人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
犠牲祭 羊の健康なきれいな肺に感動
 犠牲祭で、、、またいろいろ停まっているチュニジアです。
田舎の人は10日ほどたっぷり休むそうです。休むといっても自営業なだけで、
雇用されている人は、雇用側のスケジュールによって動きます。私がやりとりしている多くの職人さんは
激しく自営なので、やはり滞ります。夫は2週間は動かんだろうって。そんなに休んでだいじょうぶですか??

さて、関東、関西でアフリカ、チュニジアイベントに参加しています!!
インスタグラムを最近まじめにつかっておりますので、ぜひともご登録を!!!
ほか、北海道や名古屋ほかパートナーやお取引先の皆様がアラブイベントをしてくださっています。大感謝。

場所: COOK&DINE HAYAMA 「チュニジアフェア」
日時: 7/13(水)~7/31(日)
会場情報: 神奈川県葉山郡 https://www.cook-dine.net/
鉄鍋伝道師の山口氏主導のファンがたっぷりいらっしゃるクッキングショップ。
遠方の方はホームページだけでもご覧くださいませ

場所: andu amet コンセプトストア 「African Bazaar 2022」
日時: 7/21(木)~8/29(月)
会場情報: 東京都渋谷区 https://anduamet.com/
一等地にてかっこいいエチオピアレザー専門店です、アフリカバザーをしてくださるそうです。
アフリカ物産を取り扱う専門店が展示販売します

場所: ZENIYA GALLER 「切り絵と刺繍で見る世界」
日時: 7/22(金)~7/31(日)
会場情報: 大阪市天王寺区 https://zeniyahompo.com/zeniyagallery/
世界の民族衣装イラストレーター千葉薫さんがいらっしゃいます。

場所: Kiranah spice 「路地裏入ると、そこはアフリカ」
日時: 7/23(土)~8/7(日)
会場情報: 京都市下京区 https://www.instagram.com/kiranahspice/?utm_medium=copy_link
アフリカ好きですっぽりアフリカにはまられた方々、または本物のアフリカ人(北アフリカ人はいませんが)が
ワークショップ、お料理などをお出しします

→当店のインスタ ★

‥‥‥北アフリカはほとんどイスラム教徒。犠牲祭はじまってから数日は
女性たちは忙しいです。羊の首をきって大まかな解体(皮をはずす、足と首をとる)以外ほとんど
女性たちの仕事。臓器を1日かけて洗い料理できるように整え、足と頭を3-4時間かけてあぶり(これは男性が多い、または
家の近所の兄ちゃんに頼む人もいる)、
肉を焼き続け、来客に振る舞い、、、短期保存用、長期保存用に羊を刻み続けて、小分けにして
その合間に内蔵料理をつくっていらっしゃいます。1日目は私は隣でみているか、3-30分小刻みに一緒に何か参加しつつ、
その辺の周りを掃除しています。延々に続く作業とその我慢強さに感動しながら。

 10回以上はこの解体作業をどこかで経験しているとはいっても、毎回発見があります。
今年は、、、母ちゃんところの羊の肺が捨てられていたので「なんで?」といったら
義理の兄(だけでど年下)が、ああ、「ちょっと風邪ひいていたね、肺がよわかったんだね。あとはきれいだけど。」
白い部分がありました。「人間みたいに風邪薬シロップ飲めないからね。」すげー。
この兄の羊の肺をみせてもらったらとてもきれいでした、「この肺はきれいね」「そう。」(この家で3頭解体しました)
心臓、金玉、腎臓、肺など、しっかり握って掃除したりして、隣にバーナーで焼けた顔を見る。、、、、
神がつくった創造物、、として感じざるをえません。「生きていたもの」の造りをこうやって知るのは本当にすばらしい
こどもたちがこれに参加するのはいいことだと毎回思いますので、たまちゃん3歳にもしっかり見せました。
彼は絶句。

「こんな大変な作業誰がするのだ、21世紀だ」
とそれでも毎回思いますが首をしめて大型解体の30-40分家族が力をあわせて、動いている姿はすばらしく、
そのあと筋力をつかった男性軍がいったん休憩にはいり、女性たちだけ延々と動くのにも「ぬおー!!アラブ!」
と思わざるをえません。
チュニスのメンザ9であるうちの近所の人々、チュニスの都市部にいる友人たちは「小さな肉を少し買って食べるだけよ」といっていますので
やはり田舎、田舎出身の人、庶民が重要視する行事だとも思います。
隣近所から羊の声は一切きかず、初日、昨日午後から近所のカフェはオープン。無関係。
一般的にチュニジアは田舎や所得が少なめ(ひとりあたり1000tnd以下)とイスラーム色が強くなり、女性たちはほっかむり、全身隠れたかっこうで、30歳超えたら女性は平均80KG級になると思います
伝統を重んじます。

犠牲祭当日は家族で、そして2日目からは親戚一同が訪問しあいまくるのが通例だそうで、
わたしも夫の実家に朝から参加しています。日本よりしがらみだらけだと思う。
14時母ちゃんの肉の仕事がひと段落、友達の家に肉をとどけに行き、レモネードをつくりはじめたので
義理の妹スマヤちゃんの部屋をかりました。

私はどこをとっても超外人なので
その場に存在し何かしたり何か発するだけで充分喜ばれます(と思い込んでいるか?)。
暑いので16時ごろから
親戚の皆さんがここに訪問されますので、家に入ってきた方がいたら
サロンにでていって、あとは義理の妹の部屋でpcにむかいます。





by daryasmine | 2022-07-11 00:39 | 店長のひとりごと
<< 離婚の危機何回目? リビア人が久しぶりにきた >>