人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
ラブラビレストランでVIPにみえる夫
 9月26日の船便到着にむけて心の準備だけ整えつつこの零細会社の決算でエクセルを睨む2週間過ごしてまいりましたが

やはり!!!!がっくり。

 現地の会社はSEINO---SEINOO--って叫ぶのに
日本のSEINO LOGI◎輸入部門は「弊社ではありません、シッパー様にご確認ください」
 それを4回繰り返し今日にいたり、船をあらゆる形で探しまくったところまだ中国にいるようで (CGMなんとかガラパゴス。すごい名前なんですね)心の準備はまたのびきります。このようなことばかりなので
のびきったパンツをいつも履いている気分です。

 9月の貨物(船のほう)をお待ちいただいている皆さま、またまたお待たせいたします。

 また、民泊ネタです。わたしは日本にいますが、夫と夜は業務連絡しあいます。
うちの家近所半径1km以内にはローカルレストランがありません。ローカルとはチュニジア人庶民がたべたくなる食べなれた赤い料理、ラブラビ(パン粥に近い、安くてお腹が一気に膨れる)、揚げ物、キョフテジ(揚げて砕いてオリーブオイルふる)。ローカル安食堂とおいいましょうか。
周りはあってもサンドウィッチ、ピザ、クレープ、ヒュージョンです。赤いもの、ラブラビはなし。
(固有名詞などはわたくしが20年近く手掛ける地球の歩き方ガイドブックご参照ください(笑))

 年に3-4か月夫はひとり(犬2と)で過ごすので2,5km近く離れたchez yassineに通いまくります。
chez yassineはELMANAR2地区山の手にある、カフェ群の中に隠れて存在する唯一のローカル食堂。
夏でもラブラビがおいてある本当に庶民の味方。
 彼は…1人で過ごすといっても実は家の中にはいつも誰かいまして、わたしの想像では2回に1度は家の
イギリス人、カナダ人、移民チュニジア人、フランス人、ドイツ人、、、などを連れて行ってるようで
わたしがチュニスにいると日本人のわたし、一緒にくる日本人スタッフ関係者などで「アジア人」もそこに参加。
家で料理したくないとき80%「もういっか、ヤシンいこ」
 
 ローカルレストランのchez yassineのオーナーの夫を見る目は「なんなんだコイツは?!すごすぎる」です。友達?が多すぎる、しかも究極の国際的、奥さんは日本人、ときには日本人ゾロゾロ。余計なことをいわない、きかない庶民チーム。
 かなりの頻度で現れ、外国人連れ。あのchez yassineにくる外国人お客様の99、9%はうちから輩出。chez yassine さんたちは「ぬおおおお、なんんだんだ、ヤツやはりすごい。」彼の動きはよく観察されていますが。。
夫は端から端まで庶民育ちの赤いものが大好きなシンプルな公務員。1食12TND以内でおさめたい。
 (はずですが、夫はかっこつけて外国人にごちそうしているかもしれない)

というわけで、オーナーさん(実際はオーナーの弟だったかな)、は我々のテーブルはマメに掃除にやってきて
パンの追加がはやく、
やたらと声がかけられ、たまちゃんがいるとイモのサービスなどがあり、
あのローカルレストランではVIP待遇(激しく愛想ふりまかれるだけだけど)なのです。

 3日前、夫はたしか
うちにいる全員をyassineに連れて行った、といっていました
こりゃうひゃーーです。コテコテアラビア語学生のイギリス人、何系かのフランス人、日本人のお姉さん。
yassine さんたちの「うっひゃーーーすっげー」の顔をださないけど(庶民はなんらか営業体の場合、びっくりしてても出さない)、心の叫びがきこえそうです


# by daryasmine | 2022-09-29 12:13 | 店長のひとりごと
三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!

ずいぶんとご無沙汰しております。
Staff Tamadurです。

ここ最近というかここ何年かは社長のひとり言ブログが密かにコアな?ファンに受けているようです。
(ワタシもその一人ですが・・・笑)

なんせブログは投稿しても通知受け取り設定をしていないので
気になって数日ぶりにあけると、なにかしら社長の更新記録が出てくる。という感じです。

更新されていると、思わず「お!なに?なに? 今日はいったいどんなことがあったんだ?!」
とニヤニヤしながら読む。というのが最近のブログ事情です。

ほんとに、いつも「なんでこんなことが起こるんだ?!」とか
「そんな変わった人々が何でそんなに集まるの?」とか
「あ~この事件の裏側はこんなことだったんだ・・・。」とか
なんせトラブル?事件?が多いのが社長の常となっています。

社長の周りには いい意味での変わり者 が多いので
おもしろいことがいっぱいあり、(ご本人は非常に疲れておりますが。。。。)
ブログを介してぜひその日常をご覧いただければ幸いでございます。

さてさて、前置きが長くなりましたが、
お久しぶりのワタクシの投稿はというと・・・・・

お知らせでございます。
おもしろいことを語ってくれると思っていた方、申し訳ございません。

現在、名古屋にあります
@SpecialSauce さまにてPOP UP「チュニジア 手仕事展」を開催中でございます!

店主のみずき様がセレクトするアイテムを詰め込んだ店舗です。
通常はアパレルはじめ、体に優しい食品等、選りすぐりのものが並びます。
時には美容に関するワークショップなども開催されています。

少し、開催中のお店の様子をどうぞ。
※一部の画像はSpecialSauceさまのInstagramより拝借致しました。

三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13240492.jpg

三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13233887.jpg
三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13232915.jpg

三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13233277.jpg

三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13232484.jpg
カラフルな陶器「ナブールの器」、「ハネンさんの食器」「オリーブ雑貨」など
ラインナップはひとしきり。


三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13240238.jpg

三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13235914.jpg
 
三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13235475.jpg
三連休は名古屋へどうぞ。 POP UPやっております!_a0141134_13240710.jpg

顧客様からも好評のファブリック類は「フタFouta」「キリム」ももちろん展開しております。

つい数日まで気温の高かったのが一転して急に秋の気候になり、布製品をご覧になる方も多いようです。

このPOPUP 今週末25(日)まで開催いたします。
ナ、ナント!最終日には社長Michigamiも参上(予定)いたします!

お近くの方はぜひともお立ち寄りくださいませ。

どうぞよろしくお願い致します。

SpecialSauceさまの情報はこちらよりどうぞ
>> 名古屋市千種区朝岡町1-34.
https://www.instagram.com/specialsauce_day/





# by daryasmine | 2022-09-23 13:35 | 外部イベント&催事参加ご案内
民泊のお客様の変移 
 
 コロナ2020年から今日までなかなか民泊のお客様の変移が面白いです。

 はじまった当初はまずゼロ3か月、3~6月。その後、フランスやイタリア、カナダのフランス領に住む元祖チュニジア人たちの一時帰国ラッシュ。皆さん家族がcovidien コロナにかかった人で、危篤かとても大変な状態なので家族のお見舞いに戻ってきた方々。しかし
家族と一緒にいるとコロナにかかったら困るのでうちに。。。。。1-2週間。
日中実家に戻る方々が多いので、家族からタップリ食糧をもらってかえってきて、うちの冷蔵庫に入れる人々がほとんど。
ときおり、親戚がバッティング (カナダにいったモハメドの奥さんの実兄の嫁の弟がフランスから帰ってきてうちにいるとか、、どんだけ世間狭いねん、です)

その後は、チュニジア国内のリピーターがチュニスにあがってくるときに使用される。
まだ自由な国外移動がしにくい、観光立国チュニジアは大変厳しい時期

2021年コロナのワクチンもヨーロッパ中に広まり、
夏以降、「個人旅行、移動しつつ仕事する人々」が入ってくる。現代版NOMAD WORKER
パソコンの前だけにいればよいトレーダー、プログラマー、オンラインの語学の先生、PCだけですむデザイナー。
ひとりで安いところを転々とする若者たち(といっても26~40歳)
ときどきチュニスに飽きて地中海にいったりサハラにいってもどってくるので、
チュニジア3か月の滞在中うちに2-4回戻ってくる人がいました

その後、なんと本物の旅行者。ずっと家にいたからはじけるのよ、といったタイプで1-4か月観光旅する人々。
シチリアやフランスから車で乗りこんでくる人も数人。まじめに観光地にコツコツいってその場でたっぷり歴史を勉強して戻ってきてその晩その日にあった出来事を話してくれる。

そして、、、、この夏からは、
インターン!!!インターンと学生、研究者がもどってきました
チュニジアでインターン?と思うかもしれませんが、道路工事のMANOUちゃん25歳趣味はコンクリート、
デザイナーのDANUTE ちゃん25歳は本当にキラキラと美しく、将来への自己投資、勉強やる気満々で気持ちよい日々だった。。。。研究者はだいたい文化人類学、社会学(主にフェミニズム)、民主政治系、などなど。
ここまで集結するかというほど研究者にお会いし、こんな小さなチュニスにそんなにあるのかというほどの
研究機関と政治NGO団体の存在を知りました。

というわけで私にとって民泊は本当に情報供給源でもあります。
そして、喜びのひとつは、民泊にいらっしゃった人々のファシリテーターをすること。
おっせかいおばちゃんで、偶然社会学研究者が2名うちにそろったり、インターンで年恰好がそろったり25歳とか、
リタイア旅の60台のおじさんおばさんがここであって仲良くなってくれたら、これほどうれしいことはありません。
朝から和気あいあいの声がテラスから聞こえるととても気持ちよいです。

ので、いつも彼らが付いた瞬間に超こみいった質問をしながら人々のニーズを探ります







# by daryasmine | 2022-09-22 16:59 | 店長のひとりごと
名古屋にてチュニジア手仕事フェア!!! チュニジアの砂糖、小麦、牛乳・・・・の危機
 いろんな国を行き来する国連職員は「休暇」といえば仕事のメールはあんまりみなくて、
仕事先時差もときどき考えずにバカンスできることがありますが、
 私のような強烈なシコシコ零細自営業主は眉間に皺寄せて
日本時間の夜中もスマホ。
夫との業務連絡ほか最近立て続けに送金依頼が殺到して、これまたシコシコやりくりです
送金依頼とは、、、一般チュニジア人、またはチュニジアでTNDを稼ぐ人は大金(といっても30-50万)を
ユーロやドル建てで送金して買い物や生活費援助ができません。海外からはもちろん可能。
ですので、今回のように1,イタリアのカバンを日本人に売りつけたいマハディはシンガポールの銀行に1000EUROを入れろとか2,中国ビジネスやっているBくんはお兄さんに5000ドルおくれとか
3、KATIAさんはブルガリアで勉強する息子に2000EUROおくれとかいいますが、

わたしも、彼らが取引先であったり、しょうもないお願いを聞いてもらっている(ほぼパシリ)以上、
無碍に断れず、やりくりです。
日本国内や先進国、JIC●さんなどのようにいろいろなシステムが守ってくれないので、「人」にポイントを稼いで
保険にしているところがあります。

さて、ハラカ(脱国)についで最近のニュース。
乳牛農家が、苦しくてアルジェリアに牛をうったとかで、市場にミルクが消える、
ミルクの金額が高昇!
砂糖は今年はじめから叫ばれていましたが、本気で砂糖危機。クッキー工場が閉鎖とか
小麦がない。
もともとコメはなかった!!!

‥‥どうなるのか? 国は負債ばかりとか、来週様子をみましょう。
さて、ふっと国内の弊社のニュース。

 名古屋の美しいカリスマ店主みずきさまのもとspecial sauceさんにて、
Instagram

本日お昼から9月26日までチュニジア手仕事フェア展を
開催していただきます。インスタ、FBでもご案内中。
皆さま、お近くの方、ぜひぜひぜひぜひお立ち寄りくださいませ、わたくし最終日に新幹線で行く予定です。

それではよろしくお願いいたします~!!!!!!


 




# by daryasmine | 2022-09-14 11:27 | 店長のひとりごと
ハラカ(脱国)と夜糞 
 チュニジアのニュースが最近日本で大きく報道されていたときいたので数人のアカデミックなチュニジア人に
どうなん?ときいてみたら、想像通り、さあ特になんもないよ。デモと税関員のトラブルくらい。

遠いし、途上国だし、ニュースはだいぶひんまがったりして届くものです。
西ヨーロッパの金になるような話の作り方にかえられることが多いです

しかし、ハラカ(脱国)ニュース(イベント?)は毎日あって、夏だからでしょうか?
毎日20ボートくらい北地中海にでているそうです。最近はゴムボートではなく自作の船とか。
さらに難破して死亡事故も多々。
最近のニュースは「こんな人もハラカ!」という見出しです。
税関員、有名なサッカー選手、CNAM(国の保険機構)の役員、などなど、、、あなたも!?
だれもかれもが国をでたい。国をでたらパラダイスが待っている?!のか?

 確かに移民に成功して戻ってくると大きな家が建ちます。きれいな車をみせびらかすように乗り回します。
 地中海リゾートホテルの利用ができます(少々高くても払える)

という話の前に夫とした話。

 たまちゃん、1時30分ごろ、お尻をさわると大きな異物、
便秘5日目にしてすさまじい夜糞。感動的な大きさ、丸さ、太さ、団子三つ。
腸がどうなってるのか、と思いながらいそいそとオムツを脱がしてウンコをトイレに捨てに行く。
…翌朝じいさんも同じトイレでウンコしたらしく、大パニックに。
たまちゃんの団子ウンコが半分トイレにつまっていたか、
爺さんのウンコが流れず、トイレの水位が上昇して‥‥「うぎゃああああ」
水害かの寸前で便器の脇の非常用穴みたいなところから水が流れていったということで、
早朝の私の感想とため息「日本のトイレすごいなあ」
チュニジア国中トイレがつまって機能しないのをみてきました、
ひどいのは安ホテル、安カフェ。人々がどうやってやってるのか
う〇こが重層的にのせられてて塔のようになってそびえているトイレ。

その後、夜中はたまちゃんの夜糞の団子っぷりが目に焼き付いて
また検索する。夜糞2-5歳児の相談は日本語のサイトにけっこうあって
「夜中にしてしまいました!どうしてでしょう」と母のつらそうな「やってしまったうちの子供」みたいなコメント相談。
わたしは夜糞が自然に出せた?だけですごい、
しかし腸が広がっているのか、腸の病気になりはしないかというリサーチをしていたのですが、そういう発想での回答はゼロ。

夜中、チュニスの夫と会話しながら
「あんなでっかい異物よくお尻につけたまま寝れるもんだね、どうなってるんだろうね。神経質ではないね」「腸もおかしいよね、踏ん張らずにでるんだね」
夫‥‥「遺伝だね」
「はあ、あんたも夜糞してたの?」
夫はにっこり。
今は1日3回う〇こします。義母にもありえません、う〇この時間にとられすぎるといったら
「そうね、ともこは正しいわ」


# by daryasmine | 2022-09-10 16:50 | 店長のひとりごと