<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ギフトショー

 なんと、チュニジアから物資が滞っている中、(いつもですが)
雑貨の祭典の祭典、ギフトショー= に出展します。
といってもブースはもたず、ギフトショー特設ブースにバングラディシュと一緒に守られつついれてもらう形です。

 こんな時期ですが、
チュニジア経済も流通もいっそう停滞している時期ですが東京ビッグサイトにたっています。春、夏にはフタが流行すると思うし(勝手に)、負の要因であれ、チュニジアはメディアにたくさん露出し、ダールヤスミンのチュニジア物産部門にチャーンス!


 それでは、関東地区の関係者の方、ぜひぜひお待ちしています、東5の特設会場です。
なお、関係者じゃなくても、関係者になれるはずです。(ニッコリ)
[PR]
by daryasmine | 2011-01-30 11:26

毎日カスバにランランラン: チュニス

ベンアリがでていってくれて、
はや2週間。

チュニスの町、中心街では、、、、、じわじわと、でもあきらかにかわったことがあるようです。

1、チュニジア人がチュニジア人のことをほめる! (いつもリビアとアルジェリア人以外の外国人をほめてた) 
2、チュニジア人が、チュニジア人に対して 好きだという! (個人的にいっても全体的にいわなかった)
3、チュニジア人がさしあたり愛国心でいっぱいになっている (俺たちはやったぞ、という感がまだ?)

しかし、もう2週間たちましたからね、
チュニジア人大好きだー、、といっていた人々も今は
チュニジア人「ちょっと好き」というのもあらわれてきましたね、あと2週間たって
「やっぱりだめだ、俺たち。」になるのでしょうか。

今日たっぷりと鉄職人と話しました。あなたどう?仕事?
「最高、泥棒が増えて、柵やら窓枠の注文が増えた」
ほんで、仕事やってるの?
「いや、朝ちょっとアトリエにいって、あとはずっとカスバに(チュニスのメディナのカスバ地区には首相官邸やそのほかの重要な政府機関がいくつかあります)」
そうなんですよ、、、、みな政治活動じゃなくても人が集まるところにいっちゃって
仕事しなーーーーーーーーーーーーーーい!
仕事しない、仕事しません。 人が集まってて叫んでいるところに参加していると
仕事している気分にもなるんでしょうか。

「いやー、今のチュニジアの問題は誰も仕事したくないね」
「そら、いつも以上でしょ、いつも仕事しないじゃん、Facebookばかりみてて」
「そう、もっと仕事しない、でもいい人が確実に増えた」
「・・・・・」(ちょろまかす人も減った? お互い助け合う精神<快くぱしり合うというほうが適切>、もてなす精神、感じよくコミュニケーションするのはもともと非常によい)

それで、どうするの?
いや、今のチュニジアの問題は、リーダーがいない。
でもRCD (元の与党)は全員でていってもらいたい。
じゃあ? ほんとリーダーがいない。

月曜日がまた正念場。
そうですね、先週の月曜日も楽しみでしたが。。。。。
また底辺層のレポートいたします。

なお、27日に行われたチュニジアはどうなるか、という学者さんたちのシンポジウムはとても興味深かったようですね、マクロ経済からベンアリ体制を批判された経済の先生、外交官の立場で元大使・・・などなど。

次のチュニジアのリーダーに関しては、
指導した主要なアクターが特定されていないこと(そりゃそうだ!)、UGTTや軍部、野党指導者、国外勢力などの影響力がまだ明らかでないこと、市民の革命遂行力が未知数・・・でどのきりくちからも
見えませんね。見えないのではなくいないのでは? 
[PR]
by daryasmine | 2011-01-28 10:55 | チュニジア ニュース

JAPAN TIMES

 先週、日本で働くエリートチュニジア人に頼まれて、

「あなたにとってのチュニジア革命はどんなん?」というインタビューにこたえましたら、
英文長く書きすぎて、6行になって戻ってきました。その一部をブログにあげたんですが、
そのキラキラ6行(辛らつなコメント、もっと短くされているかもしれない)が日本のJAPAN TIMES紙、今週の火曜日に掲載されるそうです。応えた人はみんな顔写真、年齢付。

 エジプトも書かせてくれるかな?
 
 
 

 
[PR]
by daryasmine | 2011-01-27 11:42

jasmine revolution pour dar yasmine


"What does the Tunisian Revolution mean to you?"

I would say there are several aspects for me,


1, I spent 7 years in tunisia, and mixed with tunisian a lot.
also I was always with foreigner who live in tunisia 10-40 years.
as foreigners, we really want to observe how tunisian mentality would change.
They shout about collaption, however, we would say, we should not generalize, ...
full of sabotage, negligence for their work, for their study without sincerity in individual.
tunisian had lots of experience with bad or strange ? tunisien behavior, so everybody said to me
"be careful against tunisian" this is , really amazed as a japanese.
I worked with tunisien and l always found good tunisien and hard working impressive tunisien,
but I really think we foreigner should be so much selective for this.
they are many foreigner who was decieved by tunisiens, as tunisien themselves were decieved. which is always similar stories, and numbers are tremendous.
if it is all because the old system and BENALI regime,
many thing would be change, and We really expect working and dealing with tunisia will be more easy.
Also, I have handi-craft and some agro-products shop in KANSAI, MUKONOSO, my shop is specializing tunisian, marocan, toualeg products. for this, I should ALWAYS be careful about quality,
quality control is extremely difficult, as in some part, because of worker's negligence and relationship with hand-craft atolier owner- and workers, I guess.
This is also bad heritage of BENALI?
Now tunisian loves tunisia, and Now tunisian are so much proud of themselves.
One would change mentally? this is our big concern.

2, As a foreigner, we were so much advised to not talk about politics with tunisian in french or English, and NOW all my tunisien frirends or acquaintances are talking,
which is impressive.
we can see that how tunisien were so afraid of the system, BEN ALI regime was so surpressive

3, As I spent a lot in North Africa, they were many people whom I met in tunis.
Many people did not know if I am there or japan or the other countries.
So, I recieved so many messages about if we (japanese community) are OK, or if I am OK there. I was so much pleased for this.

4, All of my tunisian friends are hot and long time excited (which is not imopssible in japan),

it seems that TUNISIAN characters (they are so easy to get excited without alchohol, they want to be on the facebook more than working hard:my colleages were non-stop facebook, for example, they talk a lot more than they study, if I compared with japanese etc) also made this revolution possible in a way.
people can move around very easily asking any help from neighbors, friends, relatives for the driving in order to participate DEMO (impossible in JAPAN).
Tunisian love to talk a lot outside than work in silence...but political act was pohibited so long time!


5, I was working as a kind of coordinator of tourists, any special visitors, and I am a writer of travel guide book including tunisia, Libya....
so, I will have negative impact on my this side of work.


Anyway, I am so much happy to this change AGAIN, but hope that they can find a good tunisian leader. I loved a lot of my life in tunis with tunisian, at the end they are lovable, charming, communicative, then hopefully everything would be mshmskel (no problem).
[PR]
by daryasmine | 2011-01-25 00:51 | チュニジア ニュース

チュニジア: 祭りは長くは続かない 究極の持論

 大統領が1月14日にでていってくれて、町中から、彼の顔だらけの町、から
彼の顔が消えました。
 田舎にいけば、紫色・・・・「ベンアリ」の好きな色。 この色はどうぬられるのか?
 彼の大好きなナンバー7、 市外局番すべて7番始まり、国営のセブンエアーは今後、、、8エアー?
 彼の顔が毎日毎日、左上にでてたLA PRESS 新聞は・・・毎日彼の顔がでなくなった。
いろんな顔が登場するのか?

 ネット規制が放たれ、見たいサイトに入れる、
 毎週土曜日メールが届かない・・・ということもない。

欧米にいるフランス人も、日本にいるチュニジア人も、もちろんチュニジアにいるチュニジア人もまだまだ興奮が持続しているようで、、、FACEBOOKの画像のアップロードもまだまだありますが、これからどうするのでしょう?

そりゃあの抑圧政治が解き放たれ、タブーすぎるタブーであった政治批判、トラベルシー批判ができて最高ですが、焼き討ちもたっぷりしたし、関係者がどんどん逮捕されたり殺されたりして、
気がすみ、、、落ち着いていきます。

 それから?

それからどうするの? 半年後に大統領選挙が行われるようですね、
準備ができるのか? 在留外国人の意見としてとても否定的。
いままでのチュニジア人たちの事業の中で準備が遅い、遅すぎる、権力争い、よくわからないぐちゃぐちゃが続き、
中途半端な位の人たちが足のひきずりあいをする。
ぎりぎりまで準備がすすまなくて(というか準備にならない)、、、、、、うまくいけば突然変異的なスターがでてきて最後の3分とかにまとめる(よくあると思う)。そのようになると「結果的にうまくいった例」になって
アラブ諸国にチュニジアは本当にやったぞ、できる国だぞ、と見せられる。

 チュニジアという国、チュニジア人にまとめて愛情をもっていますが、
 チュニジア人が全員ではないのですが、民間で働く外国人たちが数年で辟易するチュニジア人の要素の一部をあえていうと、、
、、、しょうもない足のひきずりあいはすごい。嫉妬の幼稚さもすごい。怠慢からくる
必死の保身行動もすごい。社内や組織での「ちくり」行動もすごい。(何度もいいますが、みんなではないが、どこの会社にも数10パーセントいるはずです。これも人間らしいといえば、人間らしい?)

 そういう組織社会をつくってしまうチュニジア人の中でどういう人がトップにたてるのか?
こりゃーーーーーーーーー、ほんと見ものです。

 もっというと、これは文化人類学的+社会学的+政治学的な視点ですばらしい意見だと思っているのですが(いつも自画自賛)

 チュニジア人の気質だったからこそ、FACEBOOK 革命であり、ジャスミン革命であり、このたびの若者革命だったと思うのです。この内容はある英字新聞からインタビューがあったのでその一部を次のブログにのせます。

1、チュニジア人の若者は仕事中でもどこでもFACEBOOKばかりみていた。(みんなではないが、とても多い)
要は仕事しない、FACEBOOKのほうがおもしろい、FACEBOOKで画像をUPLOADしたほうが楽しい。
結果隣いる私(など)は、数十分後には、ぎゃーぎゃーいう。(毎朝いってました)
しかも同じ時間にFACEBOOKをあけている(彼の)友人たちが多すぎる。何してるの?
しかしながら、そのなかでモリモリ仕事ができる人にあうと天使に見える。

=>日本人は仕事の間MIXI もFACEBOOKもしないと思う、
 全体的にまじめに仕事しているように見える。

2、チュニジアに異常にFACEBOOKが浸透して、10歳の子供も50歳のおっさんもまんべんなくやっていた(2年前くらいに感じた)、人口の割合ではトップとか、誰かがいっていた、それだけ
なんでも浸透しやすい。時間がある、暇。つながりが好き。

=>日本人の10歳がFACEBOOK ?まぁ携帯ぐらいでしょう。 ましては50歳のおっさんたちはもう凝り固まっていて相手にしない

3、天才や死ぬほど勉強する人、まじめな人たちがたくさんいることは確かですが
それでも
全体的に怠惰。仕事に誇りがない。できるだけ手抜きして、お茶にいく。おしゃべりする。
おしゃべりしたい。誰かを批判したり、ゴシップ、笑ったりするのも大大好き。
コミュニケーションうまい。生活にたくさんのウソが多い(これは毎回爆笑)、
作り話も恐ろしくうまい。みんな役者だ(物乞いは毎度いろんなお話をしてくれる)
これはベンアリ体制の社会主義だったからでしょうか?

=>日本人のおじさんたちは、近所の人や親戚とお茶するなら、ひとりで仕事する。
日本人は普通の会話ではほとんどウソがない。。。はず。その必要性がない、考えられない。

4、ノリが異常によい、サッカースタジアムに行く前の盛り上がり方、終わった後の盛り上がり・・・が長く続く、どこもかしこも勝手にパーティができあがりお酒がなくても大盛り上がり・・・になったりする。
喜びやすい。興奮しやすい(町中でけんかしてる)

=>日本人は明日のために静かに帰って寝る。盛り上がっても30分?
4時間車で町中を旋回とかしません。

5、全体的にすべてがのんびりなので、暇がある。=>がある。
おいで、といったらすぐにこれる、町が小さい。
私もこれをよく利用したものです。
というわけでデモの召集がかかると、すぐにとんでこれる。
どのまちも車で20分行けばどこかにつきますし。
しかも、交通ルールなんてあってないもので、駐車ははちゃめちゃ、興奮すれば逆走もありえるわけですから
いっそう早くつく。(ことが多い)


=>日本人の若者は機動力ない、1週間後、一ヶ月後のスケジュールびちびち
 渋滞だと遅れる。


6、できるだけ仕事と勉強よりおしゃべりしたい。人と集まりたい。
農作業しているより、誰かと政治活動するほうが性にあっている(がいままで不可能だった)

=>日本人、、、めんどくさい。かかわりたくない。



・・・・・・・・・・・・・・・ほかにもまだまだあると思いますが、
メインはこれくらいでしょうか、よって、
国際政治の理解って、実は
根っこの文化人類学、土着の精神気質(それは長年の政治体制、宗教によるものが多かったと思いますが)
にも起因するでしょうから、しっかり理解しないといけませんよね。


そういった意味で、ベンアリ体制がくずれて、
チュニジアに本当の意味で「まじめに働く人たちが増える」FACEBOOKばかりしてないで、
仕事の時間は働くとか、論文書くべきときは書く、とか、
職人気質のレベルがあがる。。とか、、個数を多く頼むと質が下がるといった、
あまりにもしょうもない問題に頭をかかえずにすむとか(私が)、

そういうのも期待しますね・・・・・・。
(リピートしますが、全員ではない、単一民族日本では考えられないほど恐ろしい天才やびっくりするような
真面目がたくさんいます、要はぴんきりが激しい、ブラックアフリカはもっとでしょう?)


 というわけで、ここでまとめますと、(ここまで読んでくださった方本当にありがとうございます)
1月14日から10日がすぎて、コンプレックスの多かった国民が、、、一致団結、結束、達成感をおぼえ、
まだまだ大興奮、こんな祭りはいままでなかったから、(サッカーの試合以外)大喜び。
ある種祭りの装いです。 祭りは長くは続きません、
FACEBOOKやDEMOでRCDDEGAGE ばっかりいってますが、
選挙までの時間、本当に本当に楽しみです。
(否定的なことばかり打ちましたが、何百回もやられましたが、結局チュニジア人大好き、
アルジェリア人、リビア人、モロッコ人も)
 
===============================

 さて、ここで学者さんたちのシンポジウムのご案内:


「チュニジアで何がおこったか」
http://www.info.sophia.ac.jp/iac/news/docs/news20110117_233150924.html

数十年にわたって、北アフリカ政治経済にかかわってこられた方たちがパネリストです。

 ==============================
次は英文で書きます、スペルミスが少しありますが許してください。

 


 

 

 
 
[PR]
by daryasmine | 2011-01-23 23:28 | チュニジア ニュース

チュニジア: あえて旅案内 

 さて、激論の間に旅のご案内。
南部、砂漠地方はいたって普通。。。で暇。
トズール、ドゥーズ、ジェルバ、ベルベルの村も、、、ドイツ人たちが少し入り始めたようですが、そりゃいつもに比べればずっと暇。

4WDのドライバーたちが暇みたいでFACEBOOKにあらわれました。(いつもは国内をぐるぐるまわっていますから・・・)

チュニスでは野外禁止令はまだあるものの、日中は平穏、ブルギバ通りぞいくらいでデモ。
やっぱりパンは買いにくいそうです。

 
 さて、またデマが横行しています、変なビデオ、楽しいビデオのアップロード、
でも住んでいる外国人にとってオタオタ、本当にもなりえるデマがあるようです。

●水道の中に毒をいれた
●各国からスナイパーが送られた
●XXXで、焼き討ち作戦


 なんでもアリだったチュニジアでは(イエメンでも、どこでもそうでしょう)、なんでも信じない、そして20%信じるくせがつきましたが、その場になってみないとわからん・・・・

 
[PR]
by daryasmine | 2011-01-22 01:10 | チュニジア ニュース

ここ数日の混乱:チュニジア

写真とビデオをネットにメッセージとのせて、
人々はFACEBOOKとツイッターにて集結し
もうFACEBOOK、なしでは進まないチュニジアの動きに・・・・FACEBOOK の創設者マークさんに乾杯(性格が悪くて有名らしいですが、映画を見た人談)。

といいたいところですが、
あまりにもたくさんのVIDEOが加速度的にアップロードされ、
もうどれが何かわからなくなってきました。私だけ?と思いきや、チュニジア人も。
ビデオブームが到来。
FACEBOOK、ツイッターも個人ではなく、ANONYMOS として、グループでアップロードし続けているので24時間体制。すごい!!

 http://www.facebook.com/takrizo?v=wall

この人たちのグループも若者を燃えあがらせたところのひとつ、
1日に100件近い投稿。

 http://www.facebook.com/sarroura.elhob?v=wall

lこういうのもあります、アラビア語が苦しい・・・ここなんか2400人以上の賛同者!

ただ、このブームにあやかって、人々を怖がらせるようなビデオも作成されつづけているので
(少し誇張された、とかデマ)注意が必要になってきました! さすが!!!
(チュニジア人は調子にのりやすいと思う)

 チュニジアのニュースを日本語でどこかで活字にしてくれ、とチュニジア人の活動家に頼まれて
このブログは 「ギャラリー&チュニジア物産 専門店!」で平和なチュニジアのサハラやベルベルの村々の紹介と店の様子を紹介していたのに、やたらとチュニジアの動向を打っています。

 2年チュニジア人と接していれば(大使館やJICAの人たちは別かも)いやがおうでも独裁政権下の抑圧政治、閉塞感&汚職感たっぷりのもやっとした社会について熱弁がふるえるので10年以上クラスの邦人にインタビューしたらおもしろいと思います。


 それにしてもFACEBOOKのチュニジア人たちのプロフィール画像がみんな同じになっちゃって
マウスをもっていかないと誰が誰だかわからない状態! 
[PR]
by daryasmine | 2011-01-19 23:25 | チュニジア ニュース

今日のチュニス

 へんなデマがまわっています、在留邦人いっせい退去?
ないです。

 案外普通に暮らしている人々が多いです、大使館やJICA関係者だけパリに入ったようです。

 ブルギバ通りは相変わらず集団でデモがあるようですが、それ以外は静か、
やはりバス、メトロ、鉄道も動いています。

 ただ、市場やスーパーは長蛇の列みたいです・・・・・・
パンを買うのにやたらと時間がかかると、友人たちが嘆いています。

が、たいして問題ない・・・・・みたいですよ。
今日もラムジは買い付けにぐるぐるチュニス内をまわってましたし、
在留の邦人数名が、「特に問題ありまへん」といっています。

外交官がかなりたいそうな行動にででいるとききましたが・・・・・・
[PR]
by daryasmine | 2011-01-19 21:47 | チュニジア ニュース

第2回 プリザーブドフラワーアレンジメント

1月16日(日) 2階での出来事


1時間目 外国語茶屋


外国語スタッフの一人
チュニジア人のサミー君
a0141134_17242625.jpg


優しく丁寧に教えてくれます。
目がキラキラの若くてピチピチの青年。
英語・フランス語・アラビア語を教えてくれます。
日本語は少し話せます。

他にも外国人スタッフ取り揃えておりますので
興味のある方は是非ともダールヤスミンにご一報を・・・・・




2時間目 プリザーブドフラワーアレンジメント
a0141134_1739511.jpg

前回も好評だったフラワーアレンジメント第2弾!!!!

今回は卓上バージョン。
マカロンとお花の可愛すぎるコラボレーション。
なんとマカロンは あきこ先生の手作りなのです。
a0141134_17435092.jpg

みなさん初めての方ばかりでしたのでめちゃくちゃ真剣。
先生は粘り強い人なので出来るまで丁寧に教えてくれます。
a0141134_1871110.jpg

出来上がる頃には あっという間に時間は過ぎています。
同じものを作るけどみなさん それぞれ個性は出るので面白い。
a0141134_18163351.jpg




余談ですが
福袋終わりましたよ。
[PR]
by daryasmine | 2011-01-19 18:28 | 外部イベント&催事参加ご案内

チュニス、当面の問題

チュニスでどんぱちやっている対立は
「旧ベンアリ側」の警察?(警察のつもり?)と軍、、、ですが
警察の中にも、市民側、軍側についているものもあり、
その区別がつかないのが当面の問題だそうです。
警察に2種類いるんですね。

それで、さまざまなところで検問があって動きにくいようですが、バスもタクシーも、メトロも鉄道も動いています。すごい! よいサインですね。
CURFEW、夜間外出禁止時間:家に戻らなくてはならない時間もじわじわ遅くなっていく模様。

軍ははっきりと、「政治にはからまない」といっているようで、
軍事政権にはならない模様です。それも安心。

チュニスからさまざまなうわさが流れ込みます
今日おもしろかったのは、
● ベンアリが去ったあと銃を積んだ800台の車がベンアリ宮殿からでてきたという。
全部捕まったらしいです。ベンアリが戻ってくるための準備だったどか。
● カダフィーが「チュニジアは失ったもの(ベンアリ)は大きい」といった演説
本当みたいですね、こりゃ北アフリカ全土から反感買うでしょう。

引き続きつぶやきます。= (チュニジア人にCANALISERしてくれる日本人になってくれと頼まれたんです。よって、ツイッターなれないですがつぶやきまくってます)
[PR]
by daryasmine | 2011-01-18 20:42 | チュニジア ニュース


お店情報、海外文化 旅行のヒント 内容満載の武庫之荘ダールヤスミンブログ♪


by daryasmine

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
店舗からお知らせ
HOME Dar Yasmine
店長プロフィールと事業案内
外部イベント&催事参加ご案内
過去の催事&イベント参加
ギャラリーと日本の作家さま
チュニジア ニュース
メディアに出ています!
武庫之荘おすすめ
店長のひとりごと
お客様の声
ギャラリー開催中
未分類

ブログパーツ

Tunisie PLUS

ガイドブックや歴史本ではよくのっていない情報をご提供、ずばりチュニジアの暮らしの手帳2 
ダールヤスミンのホームはこちら!


トラベルサン  のメンバー物販部

お問い合わせはこちら
info@daryasmine.jp

外部リンク

以前の記事

2018年 04月
2018年 01月
2017年 12月
more...

フォロー中のブログ

イスクラ

最新のコメント

経歴詐称の顧問さんにもフタ
by 通りすがりの通りすがり at 23:43
行商お疲れ様です(^^)..
by 枕屋たなか at 22:26
盆踊りの塔は「櫓(やぐら..
by 枕屋たなか at 00:26
ありがとうございます、パ..
by daryasmine at 22:44
超お久しぶりですー! 昨..
by daryasmine at 00:21
東京の百貨店でも催事です..
by 枕屋たなか at 09:02
きゃー(/_;) イベ..
by 枕屋たなか at 08:50

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

James Erasmus ..
at 2018-04-20 17:35
トゥンブクトゥから東に80k..
at 2018-01-11 16:44
12月ギャラリー本日からです☆
at 2017-12-01 13:20
ギャラリー開催中です^^
at 2017-10-27 17:54
チュニジアと小豆島
at 2017-07-29 20:06

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
雑貨

画像一覧