人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
たまちゃんの教育 アラブ人とのハーフの幼児
たまちゃん3歳の保育園の卒園式がおわりました、graduation day と英語でかいてありますが、
単なる「金の切れ目」
また9月から年間の登録費がかかるということです。
たまちゃんは保育園が本当に嫌だったようで、日々登校拒否するためにあの手この手でてこずらしてくれましたが
卒園式での顔! ほかの子供(幼児)は叫んだり、わめいたりしていても
たまちゃんは単につらいひどい顔をして、なにもやりたがりません。

どれだけつらかったのか?

3歳のハーフ、チュニジア語をほとんど発せないためバカにされたのか?
先生とのコミュニケーションがほとんどできないのか?せっかく英語教育とか書いてあっても
園長以外はチュニ語の世界。 growing through discovery とかあっても、、、、

いついっても、保育士?たちに「なにをいっているのかわかりませんねん」といわれたので、
かわいそうでした。家庭のコミュニケーションをもっと、、、といわれても
たまちゃんのお父さん、夫は典型的な庶民出身のチュニジア人。
たっぷり時間をかけて我慢強く対話するということがありません。命令のみ。
「くえ (クール)」
「たて (クーム)」
「なぜそうなんじゃ (アレシハッカ)」
「あるけ (テムシ!!!)」
「こい (イイジャ)」

‥‥犬との対応とかわりません(涙) 
たまちゃんはわたしに「ママ・クーム」「ママ・イイジャ」といえるようになりましたが、そこから進歩ゼロ。

来週には日本にかえれるように準備しておりますが、前途多難です。。。ため息
夫の実家にいたほうがよかったのか。

ただいまのところ彼が発するのは、日本語50語ほど、チュニ語12語、英語6語、
毎日フランス人家にいますが、フランス語はほぼゼロです。

by daryasmine | 2022-07-03 21:00 | 店長のひとりごと
<< リビア人が久しぶりにきた チュニジア人男性 >>