人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
モロッコの地震! アラブ各国の援助!

昨日チュニスにもどれました、

Door to Door 40時間の行程で、一番長くあほらしく感じたのは、、

クアラルンプールのトランジット7時間でもなく、ドーハの8時間でもなく、または飛行時間でもなく、、、

チュニスに到着して1,5時間ぼけっとカバンを待ち続けたこと。

チュニスの空港は日本の国内線中都市レベルで、預け荷物はすべて手作業。(ほかもいろいろ手作業)

昼間の空港は基本的にパンクしているようで、異常に待ちます。大きな飛行機がつくと2時間以上かばんはでてこない(私の場合は段ボール2、スーツケース2)。

この小ささと、田舎っぽさ、はわたしに安心感と、、、「はぁ。。。そうだった。これが国力なのだ。」という気分を抱かせてくれます。小さい割に多い「関係者」の数と、その関係者たちがかわす有機的な大声。1980年からかわってなさそうな内装。発展してなさ、遅さにある部分、安堵。というわけで、あほらしさ対しての許容力があるのと、

経済発展がめまぐるしいゾーンをみるたびに、危機感を感じる。これ以上環境破壊加速化をさせないで~。。。地球?か神かなにかは怒っている。と想うのであります

 そして、、、あるある、この私に!!このアジア人まるだしの顔のわたしに、だいたい丸いおばさんが声をかけてくる。「まだまだ荷物こないんだっけ?まだ待つの?」

「はああ?(心の声)はい、待つと思います、この混み方だと2時間近いかもしれない」あのアラビア語だと、リビア人でしょうか。空港で外人まるだしの私は非常によくチュニジア人ではないアラブ人に声をかけられます。もちろんチュニジア人にも。。。

「あんたの息子、あっちにいるよ。」「あんたの息子、あそこで乗って遊んでるよ」

(っていいたくなりますよね。)

さて、この地球の怒りを感じるような地震、洪水、、サイクロンなどが我々の飛行中にあったようです。今、夫の実家の家でこれを書いていますが、目の前にテレビがあり、マラケシュ近郊地震の実況中継がずっと流れています。2212人亡くなったとか(ずっと増加中)、あと1000人は重軽傷、、アラブ、イスラームの各国が次々援助物資を送っているようで、その中継、各国のだれかのインタビュー(があまり聞こえない。)。チュニジアは50人の自衛隊みたいなのと4匹の災害救助犬。すごい!

 リビアは大型サイクロンだそうで、、その被害状況はまだ不明。

 

たまちゃん4歳はしっかり時差ボケで21時に寝て朝2時からギンギン、犬の散歩に3時、5時にでれました。当分彼の早寝早起が定着して、彼のアラビア語復活にがんばるのみです。


 画像は9月14日までON GOING 恵比寿アトレ5階の有隣堂書店の様子です!

酒井様ありがとうございました~

テーマは「ザ・夢」

モロッコの地震! アラブ各国の援助!_a0141134_01071956.jpg


 



by daryasmine | 2023-09-11 01:08 | 店長のひとりごと
<< リビア DERNAのサイクロン... 桜井マルシェに出店しました~実... >>