人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
認証機関の形骸化
この3-5月は農地見学ばかりありまして、チュニジアは心底、、、、圧倒的自然農業、
農薬はつかわない、肥料はあってもコンポスト(堆肥)、というのを実感しております。
半乾燥地帯というのはそれほど害虫やウイルスがこないのか、草が生えにくいのか?除草もほとんどしていない。
オリーブの木にいたっては植えたらほとんど剪定もしていない、放置!水がある北部は少し灌漑がしてあって
緑豊かです。オリーブの木の間隔が少し狭い。南部は24m、北部は10m前後でしょうか

すごい!(独り言)

 日本からきた農家さん、「日本かえったら萎えそうです」とかいう発言も。
日本は除草も、農薬散布も大変そうですね、湿度が生き物を増やす。

 ・・・というところをご案内していても
「有機の認証ありますか」という方々の声をきき

今日は日本の友人と少し話し合いました。

どれほど日本または先進国が「認証ビジネス」すぎるのか、
どれほどラベルの上に「マーク」が一番!!!すぎるのか、(マークだけみて買うなあ!!!)
どれほど認証機関を儲けさせるのが好きなのか、思い知ります。
そして、消費者たちが、認証マークさえあれば安心するので、
認証マークが4-5つもあって、その認証マークをとるための費用がかかり、中身がどうなんだっという
サイクルに陥ってるのか目の当たりにします。

日本人は特に、なんとかセレクションとか金賞、とっておればよく、
認証機関に提出することがビジネスの成功のカギになり、なんだか認証機関つくったもん勝ちにもなっていて
はーーーーーーーーーーーーー、ため息がでます。

一般消費者はラベルしかみないですものね。

チュニジアの農産物の多くはまだまだオーガニック認証はとれてないですが、
お金持ちの企業だとさっさととれますが
ほとんど当たり前のようにオーガニックというか
自然農業ですね。。。。(認証なんかいらんやん‥心の声)







by daryasmine | 2024-05-07 23:39 | 店長のひとりごと
<< 民泊で・・・パンツ サイクリング   チュニジアの成功例 >>