人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
チュニジアの成功例
春はアテンド~、というほどアテンドばかりしております。今日もモナスティール。

チュニジアにおける
目を見張る、のけぞる、ため息がでる、ヨダレがでる、、、、、ビジネスの中小企業成功事業例を目の当たりにしますと

いくつかの共通点があります。どこも北アフリカはいっしょなのでしょうか
*兄弟姉妹の連携プレー、連帯が圧巻、家族が仲がいい、ご両親への激しいリスペクト
(あちこちの壁に爺さん、父ちゃんの大きな写真。。。)
*どの会社も3-6の事業をかかえつつ、100へクタール以上の農園をもつ
*中心核の兄弟(社長群)たちの私へのレスポンスが日本人以上に速い、24時間態勢。
・・・社員はレスポンス遅いので、どれかの社長をつつくと返事がくる

もつものは持つ、といったかんじでしょうか、一族全員が働き者で、お金持ち。家族全員が意識高く
モーターぐんぐんまわしている感じでした。庶民との隔たりは広がるいっぽうですね

今日訪問いたしました、一族は
広大な敷地内に家族全員の家々があるそうで、いつも一緒。
梱包材メタルとプラスチック工場、ペンキ工場、オリーブオイル圧搾工場、一族の農場をお持ちでした。
日本の住友とドイツの共同開発の機械やロボットを5機以上(1億?)いれてらっしゃいまして
チュニジア中でみられる殺虫剤、お菓子、食料加工品のパッケージをつくっていらっしゃって、
滝のように注文がはいるのは体感できました。。。
また、一族が結婚している相手は医者、建築家、大学教授、、、仲がいいしどこまでも
助け合えてアゲアゲネットワーク、本当にすばらしいです。




by daryasmine | 2024-05-05 06:59 | 店長のひとりごと
<< 認証機関の形骸化 ローズマリーの蒸留水 >>