人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
犠牲祭
 犠牲祭が終わりました。
今年は一足先に日本に戻ってきたので、参加せず。
超重要な宗教家族行事なのに、夫も、夫のご両親も「犠牲祭おわってから帰れ」とかいわないのに感謝。
もともと結婚当初夏のラマダンはいちぬーけた、と日本に戻っていたのですが、それも治外法権。
「ラマダン中いないのね」で済んで助かりました。

かわりに羊の写真がどこどこおくられてきて、羊解体の様子ライブ中継、
炭火焼している様子もおくらてきつつ、親族皆様に
「おめでとうございます」と重々しく?なくご挨拶。。。

去年はうちの家庭(夫、わたし、タマちゃん4歳)にも羊一匹が用意され、
心の声「い・・・・・いらんのに」
さらに、3匹解体にまあまあ参加。(両親家族、夫の兄、長男の家族、うちの羊)
まあまあ参加いうのは、これまた治外法権をいただいておりまして、
私は皮をはがしきらなくてもよい、
延々と内臓を掃除しなくてもよい、延々と肉を切る必要がない、延々と頭を焼くことを求められない、
延々と腸詰をつくることを強制されない、
など、彼らがやることの一部に参加すれば、それでOKみたいな本当にやさしいご家族です。 

さて、、、、、今回は犠牲祭1か月前にこれまた意地悪(遊び心と思っている)な私がやったこと。
アメリカかオーストラリアの動画を送りました
羊を飼い始め、愛が芽生え、家族と一緒に羊と寝たり起きたりしている様子。
羊が人間の言葉を少し解し、いうことをきいている感じがとってもかわいい。。。。
この動画への反応は無視でした。
犠牲祭の心はわかったから各家庭1頭というのをやめてほしい。。。。

今年は夫がオーバーに怒り狂っていたのも興味深かった。
義理の母が夫にうちの家庭用車で
4頭の羊をいったん彼らの家に集め、2頭を母の妹と姉の一人に届けろという命令をしたそうで
わたしは「・・・・・」
夫はいすゞを雇うからお金も払うから、それだけは嫌だ、といったそうですが義理の母は
そういうもんじゃない、お金ではないといったそうです・
はかりしれん。

夫は次の日怒り狂いながら羊を運んだそうです。あー、いなくてよかった。
暑い臭いチュニスの自家用車から今は遠いので、気にならない。

 「大事なこと」が、違いすぎて議論にならない日本人とアラブ人です。


by daryasmine | 2023-06-30 14:58 | 店長のひとりごと
<< 神戸阪急(駅前元そごう)におり... ギャラリー開催中 革染色工芸と... >>