<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

キリムどす

ご機嫌いかがですか??
お久しぶりです。サーラどす。



ギャラリー元に戻しましたよ。
今回は冬に向けてキリムをメインにしてみました。

a0141134_1819551.jpg


玄関マットからリビングに敷ける大きなものまで
たっぷりと取り揃えております。
トルコ、チュニジアから取り寄せた上質なものばかり。
しっかりと重みがあります。いろんな意味で。



あと、アンダンテ効果でチュニジアのヤギ革カバンが
かなり品薄状態でしたが、やっと入荷しました!!

a0141134_18235766.jpg


これまた早い者勝ち!!
人気商品はあっという間に無くなってしまいますので
おっと思ったら即行動ですぞ!!!
1週間以内に取りに来られるなら電話での取り置きもちろん可!!!
ネットでの購入、可!!!
↓↓↓コチラからどうぞ↓↓↓
ショップ ダールヤスミン

a0141134_1825335.jpg



でわでわ
[PR]
by daryasmine | 2011-09-28 18:31 | 店舗からお知らせ

9月24日~スタートです!!!

芸術の 秋・・

9月のギャラリーの催し 第2弾は

心温まる 手作り展


プリザーブドフラワー & ノクシタカ刺繍 です



【DIMANCHE】プリザーブドフラワー

山下 美絵理 先生




【ノクシカタ(バングラディッシュ)刺繍】


国際エンゼル協会 様



a0141134_22453697.jpg


ノクシタカ刺繍は バングラディシュに古くから伝わる手刺繍の呼び名で

ベンガル地方で母から娘、娘から孫娘へと女性達により伝えられています

農村の女性が ひと針ひと針 心をこめて刺す刺繍の 細かさ
 
デザインの面白さ 色使いも ぜひとも楽しんでいただきたいです♪

a0141134_2310766.jpg


ノクシタカ刺繍の収益はすべて農村女性たちの自立の為に役立てられます
a0141134_22455653.jpg

↑↑↑
(こちらは ボランティアの方々による フェルトをつかった かわいいおままごとセットです♪おもわずほっこりするやさしい品々が いろいろそろっています)


そして【DIMANCHE】プリザーブドフラワー

山下 美絵理 先生!!



最近ではずいぶんと身近になってきた プリザーブドフラワー

生花に特殊な加工を施し そのみずみずしさ 美しさを
半永久的に楽しむことのできる 造花と生花のハイブリット

a0141134_22461287.jpg

実りの季節にふさわしい 芳醇な色使いの アレンジメント

a0141134_22463535.jpg
a0141134_22465578.jpg

秋のはじまりをおもわせる ライトブラウンのローズ 

a0141134_2247776.jpg


美しい花々で 季節感あふれる世界が表現されています

作品は販売もされています



今回は開催期間が短く

9月24日(土)から 27日(日)の4日間となっております



是非とも多くの方に見ていただきたいです

皆様のお越しを 心よりお持ちしております

write by myria
[PR]
by daryasmine | 2011-09-24 12:35 | 外部イベント&催事参加ご案内

チュニジアの今、、

チュニジアの革命後・・・?

1月のジャスミン革命からはや半年、偶発的にサッカー観戦ののりで独裁体制の権力者を順番においだしたものの(現地在住外国人が客観的にみると、そのようにしか見えない)、チュニジア全体大変困っている。今、一番困っている。「そりゃお祭りは長くは続かないでしょう?」

 1月14日に大統領が出て行ってから約10日間は旧体制をつぶすのに大盛り上がり。局所的だが大統領側の警察(我々は残党という)と本当の警察で戦いが繰り広げられ、元大統領夫人側のマフィア家族が牛耳っていた大型スーパーや流通網、マフィアとその関係者の家々が焼き討ちと略奪にあう。デモが全国の村、町で連日行われ、役場、警察署(秘密警察:我々はちくり警察という)、市庁舎、なんでもかんでも火がつけられた。「ついでだー!うぉーーっ!」というノリで郵便局、ほかの関係ない建物ものも焼き討ちに。チュニスでは仕事を休んでデモに連日参加したり、地方をデモ巡業してまわる人々が続出。
「俺たちはやったぞ、すごいぞ、われらチュニジア人は最高だ、アラブ世界革命のお手本を示せたぞ、自分たちを誇りに思う・・」の意気揚々としたお祭り最高潮の雰囲気。
 老若男女とわず、FACEBOOKとニュースに釘付け、携帯でとったビデオや画像をアップしてシェア、「オレ、昨日は8時間FACEBOOKいたー」「私、FACEBOOKで寝不足だわ」という感想を外国人にしてくれる。外にいるチュニジア人は周辺の多国籍の友人たちにいわせた「チュニジアおめでとうー!よくやったね!」といったメッセージをのせた動画をFACEBOOKに次々にアップロード。この彼らのウキウキ感は少しバブルのようだった。
 チュニジア人と一緒に仕事をやってきた私は革命のだいぶ前も革命一週間後も「仕事せずに長時間FACEBOOKにひたってるもんだなぁ」という少しひややかな感想。
ベンアリがでていったときのセリフ、「フェムトゥクム!Femtkm (アラビア語で理解したよ、君たち!)」が流行語に。ジャスミン革命の第1ステージだ。
各地を周りすすけている建物をみながら「なんでもかんでも火をつけてるよね」「そうだよ、徹底的にやらんと、彼らは理解しないよ、まったく理解しないんだよ」

そして、チュニジアはすっかり「デモ」づいた。大統領に反旗をひるがえした軍が見守る中、言論の自由をさんざん謳歌した。(とはいえ、大統領側秘密警察が事実上いなくなったとされてもFACEBOOKやツイッターの活動家、デモの指導者が警察に連行されたといううわさが何度も何度も流れ、FACEBOOKのプロフィールの画像が本人写真から政治メッセージや国旗になり、名前をかえたりする人も。)毎日4-10本ほどチュニスのハビブ・ブルギバ通りで大型行進から数人がメガホンをもって叫ぶ小さなデモがFACEBOOKと連動して繰り広げられる。勢いがあったのは、1月14日以降、2月下旬まで。「RCD DEGAGE—アールセーデーデーガージェエエエエエ!(RCDでていけ)」(元大統領独裁政権を支えた党)「GHANNOUCHI DEGAGEEEE! ガンヌーシ・デガジェエ(ガンヌーシでていけ)!」(元大統領の側近で、元首相)RCDの党幹部、ライラ・ベンアリ(元大統領の妻)側のトラベルシー一族が国境でとらわれたり、刑務所にいれられたり、国外追放のニュースに歓喜乱舞する人々。これがジャスミン革命第2ステージ。
さまざまなチュニジア人にきく「あんた、どのデモに参加したの?」
「ベンアリでてけ」「オレ? ガンヌーシでてけ」
健康な一般市民のほとんどはどれかのデモに参加していた。

独裁体制関係者追放し終わったあとのデモも・・・「デガジェエエエ!」ここからは「もういいよ、いいよ」といったかしこい市民も増える。
「サルコジ、オバマ、デガジェエ!(リビアに介入するのに反対)」もちろん「NATOデガジェエ!」
「ガンヌーシ・デガジェエ!(同国イスラム組織の指導者)」
スタッフのラムジに「デガジェエの叫びがすごいよね」というと「今のチュニジアは、なんでもデガジェだよ、スーパーマンきても、バットマンきても、デガジェエエエのデモになるよ」
単にエネルギーと時間があまってるのでデモやっているような人も多いと見える。(仕事はあっちのけ)
もともと議論とシャウト、お祭りしたい人々が多い国、国を動かすリーダーはいなくても、デモに集まる人材はたっぷり集まっていた。
デガジェ系の行進の周りには、裁判制度や宗教の自由、憲法に関するデモがポンポンはじまって数時間おこなわれる・・・(楽しそう)

 外国人観光客がいなくなったが、2-4月はチュニジア人の「観光客」が増えた、地方の人々が家族と手をつないでデモが毎日繰り広げられるブルギバ通りを散歩して、見物するのだ。
「今週末は息子とチュニスにのぼるから、荷物届けるよ」
 見物客をみてると「大道芸人をみている人々」に見えた。これは第3ステージ。第3ステージころからは南部に外国人客もちらほら、しかし通常の量とは桁違いに少ない。

 4月くらいから6月までのデモは、大中企業の賃上げストライキ、労働者によるものが増えた。第4ステージ。
スーパーから郵便局、電話会社までさまざま。これが一番市民の生活の支障をきたした。
「郵便局がストだから、お金の振り込みできませーん。」
「ネットがつながらん、チュニジーテレコムTunisie Telecomがあっちでストやってるそうだ」
 しかしストをやっても数日~1週間しか続かない。
「労働者は貯金がぜんぜんないし、ストして賃上げで叫んでも、すぐあとで『すいません、やっぱりいいです、仕事ください』になる。会社のボスもわかってるよ、数日間会社が動かなくても問題ない」(それでも賃上げに応じる会社もあった)
そして、チュニジアは灼熱の夏に突入。この大観光立国に外国人がまだまだ戻らないので、あらゆる観光地、町のホテル、レストラン、ショップ、バスや4WDのドライバーが暇。
チュニスの旧市街、欧米人でごったがえした通りも地元の人がパラパラ・・・行きつけの店をいくつか訪問すると「お客こないので、ずっと給料ないよ」
チュニジアが誇る南部サハラのリゾートホテルも夏は2ヶ月休館を発表、いっそう渡航者が減る、という悪循環。サハラツアーで活躍していた4WDのトズールのドライバーたちにきく、
「おれ?ガアアアアッGhaaat (トズールの方言で暇で寝てる)、タクシーのドライバーのためのライセンスまってるの。もうあかん」
「ボロボロの車を買ってアルジェリアの国境を往復してるよ、アルジェリアのガソリンは1リットル300ミリーム(約18円)、チュニジアは1リットル1.450ディナ-ル(約80円)、夜中出発して朝かえってくるの、車がボロボロすぎて途中でとまるから、仲間といかなきゃいけないよ。一回につき20TND儲かるの(約1200円)」
「オレはチュニスの友達のところに泊まってチョコレート工場の労働者をのせるシャトルバス運転してるよ、トズールの600人いるドライバーはみーんな暇」
「僕は、はじめはみんなに笑われたけど、大きなトラックを買ってオアシスに石やら土を運んでいるよ、オアシスの仕事はツーリズムなんかよりずっと安定してるよ」

 ただいま第五ステージ、祭りもだいたい終わる。7月に行われると発表された選挙が10月23日にやはり延期、クーデーターを避けたいので特に政治のデモは敬遠するようになり、デモもだいぶ飽きた。なにより暑くてデモどころではない。雇用機会はがくんと減ったまま、革命後好転しない。ベンアリ体制のときはあれほど自慢だった「治安」も局所的に悪化。リビアのNATOとカダフィの戦争が続き難民が増え続ける。
いまや、「ベン・アリはライラ夫人と離婚して、ライラ側のマフィアを一掃すれば、それだけでよかったのにね」という話も持ち上がる。初代大統領ブルギバ時代のドキュメンタリーがテレビではひっきりなしに流され(ベン・アリ時代はタブー)、独立直後のチュニジアの古きよき時代を人々は顧みる。
 
 なにより、一外国人として思うのは、ベンアリの独裁政権が終わって、
仕事をしないでFACEBOOKばかりする若者が減って、
仕事や勉強を手抜きする人々が減って、
仕事がないからといってふて寝する人が減って
汚職が革命的に減り、
自分の仕事に誇りをもち、足の引きづりあいをする人々が減って、チームワークが少しでもできるようになり、
他力本願ばかりではなく、自分でビジネスを考える人々が増え、
太陽発電のように、チュニジアと海外企業との連携プロジェクトが増え、
中小や零細企業が活性化できれば、チュニジアはよくなる・・・・と思うのは客観的に見る在住外国人の多くの意見ではないでしょうか?

※ジャスミン革命のステージの番号は主観、独断でつけています。
 
[PR]
by daryasmine | 2011-09-22 01:41 | チュニジア ニュース

死後の世界

 地中海沿岸の遺跡のネクロポリス(死の都市、要は墓群) からはがっぽがっぽと
オリーブオイルの壷やら、アクセサリーやら、オリーブランプ、などなどでてきて

「死んでもおなかがすかないように、、、困らないように、そしてパラダイスにいてもきれいなかっこうでー」という生きている人の想いがあり、お墓にいろんな生活道具、アクセサリー、衣類をつめていたようです。
こちらオフィシャルには土葬ですね。(貴族の偉い人だけなのか?)

 死んだらまっすぐパラダイス思想(都合のよい)にどっぷりつかっていた私にとって


アジア・・・・
10日前にマレーシアでショッキングなことがありました。
(私だけ?)
マレーシア中国人のお店のひとつで、「死後の道具専門店」
お墓用グッズなんですが、
マレーシア中国人、ババニョニャさんたちは
まず死んだらいったん地獄にいくと考えるそうです。
ちょっと紹介。

地獄に行く前の下着(紙)
隣にはコカコーラ、死後地獄にいて喉がかわかないように。

 
a0141134_165672.jpg


地元の人いわく
地獄でスッポンポンはだめだからだそうです。「・・・・・」
地獄への切符(紙)
a0141134_175499.jpg


地獄銀行、別の世界へ航空と書いてある。飛行機にのるようですね。

地獄へのお金 、地獄銀行 100万。単位がわからん。

a0141134_195450.jpg


そして、もちろん地獄パスポート、地獄からどこかに行くようですか

 
a0141134_1112722.jpg


そして地獄にいっても退屈しないような電化製品(紙)ちょっと旧式・・・・・

a0141134_112378.jpg


 
そして全部紙、土葬じゃなくて火葬。すぐ燃やすから、すぐ燃えるものでいいそうです。
それにしても凝っていました。


 ただいま日中は堺市でデパートの売り子、神戸にかえると激しく作業にあけくれているので逃げました。
最近、ミリアちゃんがブログを書いてくれています。

 
[PR]
by daryasmine | 2011-09-20 01:20 | 店長のひとりごと

開催中!! 純銀をつかった アクセサリー展

今回 ダールヤスミンで 同時開催している

西宮 アトリエ ラ・パロール ( パロール とは フランス語で 「言葉」)


樋口良子先生による 純銀アクセサリーのショップ


大天使 ミカエルが 迎えてくれます
スペインのカレイラカレイラのイメージより・・

a0141134_12412752.jpg



a0141134_12375033.jpg


先生の使用される シルバーは 

純度99・9パーセントの ピュアシルバー



一切の混ぜ物はなく 銀のもつ 純粋な輝きを楽しむことができます

(ティファニーは 純度92・5%です )


「シルバーアクセサリー」・・・そう聞くと

市販でよく見るごつごつとしたものや グレイがかった色・・そんなイメージがあるかもしれません・・


今回の 「純銀」は シルバーの概念を覆します



純銀の「白さ」に 驚きます


純度99・9の銀は 色白さん!


作品のひとつひとつに 先生が丁寧に磨きをかけてくださいます

肌の上に乗せた時の白く柔らかな輝きは とっても上品




モンサンミッシェルでうけたインスピーレーションの作品・・・

レオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」と対峙して そこから作られた作品

フランスの詩が細かく刻まれた ペンダントトップ

ひとつ ひとつの作品に ストーリ、先生の想いがつまっています




a0141134_1257388.jpg

(画像が不鮮明でごめんなさい  とても素敵なので お店に見に来てくださいませ!!)

ネックレスは トップだけでなく チェーンの材質にもこだわっておられます。

純銀とバランスのよい上質なものをつかっています



最近では 金の高騰により プラチナ 

そして 銀もずいぶんと値上がりしています。。。


そんな中


値札を見て驚きました

なんと 2000円からのプチな作品も!



「材料費のほうが高くなっちゃいますね」

にっこり微笑みながら 笑っていらっしゃいました

そんな先生は少女のようでしたよ♪

作品も 薔薇やリボン お花・・ 葉っぱや 自然をイメージさせるモチーフもたくさん


シルバーの概念が ひっくるかえる

大人にこそ 純銀の輝き・・・・・


魅了されたわたしもほしくなってしまいました・・!!


20日までの開催です

















 
[PR]
by daryasmine | 2011-09-15 13:16 | 店舗からお知らせ

ダールヤスミンにおばけが・・・???

a0141134_12181116.jpg



いよいよ 始まりました!!


9月15日(木)~20日(火) 最終日17時まで

「純銀アクセサリーと アメリカからの楽しいハローウィングッズ展」




今回は アメリカシアトル直輸入のハロウィングッズが たくさん!!!!
日本のおもちゃやさんで買うより 断然 お安く かわいいデザインのものがざくざっく


幼稚園ママさんや おじいちゃんおばあちゃん
おまつり好きな楽しいおねえさん

プレゼントに景品にパーティーにいかがですか?

a0141134_1229303.jpg


a0141134_12303895.jpg


a0141134_12331616.jpg

[PR]
by daryasmine | 2011-09-15 12:14 | 外部イベント&催事参加ご案内

北花田阪急にいます

 チュニジアからの荷物が届き、東南アジアから戻って以来倉庫で検品ばかり・・・と思いきや
東京にいってきました。ドタキャンばかりするチュニジア人やリビア人に日本人として辟易し続けたので
よっぽどじゃない限り1ヶ月前に約束したような予定をキャンセルや変更しないようにしています。

それが、最近、自分の首をしめる・・・・・。

 自分の一ヶ月前に決めた予定を動かさなくても、チュニジアからの荷物をはじめ、周りの予定が勃発的+流動的すぎて、、、異常に時間に追われています。異常だ。

ちなみに、リビア人とかチュニジア人はやたらと
こちらが勝手に指定した締め切りの其の日くらいに
    「あかんかったー」
    「できなかったー」
   「やめたー」「お母さんが病気になったから途中でやめて放置したー」
「お母さんが壊したから全部おじゃんになったー」


とかやってくれますよね。偏見ですが、ウガンダ人とかもそうでしょうか?
「明日やるよ」というのも、1週間後とか、3週間後とか1年後、とかやらない・・・とかが多いので、明日やるよ、といった人があさってくらいに答えをだしそうか、というのをある程度見極められる技術を身につけるのが得策ですね (なんの?)

さて、9月14日~20日はなかなか遠出、堺の北花田阪急デパートの2階の催事広場にでています、
が!!! 
 ギャラリー=>+店はあいています。

月曜日、9月13日もひたすら梱包作業をしています・・・・久しぶりに井川青年もかえってくるようです。


 ここ最近、お客様に・・・・大変お世話になっています。
常連様、、それぞれ梱包を手伝ってくださり、、私たちのランチを買いに行ってくれ、イチゲンさんの接客(特に赤ちゃん連れ)、モデルもさせられ、、、検品チェックも参加させられ。。。。
心当たりある皆様、本当に本当にありがとうございます。とても感謝しています!!
a0141134_0164279.jpg

[PR]
by daryasmine | 2011-09-10 23:30 | 店舗からお知らせ

ペディキュア KL やってもらう時間ができた

 とうとう、つきました~!

というのはカルゴ、7月30日までに到着するはずの夏+秋商品が・・・・・

そして、私も今朝戻りました、短距離(6時間クラス)の夜行便の飛行機が一番体に堪える。
昨日の朝(9月3日)、朝食に行く前・・・
シンガポールのオーチャード通りのYMCA(超おすすめ、ロケーション、サービス、料金、さわやかさ)で愕然となる。若干冷汗(いつも)


バスがない、またもや。めぼしをつけていた国際バス会社に適当に電話したら
全部満席。かえれん。ハリラヤ(ハレルヤに似てる・・・ラマダンあけの祭日)の終わりで、
人々が大移動している。こないだジャングルのクアラトレガヌいったときも、すごかった。

ということは、JB(マレーシアのジョホールバル)まで、てこてこ、バスとMRTを乗り継いでいって、これはまた靴擦れがおきるつらい行程・・・そこからバスを探すか?
鉄道は3本、20時前後にKLに到着する便があるが、遅れたら夜に飛行機に乗って日本にかえれない。

バス会社のリストの、、今度はしたから電話をはじめる、ようやく
一軒、「どれにのりたいの、9時半? あるわよ、いついつ?」というのがあったが、
ひどい無愛想。9時半って今8時45分だからまにあいません・・・「10時半はどうですか?」
「あんた、オフィス、きなさい、そしたらわかるから」
「ひょえええGOlden Mile Complex?」
「そうそう」

というわけで、シンガポール=マレーシアの国際バスがいくつか発着しているバスステーションにタクシーでいってみる。10時25分。
「あんた、10時30分のる?」
「えええ、のるのる!いくら?」「65$」
「高い・・・でものる」「あんた、1階よ、いい?」「いいいい、何時間でつく?」「5時間」「おおおお」
(鉄道だと7-8時間、遅れる)

隣にきているダブルデッカーバスに飛び乗った。
1階全席(4席)按摩椅子。どこでもかしこも按摩椅子があるなーと思っていたがここでも按摩。
リクライニングシート、目の前にスクリーン(近すぎて酔った)、
WIFI ありとされ(でも、何度やっても使えなかった)
ステップ1-6の按摩で遊んでみる。バスがゆれてるのか、按摩が揺れてるのかわからん場合が多い。


かわいいマレー人のパーサーがやたらとアナウンス
「Ladies and Genetleman!! もうすぐシンガポー側の国境です、荷物はぜんぶおいていってもだいじょうぶです~、バスから降りて・・・・」

ランチサービス、お茶サービス(いつもアマアマミルクティー)、ぽこぽこ来る。
「さすが65$~」
国境のイミグレーション、シンガポール、マレーシア側ともスムーズ。
(行きもそうだったけど、ここの国境みな風呂上りに少しアイスクリームを買いに行くかんじでスタスタ歩いている、通勤が国境超える場合がほとんどみたいですし)

クアラルンプールになんと16時前についた。しかも本拠地ブキビンタン近く。
「こりゃたまらん、歩いてホテルに帰ろう」
その後、レイクガーデンの取材ができてない、いってみよう・・(イスラム美術館は圧巻。お金にまかせてすばらしいコレクション、アジア、中東、トルコからの中世のイスラム美術工芸品)
しかも、その後あと1.5時間暇だ。
「マッサージはやりすぎたし、マニキュア+ペディキュアを簡単にやってもらおうーかな」
近所のサロンに入る(サロンが多すぎて迷う)
「時間かかります?1時間くらいで、両方やってほしいんですけど」okok laaa
それで、靴はいていったのが大間違い。

またまたミャンマーのかわい女の子たち(やはり難民といわれているみたいですね)、、
女王様のように二人がかりで手足、全身マッサージやら、クリームやらつめの周りのケアを施してもらう、45分以上かかり最後時間がなくなってくる。

 靴をはいてホテルに戻ると・・・・せっかくの足の親指のペディキュアが、ぐちゃ。

その後、「Manoj さん、あんた、どこ? KLセントラルまでのせていってくれますか?」と電話し
(マレーシアでは外人はまともにメーターを使ってくれる安いタクシー(青色ではない)に出会えるのはとてもレアなので、マシな人のナンバーをもっているのがおススメ。

 「はいじゃあーねー、あんたがイギリスにいくの、応援しているよ(奥さんをおいてイギリスのサッカーを本場でみたいらしい)」「君もまたくるといいよ」「仕事あればねえー」

 そのまま夜の23時45分に飛んで、今朝7時到着でした。 
[PR]
by daryasmine | 2011-09-04 16:30 | 店長のひとりごと

鳥かごどす

 鳥かご・・・・・・、当店の鳥かごをつかってくださった素敵なインテリア。

 
インテリアスタイリストの山川直子さんの家です。=>

 影がやさしいんです、とても素朴、少しひんまがったワイヤーも素敵。

 鳥かごどうぞ~ チュニジアの鳥かごどうぞ~ =>
[PR]
by daryasmine | 2011-09-03 11:39 | 店舗からお知らせ

オリビエ、世界一周

 ダールヤスミンの茶屋スタッフだったオリビエ・メナジェ氏が9月5日より世界旅行に旅立ち・・・
いったんパリに戻ります。まずは上海、そしてアメリカ。

 ありがとうございました!!

オリビエ=> 年末年始は作業したなー、ネットショップのところでよくモデルになってもらっています。
彼の息子さんのひとりは東京で本物のモデル!らしいです。画像もらえばよかったなー
[PR]
by daryasmine | 2011-09-01 17:29 | 店舗からお知らせ


お店情報、海外文化 旅行のヒント 内容満載の武庫之荘ダール・ヤスミンのブログ♪


by daryasmine

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
店舗からお知らせ
HOME Dar Yasmine
店長プロフィールと事業案内
外部イベント&催事参加ご案内
過去の催事&イベント参加
ギャラリーと日本の作家さま
チュニジア ニュース
メディアに出ています!
武庫之荘おすすめ
店長のひとりごと
お客様の声
ギャラリー開催中
未分類

ブログパーツ

Tunisie PLUS

ガイドブックや歴史本ではよくのっていない情報をご提供、ずばりチュニジアの暮らしの手帳2 
ダールヤスミンのホームはこちら!


トラベルサン  のメンバー物販部

お問い合わせはこちら
info@daryasmine.jp

外部リンク

以前の記事

2018年 11月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ

イスクラ

最新のコメント

経歴詐称の顧問さんにもフタ
by 通りすがりの通りすがり at 23:43
行商お疲れ様です(^^)..
by 枕屋たなか at 22:26
盆踊りの塔は「櫓(やぐら..
by 枕屋たなか at 00:26
ありがとうございます、パ..
by daryasmine at 22:44
超お久しぶりですー! 昨..
by daryasmine at 00:21
東京の百貨店でも催事です..
by 枕屋たなか at 09:02
きゃー(/_;) イベ..
by 枕屋たなか at 08:50

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

ギャラリーのお知らせ 稲田 ..
at 2018-11-28 17:52
幸せを呼ぶ鳥かご
at 2018-08-10 00:17
8月催事とお休みのお知らせ
at 2018-08-08 17:41
そのうち乾く・・・・ベルベル..
at 2018-08-06 01:01
業者の皆様へ/ 卸・取材・現..
at 2018-08-01 23:12

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
雑貨

画像一覧