人気ブログランキング |

カテゴリ:Staffのひとりごと( 4 )

二週間の出来事 staff tamadur in tunis

staff tamadurです。

前回チュニジアに到着までのお伝えしましたが、
気がつくとすでに一月も半分過ぎていましたね。

ここ2週間は、様々なことが猛スピードで駆け抜けた気がします。
画像と共にダイレクトにお届け。

たま社長に見守れながら、仕事開始!
ネットショップの画像撮りや、メールの確認など。
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272278.jpg
現地の高校生に日本語を教えているTAIZAN君の授業を見学
そこでなんと飛び入りで「折り紙」を教えることに!
勉強熱心な15~19歳という生徒さんたちはとても明るくまじめ。

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06194444.jpg

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06200932.jpg


samiaさんの工房に行って、商品の検品と引き取りに。
独創的な彼女の作品はこれまた一点モノの素敵なアロマポットです。

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235270.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06205660.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235285.jpg

週末にベルベルの展示会があるというのでチュニス旧市街に出かけました。
チュニジアに来てすべてが目新しいのは当たり前で、
これまではどちらかというと、生活基準の目線の景色を見ていましたが
初めての本格的観光地となる旧市街はまさにガイドブックで見る町並み!
「やっとチュニジアに来たんだー!」という実感が少しわきました。

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235382.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235207.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235372.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272238.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272320.jpg
そして先週はモナスティールという町へ行き
初代大統領のブルギバさんのいとこにあたるご家族の方のところでホームステイしながらの丁稚奉公
とある有名ブランドのジーンズ製造でひたすらミシンで縫い物したり、バブーシュ工房で見学したりと
めまぐるしい日々を過ごしました。

二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272328.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06272344.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235280.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235144.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235209.jpg
二週間の出来事 staff tamadur in tunis_a0141134_06235216.jpg
いまだ言葉のがついていかないtamadurですが、
幸いにも英語ができる方がいたため多少の会話ができ、
わずかながらのできない発音で苦しむチュニジア語を使いながら
なんとか生き延びた感じです。
会う方、会う方がみんな優しくとても親切。
はっきり言ってその辺りにいる3、4歳の子供以下の会話レベルなのに
耳を傾けてわかろうとしてくれるその心の広さはとても嬉しい安心した気持ちになりました。
しかし、反面では話したいこと、というか感謝の気持ちすら伝えられない悔しさが身にしみる週でした。

来週はどうなることか。
言葉の進化を遂げられるのか、というところで
また引き続きご報告していきます。

それでは。。。


※前回の催事のお知らせにて間違いがありましたので訂正いたします。

梅田阪急 7階プロモーションスペースにて
日時 誤 2/12~18 → 正 2/12~25 
二週間の開催期間となります。
お時間ございましたらご来場くださいませ。
お持ちしております。







by daryasmine | 2020-01-18 07:16 | Staffのひとりごと

2020年もよろしくお願いいたします!

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご無沙汰しております、staff tamadurです。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
新たな年2020年ももう10日ほどたち
気分もリズムも通常生活へと戻っている頃でしょうか。

わたくしtamadur、実は2020年元日より
この度やっと?のことで初チュニジアへ足を踏み入れることとなりました!
しかも数日、週間の日程ではなく、いつ日本に戻るかわからないという任命とともにチュニジアに上陸することに

ステイ先は、社長TomokoMichigami家。
まずは社長宅にてスタートを切っております。

まだなんとも実感がわかない日々ですが、初めて感じたチュニジアでの
空気感を発信できればとおもっています。

2019年なんと大晦日12月31日の23:30
もうすぐ新年明ける何十分前という時間に、
関西国際空港から出国!!

まさか、年越しを空の上で迎えることになるとは 笑
「日本を上空から見下ろし、除夜の鐘を聞いて新しい気持ちに切り替えよう!」
(除夜の鐘の音はもちろん聞こえません)
と思っていたのですが、なんと座席は翼の真んまん中!!
地上なんか見えやしない!! ショック!! (泣)
と旅立つ前に少しへこみながら、いよいよ飛び立ち

しかし、すぐに眠気に襲われ
うつらうつらしている途中で機内アナウンスが。
「みなさま、2020年迎えました、おめでとうございます!
これからもどうぞエミレーツ航空の旅をよろしくお願いします」
とたぶんそんな感じの機長からの言葉の後、数少ない拍手で新年が幕開けました。

その後、通常の飛行と同じように機内食が出てきたあとは
ほぼ睡眠時間。。。。朝食も食べずに熟睡
気がついたらドバイに到着。
早朝、まだ日が明ける前に乗換えとなるドバイ空港。
近代的なデコレーションの休憩スペースでちょっと落ち着いた後
いよいよチュニスに向かう機に乗り込みです。
機内入り口のチェックインカウンターのお兄さんにチケットを渡すと
なんと、いきなりチケットを半分にちぎられる!!
「えーーーー、なにすんの??? 私このまま空港に置いてかれるの?」
と思ったらすかさず、新しいチケットを渡される。
「何事?」と不信な顔をしていた私にお兄さんが
「チケット変更してビジネスになりました」と教えてくれる。
チケット見るとやはり言われたとおりにビジネスの表示が。
「なんでビジネスになったのか?」と聞きたいところだったけど
言葉があやふやわからずそのままカウンターの奥へ。
機内まではバスでの移動そのバスからすでにエコノミーとビジネスでは違うのを知りました。

これまで乗ったことあるエコノミーとはまるで世界が変わり
広々としたそして少しおしゃれな装飾の座席を見てテンションがあがるけれど
周りのかっぷくのいいジェントルマンに囲まれていると
そんな浮き足立ったしぐさを見せるのが恥ずかしく「落ち着いてますよー」
みたいなそぶりでいったん着席。
しかし、座席にあるいろんなボタンのどこを操作していいやら??
いきなり押してみたボタンが、隣の人との仕切りのボードが下がるものと知らず
下がった向こうにいたいかにもお金持ちそうなおじ様と目が合い思わず苦笑い。。。
すぐにボードを上げるボタンをプッシュ!!
もう余計なことはせずおとなしくしてました。しばらくするとガラスのコップにシャンパンが!
(私はアルコールが飲めないのでオレンジジュースをいただきました)
機内食は各人に真っ白なランチョンマットがしかれ、真っ白な陶器に盛られたお食事が配膳され
パンは食べ放題。なんと素敵なレストラン状態。
その後広々、足も伸ばせて、シートもほぼフラットの快適座席でまたほぼ睡眠時間。
どれだけ寝るんだとおもいながら、やっとチュニジア到着!!
もっとビジネスを満喫しておけばよかったーー。

入国検査も無事通過し、ゲートの外で迎えに来てくれていた東京支局長eriさんと待ち合わせるはずだった。
荷物を取ったら、左に出てください。といわれたとおりに建物を出て、待っていること数十分。。。。
「あれ?おかしいな。どうしたんだろ。左であってたよな?」と思いながらwi-fiもない状態だったので連絡することもできず。
「いや、まいった。来てとたんにこれか!旅行運ないけど、まさかのこの地に来て一発目に?」
と考えて、「まぁいいやもう少し待ってみよう。」と思ったら、そのあたりにいたおじさん(たぶんバス乗り場の案内や荷物整備のおじさん)が「どうしたの?」と声をかけてくれる。
でも、私チュニジアで話される言語「フランス語」も「チュニジア語」もまるでしらないままきてしまったので、せっかく親切に声をかけてくれたのにわからず・・・・
英語を少し話すけど、通じず。しかし、おじさんのジェスチャーでなんとか
「チュニジアで通じる電話番号があるならこれ使ってかけな。」となんと見ず知らずの私に携帯を貸してくれたんです!感動!!
その電話をかりて社長TomokoMichigamiに話をすることができました。
おじさんありがとう!!
ほんとはゲートを出たらすぐ左にいればいいというのに、外まででてしまった。
支局長eriさんは中にいるということでもう一度中へ!
しかし、チュニジアの空港中に入るのもセキュリティーチェックが必要。
金属探知のアーチゲートをくぐらなくてはいけないのだ。
重いスーツケース、さらにはポケット中の携帯、リュックの中のPCなど電子機器はすべて出し再入場。
「どこにいるんだー??」と探していたら、なんと目の前に見たことある人が!!
なんと社長TomokoMichigamiのだんな様Riadhさん!
お迎えにきてくれていることは知らなかったのですが、顔を見たとたん、
「Riadhさん!!!」と叫んでいる自分がいました。
あの数十分の待ち時間の中で実はものすごく緊張していて、
奇跡のように知り合いをみつけ一気に安心した瞬間でした。

そして、その後は社長のおうちへ行きひとまずひと段落。
見慣れた方の顔と初めて会う顔の人々。
今日からしばらくお世話になります。と、いうことで
家にいる皆さんと新年のお祝いも含めチュニス湖の近くにあるカフェにお茶をしに行くことに。
フォトスポットなのか、新年だからなのか、大きなお店のカフェにはたくさんの人が。
そこでいきなり水タバコ・シーシャも体験。
夕暮れ時のカフェでみんなで話をしながら日が落ちるころまでゆっくりとお茶を飲みました。

と、こんな感じでチュニジアの一日目が終了。

チュニジアの内容よりも到着までの話がほとんどになってしまいましたね。。。
次のブログでは、ぜひその後の滞在記を綴っていこうと思います。

ひとまずついた日の写真を一部。。。


①チュニジア国際空港
日本ではあまり見られない国旗掲揚 チュニジアの街中どこにでも国旗が掲げられています。
2020年もよろしくお願いいたします!_a0141134_21151101.jpg

②両替したチュニジアのお札
単位はチュニジアディナール 一気にお金持ちになった気分になる札束
2020年もよろしくお願いいたします!_a0141134_21155289.jpg
③チュニス湖のカフェ
おしゃれなお姉さんたちも水タバコ・シーシャをプカプカ吸っています。
2020年もよろしくお願いいたします!_a0141134_21152716.jpg
というぐあいです。
これから、初めてのチュニジアでの暮らしをブログにて日記風に更新できるようにしますので
もしよろしければお付き合いいただけると嬉しいです。

───────────────────────────────────
◇◆◇ 催事のお知らせ ◇◆◇
───────────────────────────────────
●梅田阪急 
場所 : 梅田阪急 7階 プロモーションスペース73
日程 : 2月12日(水)~18日(火)
時間 : 曜日により変更します。詳しくは梅田阪急のサイトをご確認ください。
7階のエスカレーター横にて
今回もトルコ雑貨のカラデニズさんと一緒の出店です。

新作のハネンさん陶器やキリムをお披露目予定です!
ぜひ足をお運びください

スタッフ一同お待ちしております。

梅田阪急の情報はこちら


●高槻阪急
日程:3月4日(水)~10日(火)

●千里阪急
日程:3月11日(水)~17日(火)


───────────────────────────────────
◇◆◇ 今月のおすすめ商品 ◇◆◇
───────────────────────────────────
●ハネンさん陶器
新しい可愛いマグが仲間入り!
色鮮やかなハネンさんの陶器はテーブルを明るくします。
お気に入りのマグにいかがですか?
また、プレゼントにも最適です。

●デーツシロップ
アラブ諸国ではなくてはならないデーツ・なつめやしの果実
デーツは古代から親しまれているパワーフルーツで
鉄分、ミネラル、食物繊維、ビタミンB、ポリフェノール、亜鉛など様々な栄養成分が豊富です。
かの有名なクレオパトラも愛しまた、イスラムを広めたムハンマドはデーツの実を食べながら過酷な砂漠を旅したと言われています。

デイツのシロップはドライフルーツよりも手軽に毎日の食事に取り入れられます
健康と美容にぜひおススメします!!

ご購入はこちらから


───────────────────────────────────
◇◆◇ 1月のお休み ◇◆◇
───────────────────────────────────

定休日は月曜・火曜日です。
その他のお休みは
12(日)です。

※事情により予告なく臨時休業する場合もございます。
その際はご了承くださいませ。




by daryasmine | 2020-01-11 07:26 | Staffのひとりごと

残暑お見舞い申し上げます。

暑いですね、が合言葉になっているような酷暑の毎日。
立秋を過ぎたのも気がつかず・・・ダールヤスミン 東京支局は郊外にあるので蝉が
元気に鳴いていて、ますます暑く感じますがすでに暦の上では「残暑」なんですね。


今年の立秋は8月6日、5月1日に 「令和」と改元されてからちょうど100日めに
あたる日だったとか。前回の 昭和から平成への改元の際は、一生のうちにそうそう
何度もあることではないだろう、とずいぶんと緊張感を持っていました。
なにせ、昭和が終わった1989年 1月は ちょうど妊娠中で この子は昭和生まれでは
なく、○○元年生まれになるんだ!と妙な感動すら覚えつつ、だいぶ丸くなっていた
お腹を撫でながら、テレビの前に正座して改元の発表を見ておりました。

あの 小渕官房長官による新元号「平成」の発表から30年後、まさかの生前ご退位に
よるお代替わりになろうとは・・・
さらに、新元号が先に発表され、その後のお代替わり、という一連の流れを
見聞きしたのが2018年末から滞在していたチュニスで、インターネットやメディアを通して、という予想外も予想外、銀河の果てくらいの距離感のある予想外の経験となったのでした。

物理的には、チュニジアと日本は8時間の時差があるものの、いまのインターネット社会においては情報に時差なし。日本にいるのとなんら変わりない状態で、
何でもインターネットを介して知ることができるので、半年近く日本を離れていても
情報の点では浦島太郎化することはありませんでした。

とはいえ、その情報はあくまでもネット上の文字情報にほぼ限定され、
いわゆる空気感、体感というものは得られませんでしたが、
フランス語のリスニングの勉強にちょっとでも役立つか、とチュニスでいつも見ていたフランスのニュース番組 「FRANCE24」で ジャポン、と聞こえてきて
お代替わりについて扱われていたのを思わず画面をスマホで撮影。

残暑お見舞い申し上げます。_a0141134_03202174.jpeg
残暑お見舞い申し上げます。_a0141134_03164369.jpeg
残暑お見舞い申し上げます。_a0141134_02565716.jpeg
報道のあと、キャスターと数人の識者が 多分 日本における象徴天皇制の意味する
ところ、的な内容を話し合っている(推測) のを見る、という、前回とは全く違う状況で
した。


この頃のチュニスはすでに陽射しがかなり強く、だいぶ暑くなってきていました。
北端とはいえアフリカ大陸、今頃の、真夏のチュニジアの暑さは日本とは比べものに
ならないレベル。いまはすぐにネットで調べられるので、今日はチュニスは42度、とリアルタイムの気温を目にすることはできるのですが、この文字情報を実際に体感
するのはちょっと遠慮しておきたい・・・
チュニスにも本当の立秋が訪れて、涼しくなったころにまた 戻りたいと思っています。
































by daryasmine | 2019-08-20 03:37 | Staffのひとりごと

地球に優しく

Staff tamadurです。

このあいだ、ラジオでとても悲しいニュースを耳にした。

「調査結果によると、現在の海に浮遊するプラやビニールゴミの総量が
2050年には海に住む魚たちの総重量を超えてしまうだろう」というニュース

とても恐ろしく思わず、
「うそでしょ?!」 とコトバを発してしまった。

まさか、そこまで?と感じましたがこの頃プラ製品の使用を禁止する
人々や企業・団体、大きくなれば国での取り組みが発足しているというのは
こういうことなんだと、すぐ理解できました。

そこで、いま私ができることは?
さらにダール・ヤスミンではどのように向き合えばいいのだろう?と考えながら
仕事をする1日を過ごしました。

そうすると、先日貨物が到着し、解体してるときのことを思い出したんですね。

今回の荷物にたくさん入っていた、このカラフルなもの。
なんだと思いますか?

地球に優しく_a0141134_00353568.jpg

地球に優しく_a0141134_00353392.jpg

これ、実は紙製の卵のケースです。

これが緩衝材になって今回結構な具合に入ってたので、
「社長、チュニジアでずいぶん卵食べてんだなぁ。」とちょっとおかしく思いながら解体作業をしていました。
紙のものは丈夫でしっかりしてるのでちょうどいい緩衝材としてよく送られてきます。
日本では卵ケースはプラ製品ですよね。薄くて軽い、濡れないなどの便利さもあるんでしょうが、
リサイクルという視点では使えるものではないですね。
紙製の卵ケースはお客様へ日本から発送するときも使用してますよ。

すべてのプラ製品がダメ!ということではありません。
私たちのお店の商品で売れ筋のアイテムはやはり陶器類です。
その陶器を包むときの梱包材はプチプチ言われるエアパッキン プラ製品を使用しています。
でもできるだけ最小限に使用し、ゴミを出さず、またリサイクル可能なものを使用するようにしています。
先ほどの卵のケース、古新聞や、ダンボールもまたしかり。

ダンボールといえば、ダール・ヤスミンは百貨店の催事に出店してます。
売場の裏バックヤードといわれる従業員用のゴミ捨て場でよく見るダンボール置き場。
ここに積まれているダンボールのなんてきれいな事!新品か??と思うほど。
たった一度しか使用してない、しかもとても丈夫そうなダンボールまで
すべてサヨナラのコーナーにあるんです。

ダンボールはリサイクルされるんでサヨナラとは少し語弊がありますけれど。
でも知ってましたか?ダンボールのリサイクルって新しいのを作るよりコストはかかるんです、実は。
だから燃やしちゃって新しいのを作ればいいや!というわけではなく、
何度か使えるようにリユースするということが大事だと思うんです。
ダンボールも貴重な資源を使ってるわけですから。

わたくしtamadur ダール・ヤスミンの前に勤めてた企業では、毎日の納品があり
それもダンボールだったんですが、それをリユースするシステムがありました。
納品するのと同時に解体したダンボールをまた戻して利用する。
使い古してダメージの多くなったものはリサイクルへ。

もちろん、リユースするために多少の決まりはあったものの、
まだ使える箱をそのままリサイクルするよりいいですよね。
資源削減をし、コスト面も削減されます。
ダール・ヤスミンもそんな理由でアラビックや、フランス語、たまには英字の古新聞を
表にデコレーションしてリユースダンボールを使用しています。


プラゴミから話はそれましたが。。。

今日一番なにが言いたかったというと、
ダール・ヤスミンのお店のコンセプトを伝えたかったのです!
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが。

・北アフリカ チュニジアの伝統・民芸・特産物・暮らしなど文化を伝え
フェアトレード、地域の貧困緩和、雇用機会を増やす というのが目的。

ほかそれに続けて、ポリシーとして
天然素材のを使用し職人のよる手によるものから作られたものを輸出し、
地球の環境を脅かすものはできる限り使用・販売しない。
という大切なところを知っていただきたかった。

その中でも、貨物で入荷したアイテムでひとつ紹介するアイテムがこちら。

「ショット・エル・ジェリドの人形」

地球に優しく_a0141134_00351468.jpg


ショット・エル・ジェリドはサハラ砂漠の入り口近くにある塩湖の町というか村
その塩湖のほとりで、テントを張ってまさしく「塩」を売っている
小屋で売られているのがこの人形。

この人形自体がリサイクルの人形なんです。
よく見ると、人形のすべてが端切れ布を使っています。

表情も髪型もさまざま。
皆さま 結構おしゃれで個性的。
後姿なんかもう、ぐるぐる。

地球に優しく_a0141134_00354377.jpg
地球に優しく_a0141134_00355385.jpg
地球に優しく_a0141134_00354694.jpg
地球に優しく_a0141134_00355563.jpg
地球に優しく_a0141134_00360599.jpg

私たちスタッフ間では苦し紛れ人形と呼んでる。
なぜかと言われると・・・・
この村の人たちの生活はほんとに慎ましく
砂漠の入り口ですから、作物が多くあるわけでもなし、
かといって人通りが多いところではない。

そんな中端切れ布を使って少しでも生活の足しになれば
と思い作り販売されてるのがこの人形。
現地仕入れ責任者の社長が言うにはほんとに苦しい中作ってるこの子たち。
というわけで苦し紛れ人形と名付けられたわけです。

フェアトレードとエコ 両立のアイテム

かわいくないですか?
なかなかな一癖ある人形たち。
わたしtamadurのなかではかなり好きでたまらないアイテムのひとつです。

そんなアイテム他にもあります。
それはまた次の機会に。

長くなりましたが、
地球に優しく、人に優しく、そして自分にも優しく。そうなりたいな、と思ったtamadurでした。


ではまた。。。




by daryasmine | 2019-06-26 02:34 | Staffのひとりごと


お店情報、海外文化 旅行のヒント 内容満載の武庫之荘ダール・ヤスミンのブログ♪


by daryasmine

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
店舗からお知らせ
HOME Dar Yasmine
店長プロフィールと事業案内
外部イベント&催事参加ご案内
過去の催事&イベント参加
ギャラリーと日本の作家さま
チュニジア ニュース
メディアに出ています!
武庫之荘おすすめ
店長のひとりごと
お客様の声
ギャラリー開催中
Staffのひとりごと
未分類

ブログパーツ

Tunisie PLUS

ガイドブックや歴史本ではよくのっていない情報をご提供、ずばりチュニジアの暮らしの手帳2 
ダールヤスミンのホームはこちら!


トラベルサン  のメンバー物販部

お問い合わせはこちら
info@daryasmine.jp

外部リンク

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

フォロー中のブログ

イスクラ

最新のコメント

経歴詐称の顧問さんにもフタ
by 通りすがりの通りすがり at 23:43
行商お疲れ様です(^^)..
by 枕屋たなか at 22:26
盆踊りの塔は「櫓(やぐら..
by 枕屋たなか at 00:26
ありがとうございます、パ..
by daryasmine at 22:44
超お久しぶりですー! 昨..
by daryasmine at 00:21
東京の百貨店でも催事です..
by 枕屋たなか at 09:02
きゃー(/_;) イベ..
by 枕屋たなか at 08:50

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

二週間の出来事 staff ..
at 2020-01-18 07:16
2020年もよろしくお願いい..
at 2020-01-11 07:26
3人クリスマス展 ギャラリー..
at 2019-12-05 14:03
ギャラリーのお知らせ【3人の..
at 2019-11-20 14:59
10月15日デリー
at 2019-10-16 03:33

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
雑貨

画像一覧