探します」と話し食事することに。
「席が空いてたので同席良いですか」と聞いてみたらご家族がいるのでごめんね。と。3人で旅行中だそう。
後ろの席が空いてたので、注文待ちの間お話しを。
お母さまが素敵な衣装をお召しになってたので「ジェルバの衣装ですか?」と聞くと「そうよ、ジェルバ島よ」
「どうして知ってるの?」と偶然何かで覚えていた衣装だったので知っていたのがまさかの当たり。
澄んだブルーの布地で体全体を巻いて、頭には素敵なお帽子をかぶっていました。
お姉さんが「ぜひお友達になりましょう」と言ってくださり、SNSを交換してくれました。
お互い話す言葉は片言の英語でしたが、時々チュニジア語でお話しできて楽しかった。

食べ終わる頃にべシールさんが着いたと連絡があり待ち合わせ場所にむかう。
お姉さんたちご家族に「さようなら、またぜひ会いましょう!」と言ってお別れ。

べシールさんと会い、トゥジェンへ。彼は今まで私があったチュニジアの方たちに比べると非常に寡黙な方でした。
着いて、宿へ。ま、またこれはえらいとこにある宿だなーと感心しながらチェックイン。
ここもまた穴倉ホテル

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22105494.jpg

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22105481.jpg


トゥジェンもまた、シェニニのようにどちらかというと山間の碧に建つ村
素朴で鳥や牛、ヤギの声などが響いている。

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22122072.jpg

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22105594.jpg

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22122136.jpg


まずは、村散策、この村もなんだか入り組んでいて、どこを歩いているのかわからなくなるような小さな道が続く。
とぼとぼ歩いていると、日本人が珍しいのか道端で遊んでいた子供たちが、スッと目の前からいなくなる。。。
怖いのかな? かといえば、にっこり笑って手を振ってきたり。
気が付くとそのうち後ろに一人の女の子が一緒に散歩についてきた。

最初は距離があったけど、だんだん近くになり話しかけてくれた。
片言のフランス語「私のママ、仕事、クチュール(縫物)見に来る?」と訴える。
私は、何と答えていいかと迷い、しばらく散歩を続けた。
しかし女の子はずっとついてくる。 どうしようか・・・
とりあえず「何歳?」「12さい」 ??12さいとは思えない小柄?な感じだが?
時々景色のいいところで座ったりなどしたけれど、女の子は離れる様子もなく。
根負け?した私は、「ママの仕事見てもいい?」と聞いてみた。
女の子はキラッと笑顔になり「いいよ!こっち」と案内してくれた。

招待されたお家に入ると、そこには3人のおばさまたちと女の子の弟
そして歩き始めたばかりの小さな妹がいた。
そのお部屋はどうやらママの仕事部屋でキリムを織る機械ムセンジが置いてありママは織物をしていた。
おばさまたちはお茶の時間だったらしく談笑中だったよう。

織っている姿を見せてくれると、横で女の子がこれまでに織ったキリムを広げて見せてくれる。
結構な大きさのものから、比較的小さなもの。
どれも伝統的な柄が入ったキリム。どんどん広げて見せてくれるのでこれは買わねばならないな、というムードに押され
良いなぁと思った色のキリムを1枚譲ってもらった。

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22105425.jpg

女の子は仕事を果たした達成感か喜んでくれて、帰りの道を一緒に送ってくれた。
すぐには別れず、名前を書きあいっこしたり少しの時間を過ごす。彼女の名は Marijes
宿近くになり、メインの道に並んでいる一軒のキリム屋に走って入っていく。
どうやらその店はパパの店らしく、私が買ったことを報告しているようだった。
パパさんが「ありがとう!」と手を振ってくれた。
お店を見て!とMarijesに連れられ店の中に。ママが織ったキリムがたくさん置いてあった。

店の隣にもどうぞ、と見せてくれたのはオリーブの圧搾場
大きな直径3メートル?はあるかと思う石の臼、オリーブを入れたら、
吊るしてある石を臼の周りをまわりながら潰していく。その石を引くのはロバやラクダの仕事。
臼と石の間でつぶれたオリーブからはオイルが出てくる。臼の真ん中に空いた穴からオイルが流れためていくのだ。
いまはそのようにロバなどがひくということはないようだが、昔の伝統的なものを置いて観光客に見てもらっているそう。

そこでその家族とは別れ、ファトヒに会いに。
ファトヒとは、弊社や支局長Eriがお世話になっているご家族
さっきのMarijesの店の真ん前にファトヒの店があった。
BOSS TomokoとEriの名前を出して挨拶。アラビックコーヒーをごちそうになりママさんが今いるからとまたまたお家へ招待される。
彼の営むすぐ下にお家があり、その一部屋にママさんがキリムを織っていた。
先ほどのMarijesのママさんとは異なった色柄。まさにトゥジェンらしい真っ赤なキリムだった。
トゥジェンのキリムは色が何といっても特徴的でまた柄もほかの村のものに比べて独特だ。
支局長Eriはこの独特な色柄にほれ込んでトゥジェンのキリムを集めている。

最近は流行があるのかどちらかというと、無難で色柄の個性が少し薄れた傾向になりつつあるキリム。
でもファトヒママの織るキリムはまさにトゥジェン!!と言わんばかりのキリム
目の前で追っているところを見えたのはとても素晴らしい光景だった。

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22105510.jpg

ファトヒのところでも1枚キリムを買った。残念ながらまっかな特徴的なキリムではないけれど。。。

そうこうしていると、いい時間になってきた。一度宿に戻り一休みしよう。
と、晩御飯の時間になったので外に出る。
いつの間にか辺りは暗くなっており、足元がよく見えない・・・

実はべシールの宿、これまた結構な崖の上に位置していて、レストランまで下らなくてはならない。
スマフォのライトで足元を照らしながらレストランを目指す、が。。。
下りていくところがわからない・・・どうしよう?とウロチョロしてると後ろから
「ムッシュ べシール?」と声をかけられる
振り向くと10歳くらいの女の子「そう、べシールの」というと
「こっち」と暗い道をしかも石のゴロゴロの坂道をサクサクと降りていく。
わたしが遅いので時々後ろを振り返りながら待ってくれて・・・。
少し下ると「あそこだよ」と坂の下を指さしながら教えてくれる
「ありがとう」と言って降りようとしたら、やっぱりわからなくてキョロキョロしてると
またさっきの子が「マダム こっち」と舗装した道まで降りて案内してくれた。

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22114093.jpg

あんなに小さい子にまで世話をかける40代・・・ちょっと情けなく・・・

レストランにつくとべシールはいなかったけど若いお兄ちゃんが食事を持ってきてくれた。
途中近所?の若い男子のグループが一組食べて帰っていった。

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22113946.jpg

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22105599.jpg

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22114009.jpg

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22114051.jpg


食べ終わって、宿に戻り就寝。
明日は最終目的地のドゥーズへ!


tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22105440.jpg

tamadur南部へ行く NO2_a0141134_22114091.jpg



# by daryasmine | 2024-04-07 22:27 | Staffのひとりごと
ネロリのシーズンが、、、ラマダンの終わりとともに終わる
ネロリ大好きなアロマテラピストのあこがれの土地、
ボン岬にびちびちにいる1週間を過ごしました

シトラス、柑橘の農園、ネロリ精油工場ばかりにいると心の穴がうまるんでしょうか
なかなか気分がいいです。
 ネロリの花をつんでいる様子も、ネロリの花を麻袋で集めている様子も、苗屋も、畑も
ネロリの花をあつめて測りではかり、お金をもらっている様子も、、、なんとどれもこれもかわいい。
精油工場の精油機械もなんだかかわいい
花水入れももちろん強烈にかわいい、
さらに、このたびの愛媛の会社の視察の皆さんのかわらしさも圧倒的。
「われわれはどこにいるんですかね(愛媛のなんとか弁)」

 12月くらいからアポをとりはじめ、電話でない、メールつながらないで異常に苦戦し、
なんという産業だと思いましたが、よくよくわかりました。
本物のネロリ精油産業はローカル、チュニジアマーケットはほぼ無視。高すぎる。
すべてヨーロッパ、アメリカなどの特殊会社、香水業界に輸出。一般の社員が電話を受ける必要がない。
一般社員もローカルマーケットでセールス努力する必要がない
 またYKKやジーンズみたいに社員が横流ししてブラックで出回るというのもなさそうです。

だから、一般人がネロリ産業のことをまったくしらない。同じ町にいても近所にいても
なにしているのかわからない。超隠れた産業!!すごい!!!
門から精油機がはいる工場までかなり歩くようになっています。


オーナーとの電話一本、メール一本です。
オーナー(ほぼ皆さんネロリ帝国主)に一本電話がつながて、対話がまともにできるようになるまで2カ月以上かかるのと
精油工場はそりゃ、そのその花の時期の直前に機械を洗う、そのほかの機材を整備するので、12、1,2月は電話でないのはあたりまえなんですね。はー

 このたび勉強になったこと、一部
*チュニジアの柑橘類はすべて接ぎ木。たぶんどこも?
苗屋さんで接ぎ木をしているおばちゃんのかわいいこと~ 
*CTA(柑橘技術センター)について、ミカン売りはどこでもなんにも知らない、農家、苗屋とのタイアップだけ
本当に育てる技術のみ提供
*柑橘類で組合組織SMSAは壊滅的、牛はOK
*チュニジアでネロリとして売っているものはほぼ偽物

 最後に、日本ではアガペがはやっているそうで、愛媛の社長さまが一番興奮したのは多肉植物やアガペの苗屋さんでした。
それも、精油工場ホジャ社長の経営する会社のひとつ。こちら、ひとつ便乗してホジャさんからもらえましたが
1万円こえるんですね・・・
       →アガペ 

 苗木屋もいくつもまわり、最大級のところをおつれしました。これにて、2024年のネロリ調査団はいったん終わりというところですが、また来週石鹸の会社さん行きます、がははははは
 
ネロリのシーズンが、、、ラマダンの終わりとともに終わる_a0141134_17082712.jpg


  










# by daryasmine | 2024-04-06 17:12 | 店長のひとりごと
James Erasmus Spring 2024 春の陶器展
こんにちは。 staff tamadurです

南部の旅の続き ではなくすみません。
今回のブログは、ギャラリーのお知らせ!!

本日4/4~4/7までダール・ヤスミンにて開催中の
James Erasmusさんの陶器展です。

毎年春にはジェイムズさんの陶器展を開催しておりますが
今年は何と、11回目です!!

毎回新しい作品をお持ちいただいておりますが
この展示会でももちろん新作が来ております!!

早速ご紹介していきましょう!

まずは、花びらの形が可愛らしい小鉢

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13582653.jpg

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13581525.jpg

梅の花のような、可憐な花びらのやや深みもある器です。
菜の花のお浸しなんかをいれてみたいですね!

少し小さなお花小鉢もございます。
手に収まる大きさです。

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13581522.jpg

そして、一番目を引く「とげとげ鉢」
見るからにユニーク!!

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13582550.jpg
James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13575781.jpg



何を入れてみましょうか?考えるのもいいですね。
そのまま置いてあっても面白い個性派です!

ワタクシtamadurが目を引いたのは このお皿
通常はろくろで回すのですが、これはそのままの感じが出ていて
ときどき石などが入っており凸凹した感じが趣あります。


James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13575713.jpg
James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13575710.jpg



厚みも少しあり、他の器とはちょっと違った風貌です。
お刺身、お寿司なんかをチョット乗せて器とのコラボを楽しみたいお皿です。

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13575780.jpg


器の他にも、マグカップも。
ジョッキのようなマグはビールがいいかな?

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13581637.jpg


カップ&ソーサーではおやつと自分で挽いたコーヒーでも淹れてゆっくり過ごしてみたり。。。

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13581505.jpg



徳利とお猪口そして器と並べて晩酌したり

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13580568.jpg

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13580581.jpg



こちらは大きな作品 持ち手のついた器です

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13575714.jpg



テーブルにそのままあってもいいですが、果物を載せたり
お花を生けたりと活躍しそう!


花器も充実しています。

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13575861.jpg

James Erasmus Spring 2024 春の陶器展_a0141134_13582692.jpg


4/7までぜひ、ご覧に来てください!
ジェイムズさんは金曜日以外毎日在廊してくださっています。



# by daryasmine | 2024-04-04 14:13 | ギャラリー開催中
わたしのチはパレスチナ
 難波高島屋の7階、北欧雑貨と世界のかわいい雑貨店で、
チュニジア雑貨DAR YASMINE は奮闘中でございます。4月1日まで。
インスタをみてくださって来ていただいた方、本当にありがとうございます。

さて、3月28日は息子たまちゃんの誕生日で、、今年もラマダンにひっかかったので夫の実家で誕生会をさせていただきました。5歳になります。誕生会の用意やグッズを用意する暇がない(日本なら100円ショップでそろうけど、、、めんどくさい)ので、日本にもどったときに適当に飾りや蝋燭や、「5」の風船やらいろいろ(5歳になる)かっておき
それを実家においておくという、長期戦略のもとに誕生会。ケーキ、お菓子とその場の招待客、人数は戦略ゼロ。

 わたしはまたルアージュ(乗り合いタクシー)でまあまあ遠出から、チュニスのルアージュステーションに戻ってきて
そのままタクシーに乗り実家へ。15時着。いとこたちが春休みなので、たまちゃんと遊んでいてもらい、
飾り付けをしようと思っていたら、いとこイネスの女のコの近所友達がワラワラワラワラ
6人くらいやってきて手伝ってくれ、
すぐ終わり。誕生会、イフタール(ラマダンの朝ごはん)のあとおいでね、といって、ケーキをあてもなく買いに行く。
当てもないわけではないが、moujouj6はあか抜けているので、あか抜けているケーキ屋があるだろうとずんずんいくと
あった。ホールケーキはキュネフェ(トルコ菓子)とチョコムースしかないので、
チョコムースとチーズケーキ2こを買って帰る。たっかー。全部で84TND。
日本円がさがり、チュニジアで5000円くらいの出費は痛いですがしょうがない。
こちらも給料が増えないのに物価だけあがって人々はどうやって生きているんだろうと思います。

 そして、、、、イフタール後、おそろしくかわいい女子たちは、化粧したりドレスきてやってきて
「うっわ、日本のモデル事務所におくりつけたい」という発言もしながら
誕生会は4分くらいで終わり、歌いながら蝋燭に火をつけ、電気消してたまちゃんがフーフーする。
そして、参加者からプレゼント大会。

女の子たちにチョコムースをくばり、恒例ダンスパーティ。ここで面白かったのが。。。。
恒例の子供用ダンスミュージックをまわしたあと女の子たちからの曲名リクエスト。

 なんとまあ、ノリのいい曲。こりゃ、またディスコやイベントで流れるわけだ。
・・・・皆さんでそれで踊って、さよならしました。
日本人も大人がたっぷり世界の政治経済の話を子供に語らなければならないと思います。



# by daryasmine | 2024-03-29 18:27 | 店長のひとりごと
workaway..... tunisia?  働きながらの青年たちの旅
 こんなラマダン中に旅行者がうちきておりおます。普通インターンまたは研究者のみ。
こんなラマダン中にいらっしゃった旅行者は19歳、見た目は14歳のドイツ人の青年ですが

・・・・・おばちゃんとして、めちゃくちゃ感動しております。
19歳とは思えない、話題定義、チュニジアの民主政治はどこまですすんでますか、ハイブリッドですか、
日本のバブルから今日までどれだけ経済成長したんですか、
アホな質問しない。「神戸は牛がおいしんですよね」とか「中国語と日本語一緒ですか」

 ドイツにたまにかえるけど、去年の夏からworkaway などのサイトを利用して定住型の旅。
このブログをみていただいている皆様はご存じとは思いますが、
主に住みこみで農作業などをさせてもらって、食事をともにして、それで旅の費用を浮かす体験型旅。
チュニジアのケロアンあたりの小さな村でオリーブの実のピッキング作業をしてからチュニスに入ったそうです。


 世界情勢も詳しく、ドイツで「高校おわってから大工して、、ちょっとお金ためてでてきたの」というわりに
英語はレベルA、そりゃworkawayで磨かれたとはおもいますが、すばらしい発言力、充実した内容。

そして、すぐなにか手伝おうとする手。どこかにいくといつも我々の分もケーキやパンを買おうとするその気持ち。
なんじゃそりゃできた19歳。

「なんでも手伝うの大好きなんだよ」
「ヨーロッパ旅してたらなんでも簡単すぎて、あんまり自分がみがかれない、こういうところにきて、
自分でいろいろ解決していかないといけないのが経験になる。」
「僕はあほなことをたくさんした、それでもその経験でそのあほなことをしないようにしようと思うけどね、
あほなことしちゃうよね」

名言を日々残してくれそうです。

しかし、workawayでときどき一緒になる大学生たちは、、
「あほすぎて見てられん」子も多いそうです、洗濯機まわせない、簡単な料理もできない、など?
それもworkaway経験でみな大きくなるんでしょうね。

 今の日本人青年たち18歳からは海外にでることを本当に勝手に推奨します。
自分のことを多方面から知れる、humbleになる、学ぶ気になる、いい意味で焦る、切磋琢磨できる、地球や「生」に感謝する。一生心に残る経験と学びになると思います。
 

# by daryasmine | 2024-03-24 04:54 | 店長のひとりごと