人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
ウクライナ上空をとったのか緊張感あふれる飛行? 日本に向かいます nomad worker


 というわけで、、、、、、今イスタンブール行の飛行機の中です。東京ビッグサイト・ギフトショーにむけて出発しました。当初1月のはじめにたまちゃん(2歳の息子)と出るつもりが、またもやコロナ陽性、わたしの体もぐずぐずすぐれずたまちゃんも咳がとまらず、出るまでの葛藤といえば・・・・「もうスタッフ2名で出展お願いしよう、いや、いこう、あれ、航空券がない、いけないぞ、いけないぞ!!!あれ、チケットがオンラインでとれない?、なぜとれないんだ、飛行機がとれない!空港いこう、キャッシュだけ? 困った4000もキャッシュ手持ちない。両替にラーメン屋にいこう。また航空券がとれない、あきらめよう。神様がやめろっていったんだ。NOいけ、絶対いくんだ!!日本からいや、来るな、絶対来るな!!!!はやまるな、日本はオミクロンすごいぞ!!!スタッフは経験者慣れている、いかなくていいよ、任せなさい!! NO,行け、なにがなんでも行くんだなどなど」

  さまざまな意見を毎日泳いで決断した決断を日々覆しながら、、、、とうとう1人で飛びました。たまちゃんなしの日本渡航は3年半ぶりです。(タマちゃんは日本に4回行きました。超トラベラーベイビーにもマイルください)

 なんと本日から隔離機関が7日になったという連絡が。  


日々体に背負っていた10㎏リュック4つくらいをもたずに出発!という気分、身軽さ抜群です。自営業(DAR YASMINE)はじめても36歳くらいまで海外取材編集仕事をかなり受けていたので、「ひとりぽつんと世界発見フワフワ万歳」で固まった頭の人間が、年取って子育て常にだれかと一緒は精神的に相当きつい(と思います)。

 ここで耳よりな情報です。私の日本のクレジットカード4つがトルコ航空サイトから受け付けられませんでした、3Dセキュリティー設定してもだめだった(楽天、ANAJALENEOS)のですが、なぜかYAHOOカードがいけました。国連の友人たちがスーダンやセネガルから航空券を取ろうとしてセキュリティではねのけられる、わたし本人なのにー。って叫んでましたが、同じことがなんどもおきまして、結論。セキュリティーではねのけられていると感じた場合はすみやかに日本のカード会社に日本17時までに電話すること。常に数社のカードを持っておくことをおすすめします。(途上国IPアドレスから10万円以上の買い物をする場合)

わたしも2年前に30万円相当 クレジットカードをイギリスにいる人にハッキングされてカード会社に連絡しましたが、そのときは実家の母が戦ってくれて取り戻しました

 

 

 チュニスのPCRの料金は下がったり上がったりでここ1月は170TNDでした。もう5回ほど受けているので検査の受付のおばちゃんも、「またあんた、今回はなあに?」

RAPID検査、渡航用ではないと30TNDで、15分くらいで結果がでます。すばらしい。

チュニスはだれもかれもがオミクロンみたいな感じです。熱、倦怠感、咳、鼻たれる。

ただのインフルエンザと何が違うのでしょう・・・??!

 今週は家の皆さん(日本人)も咳き込み始め、夫がオフィスの裏からユーカリの葉っぱをもってかえってきてくれまして、ほかのハーブと煎じて、たっぷり生の蜂蜜と一緒にのませてくれました。(→生はちみつ4種はじめました!!!!)

 20221月の民泊はチュニジア人のリピーター以外はみなオンラインワーカーの「世界トラベラー?!NOMADE ONLINE WORKER?」で興味深かったです。南アフリカからオミクロン前に脱出できたという美人白人のサロメさん、プログラマー、朝6時から約5時間は集中して仕事する。香港人だけどイギリスからのトーマス君、IT ファイナンシャルコンサルタント8時間は集中する、合衆国の会社から給料もらっているエクアドル人のイヴァンさんはオンラインスペイン語教師、彼は夜中や夜に仕事。朝ごはんの気合がすごいメキシコ人のフランシスコさんはデザイナー。大変興味深かったです。帰国後もう少し食い込む予定です。どこからどうみても西欧の顔したサロメさんが「we african have huge difficulty of  うんぬん、ここにもヴィザ、あそこにもビザ必要」という表現をよくするので、チュニジア人は「we african …という表現あまりしないなぁ」と思いながらきいてました。we arab かな。


これからもぞくぞくとチャリ、古いベンツ旅してますという予約がはいっています、、、ので

しっかり影響されて合衆国のNOMADLANDという映画を飛行機の中でみたら泣けました。

こちらのほうは、合衆国内で車を改造して家をもたずに車の中で寝泊まりして、その場その場で仕事をするという人々の話。中年以降、喪失感を抱えた人々が出会い、友情をはぐくみ、人生を語り合う話、明るく若いIT駆使したNomade ON LINE WORKER (独身ばかり)違いましたが、それぞれ近い人を失ってどうやって生きていくかが描かれていてちょうど中年の私に染みました。。。



 


by daryasmine | 2022-01-29 05:24 | 店長のひとりごと
<< ギフトショーおわり、羽田にすわ... まさかのチュニジア語を勉強する... >>