人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
日本人妻とのミーティング💛 クリスマスフェア 第一弾 
おとつい久しぶりに日本人妻の方が家にきてくれてお話できました。
面白かったー。外人としてポツンとこちらにいる人より、
強烈な地区でチュニジア人の家族の中にいる方々の話はほんとにおもしろい。
日々の小さな喜び、怒り、小さな憤り?をわかちあえる。

例えば前回こちらに書きましたガスの話も、あほらしすぎます、人生の時間の無駄使い?とは思いますがどうしようもない。
「そんなに大変なの、そんなあほな」で遠い国の人々に思われまれてそれで終わりですが、チュニジア人の中に融合せざるをえないい人々の話をきくと、、、
「そうよねそうよね、うちの主人は怒鳴りこみにいきます」とか「きてもらってたいして治ってなかったから(よくある)、お金をはらわずに帰るように要請した、帰らないときは警察よんで、かえした」とかめちゃくちゃ話をきくと参考になる、面白い。めちゃくちゃなまま毎日が過ぎていきます、子供たちは本当に強くなる、考えるようになる、または悪影響も・・あるはず。

 わたしは、取材の仕事でチュニジアに数回きたときは、普通の旅行者と同様
「ああああ、なんてすばらしい国なんだろう。ホスピタリティーはすごい。人々ややさしい、親切、クスクスよんでくれる」
でしたが、外人としてチュニジアの会社に雇われると
「なんとまあ、足の引っ張り合いだろう。」からはじまりあらゆるチュニジア人労働者の道徳観の個人差に感心。
チュニジア人の家族に妻として入り込むと、まったく知らなかった各チュニジア人家族の中でのタブーに直面します。


 彼女いわく、、、日本での子育ては考えられなかった。なぜなら夫が「娘が中高生になってミニスカートはいて彼氏できる」ことが絶対ありえんというからです。そんなー。そこ?
 「フランス人学校なんか、皆さん構内でキッスキッスですやん?」
「うちの夫はしらんのでしょう」
 アイスランド人と結婚した夫のいとこのワリドくんはアイスランドですめないというその理由、
「息子、アダムを割礼したら警察に捕まるから」スカンジナビアやアイスランドは割礼は男女とも大禁止だそうです
「わたし・・・えんやん、割礼せんんでも」

わたしのチュニジア人の友人たち、とくに高学歴の青年たちは「たまちゃんは日本の教育を受けたほうがいい」
と口をそろえていいます。当分検討します。。。

 さて、クリスマスフェア(セール)を店頭とネットで4-5本うちます。ぜひともぜひともご検討くださいませ
ネットでも半額です、よろしくお願いいたします!!! 
日本人妻とのミーティング💛 クリスマスフェア 第一弾 _a0141134_02125343.jpg

 

 
 

 

 


by daryasmine | 2023-12-15 02:13 | 店長のひとりごと
<< イスタンブールOYA作家BAH... 3週間叫んで暖房の修理が終わる >>