人気ブログランキング |

<   2020年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ナブールに行ってきたお話〜その2:い草織り編

その!:陶器編のあと、コロナウィルス感染の世界的状況に飲み込まれ、まさかの事態に・・・
この経済的打撃は計り知れず。民芸の職人さんたちが案じられます。

陶器と同じく、ナブールはい草の織物でも有名。元々はモスクでの礼拝に使うゴザを作っていたのをバッグなどに転用したり、形を変えて発展してきました。

女性しか織らないキリムとは逆で、い草は男性の仕事。キリムは各家庭での内需ですが、い草製品はモスクでの必要品として、その生産が職業として発展してきた経緯がここにも伺えます。

ナブールの目抜き通りに軒を連ねて目立つ陶器屋さんにくらべて、い草織りの職人さんたちは表通りから一本も二本も裏通りへ、何度か曲がって入り込んだ奥で、ひっそりと作業していらっしゃいました。

入り口近くでは、材料のい草の選り分けなど、準備をしています。

ナブールに行ってきたお話〜その2:い草織り編_a0141134_20312769.jpeg


表面がつるつるしていてもそれなりの硬さと長さ、よくないものをより分けたり揃えたりするのもなかなか手間がかかります。

奥では、機織り機を展開して床一面に広げたような形での織りの作業。

ナブールに行ってきたお話〜その2:い草織り編_a0141134_20413326.jpeg

ナブールに行ってきたお話〜その2:い草織り編_a0141134_20504283.jpeg
建物は古く、だだっ広く、冷暖房設備も見当たらない・・・ラジオでコーランやニュースを聞きながら、一日中こうして座って作業するのは立ち仕事とはまた違った体の負担がありそうです。硬いい草をピンと張った縦糸(それも太い)に通し、締める、の繰り返し。どこの工房覗いて見ても、年季の入った職人さんが多く見受けられました。


ダールヤスミン で案内しているとおり、柄や模様、文字などを織り込むための、色を染めたい草も。


ナブールに行ってきたお話〜その2:い草織り編_a0141134_20592418.jpeg





ナブールに行ってきたお話〜その2:い草織り編_a0141134_21001044.jpeg

出来上がったものばかり目にしていると、綺麗にできているのが当たり前、と思ってしまいがちですが、こうして実際に織っているところを目にすると、背景や時の流れ、ご苦労がひしひしと伝わってきます。


全世界的に難しい状況に陥ってしまいましたが、この伝統の技術が次の世代にも伝わって、生産が続けられること、この職人さん方がお元気で働き続けられていくことを願ってやみません。

賑やかな表通りからはかけ離れた、住宅が並ぶ静かな路地。古い町並みの中の、さらに奥まった工房の空間は、なんだかタイムスリップでもしたかのような味わいがありました。

ナブールに行ってきたお話〜その2:い草織り編_a0141134_20375973.jpeg
ナブールに行ってきたお話〜その2:い草織り編_a0141134_20354215.jpeg
           おネコさまが堂々と使用中。



s

by daryasmine | 2020-06-25 21:15

チュニジアのコールセンター

 ヨーロッパの真ん前にある、この小国、そして多言語国家のチュニジアは「コールセンター」大国といわれています。

 ヨーロッパのリサーチ会社、マーケティング会社なんでもこちらからヨーロッパじゅうに電話してして、しまくっているようです。その点において雇用拡大、特に女性の雇用を提供しててすばらしいと思います。在庫もいらない。デスクにすわって話すだけ。安い+比較的簡単に言語能力の高い人材が得られます。

 周りの女の子が仕事みつけた、ときいたら90%がこれ。ダブルワークした、ときいたらそのひとつがこれ。
義理の妹のスマヤちゃんもときどき夜の部でスペイン語かポルトガル語をつかうアンケートの仕事、南米に電話したりしていました。数か月で辞める人があとをたたず、どんどん入れるのもこの産業なようです。

 小さいころからテレビでフランス語だけでなくイタリア語、ドイツ語、などにもよくふれて、習いにいってなくても
イタリア語ぺらぺらのチュニジア人にはよく出会います。
 日本語を勉強したいという高校~大学生なんかは、英語とフランス語がまず完璧。

 うちの民泊に去年の夏2か月住んでいた自殺願望の強いイタリア人のジャーナリストのアンジェリカはこのコールセンターの記事を書いているといっていました。自殺願望が強いのにわざわざチュニジアにきて、コールセンター関係者にインタビューをしているといっていましたが‥‥どうなんでしょう。

 さらにいくつかのコールセンターは数か月働かせて、無給。そのまま本人が嫌になるのをまって、そのままギャラを踏み倒す手法があるそうで、そこもチュニジアらしさ満点。私企業や公務員でも働き始めの数か月~6か月は給料がでないことが多いそうです。友人の何人かはインターンシップを転々として、無給の仕事ばかりやっていました。本当に
労働市場供給過多需要が少なすぎるんですね。コロナでも踏み倒しにあった友人が3日前家にきていました。ちーん。

 
 



by daryasmine | 2020-06-19 08:37 | 店長のひとりごと

うちに出入りしてくれるチュニジア人‥‥

 昨日肉離れをやってしまい、今日は11~14時くらいまではクリニックとエコーでした。

2~3月に南部を一周したかったのですが、コロナ騒ぎであきらめ、いよいよ県外移動OKとなったら
もう南部は40度ごえが普通。あきらめて本日いすゞでガフサ県のスネッドという村からキリムを運んでもらいました。
100人近い女性の手織りキリムを一気に集めている集積所夫婦です。
「あんたのためにいくからね。」
「あんたのためだけにいくんだからね」
と釘をさされ、夜中1時に彼らは夫婦は出発。チュニスに8時に到着。
家すべてのキリムを運んでもらい、もってきてくれたほとんどのキリムをひきとる。(超フェア)

 カルフールでかったレモンタルトと、義理の母ちゃんお手製のお菓子数種とお茶を夫が出してみる。
ほとんど手をつけない。
 さらに、彼女は夫兼ドライバーの前でお金をくれるなという。支払いばっかりなのに大金みせちゃだめ、って。
私、ここでまた「ほえええ」

 病院がすべておわって、14時頃こんどはチュニス最大規模のプログラミング学校出身の2名がやってくる。
麦茶、ごくごくのんで、レモンタルトをほおばり、おいしい、つくりましたか?という。いえいえ、カルフール。
テーブルにあるものはいろいろ手をつけてくれる。
 会話ははずみ、楽天への道すじ、一人の青年は東京世田谷の楽天に採用がきまった、もうすぐ日本にいくんだと。
チュニジアの政治から、チュニジア中のコスプレファンのほしいもの、アニメファンのほしいもの、
今はやりのアニメ‥‥

 そう、民芸業務などでうちに出入りしてくれる人々はコスプレのコの字も、日本文化にも興味なく、
チュニジア語のみで村の状況、仕事の進行状況などを話して帰っていく。
 こんどは、「日本」というキーワードで出入りしてくれる人々のほとんどは3-5か国を解し、
日本語もよく知っていて、チュニジアのあらゆる現象を大笑いしながら話す。
「大統領演説?誰がわかるんだよ、あれ?俺たちもききとれねぇよ。何言ってるかわかるやついるのかな?
ヤツはシャイなんだよ。ロボットみたい
に話すのがいいと思ってる。カリスマもまったくない。」
 彼らは簡単にEU諸国のインターンシップの仕事をみつけて飛んで行ってしまう。頭脳流出。

いつも思います、別の国の人々みたい。


by daryasmine | 2020-06-13 07:18 | 店長のひとりごと

公務員オフィスの事実 ヤスミン・ハマメット Yasmine Hammamet

 英語やフランス語、ひいてはアラビア語では書いてはいけないことがたくさんチュニジア生活ではおこります。
(名誉棄損であとでぶっ殺されそう)
マイナー言語で勝手にブログレポみたいにできるのは、最高です。
事実は小説よりずっとずっと面白いです。

 昨日、弊社のメンバーに夫(チュニジア人)の状況を聞かれ、自分が話しているうちに
面白いことに気が付き(基本的にマヒします)ここに打つことにしました。

 彼はヤスミンハマメットの観光局直属のオフィスに仕事にいっていますが、仕事環境が
はっきりいってめちゃくちゃです。
ボス、支局長はもめてもめて1年ごとまたは1年以内にかわる。一番最近で一番マシというそのボスは冬 自分の車がスースで燃やされて、その事故処理と家族を守るためにオフィスに来れない日が続いていました。
 同僚、ホテルのインスペクターはどんどん消える。もともと5人いたようですが、Anasさんが異常に意地悪で、仕事をかき乱し、あることないこと同僚の悪口をどこかにいいふらす、すぐに病気になって医者の証明書もってきて長期休暇をとるので嫌気さしてSとN はチュニスのヘッドオフィスに陳情をだし、チュニス勤務になったのが2年前。
さらにもっと意地悪な会計担当とAnasさんがバトルになり、会計担当のAnasより意地悪で悪人が訴訟をして勝ち、
Anasもチュニスのどこかのオフィスへ移動。
残ったのがこれまた人の功績や人が残業した分を自分のものにして、給料や有休追加を申し立てるおばさんで、糖尿病の「免状」をもっているゆえいつも基本休み。夫はひとりで5人いた分の仕事をしているそうです。

今は欧米から戻ってきたチュニジア人の収容所と化しているホテルのインスペクションと
なぜこの時期に?といった新規オープンするホテルの書類整備。
チュニジアのリゾートホテルは敷地面積が広大というか1km以上あるので、3軒インスペクションするだけで
足から血がでるそうです。なぜ、運動靴をはかないのか?といつも聞いていますが公務員は背広に革靴でないとあかんそうです。。。。。。

 きわめつけに。コロナ最中、ラッキーな自宅待機中4月にofficeのパシリの同僚が自宅で首つり自殺したというニュース。
(パシリでなく庶務ですが。)お子様が大好きでいつも子供の話をしていたが、奥様に無理やり離婚されて、子供と遠くなって絶望したのが原因とか、夫の解釈です。5月になって夫のヘッドオフィスへの用事がほとんど彼の自殺のあとの処理になっていました。
 
 さらに。夫の理解者、もっとも話ができたオフィスの総務のおばちゃんは腎臓病がひどくなって仕事にこなくなったそうで、、、

チュニスのヘッドオフィスでも有名になっている恐ろしいこの惨状に誰も介入しないとか。
 ああ、気の毒。なによりしょぼすぎるひ公務員が守られすぎている!!!!!!

by daryasmine | 2020-06-11 16:59 | 店長のひとりごと

ジャスミン革命の発端の地、シディ・ブ・ジッドへ

 チュニスから約280km、シディ・ブ・ジッドの街中まで朝5時におきて往復した。コロナ騒ぎで県外移動禁止になって以来である。視力検査によくでてくるような景色、空が広くスパーンと地平線が見えて、右も左もどこまでも見渡せる景色。オリーブの木々が等間隔に植えられている。ときどき岩山が現れ、殺伐とした自然の中にポツンポツンの民家が見える。

 この280kmの往復560km中にもっとも目にするのはISUZUのトラック。80%がメロンとスイカの運搬車、ほか20%が玉ねぎ、赤いピーマン、アーモンド、牛、引っ越し荷物。国道沿いにまたメロンとスイカのスタンドが圧倒的、ときにアーモンドのお茶の小屋が20軒続き、タブーナと呼ばれるパンとお茶のボロボロテントも20軒続くゾーン、羊の焼肉ゾーン、マクルードゾーン(デイツ餡のドーナッツ)が数回がある。シンプルで、だれもほかのことをしない。ゾーンに入るとみな延々と同じ店。延々と同じメニュー。

 昔はどこもかしこも、なぜ同じことしかしないのだろう、一人だけ違うものを売ったら、メニューをかえたら儲からないか?もったいない、などと思ったけど今は頭がすっきりしていい、シンプルでいいかもしれない、もったいないなんて余計なお世話だろうと考えるようになった。常にチョイスがない。商売のクリエイティビティはゼロ。隣の人がやっていることを同じようにやる。サハラからシロコという熱風が来ている日も、恐ろしく寒い日もほとんどかわらない。今日みたいにうだるような熱い日もお姉さん、子供、おじさん、が国道沿いにたつ。根性はすごい。

 そしてISUZUのトラックや大型運搬車がとまってそれぞれまったく同じお茶をもらう。同じパンを買う。行きつけの焼き肉店、マクルード(ドーナッツ)の店に寄る。需要と供給は一致しているのか。よそ者がとやかくいうものではない。

 熱さと運転は疲れるけど、頭がすっきりするのはこういう長距離移動のことをいうもので、視界に入ってくるものがシンプルでわかりやすく消化しやすい。広い広い空と平原またはオリーブ畑、そして岩山。今になって時空を超える長距離移動は心の換気だと思うようになった。私の中では200km以上。「旅」と意識して出かけるとさまざまな出会いと学びや発見が期待されるけど、単なる長距離移動、出張も日常の生活でよどんだ思考や意識のほこりをさっぱり吹き飛ばすもんだと、実感した今日。

 革命の発端、モハメド・ブアジジさんが焼身自殺を図ったのが、このシディ・ブ・ジッドの町、市役所前で、何度か一度いってみたいといわれお客さんを案内したことがある。毎週土曜日の午前は市がたち、活気はあるようにみえるが、やさぐれた雰囲気がいつも漂う。地中海沿岸沿いやサハラ地区とは異なり、町開発、リゾート開発からも取り残された農業中心の保守的な内陸の町。革命のあと大統領3回かわっても何もかわらない。

 私はこれからもお客さんに「町としては何もないですよ。ブアジジさんの碑を見て、焼身自殺があった市役所前を確認するくらいですよ。でも、オリーブの木の加工工房はありますよ。。。」って言い続けるんだろうなぁ。


#シディ・ブ・ジッド 

#Sidi Bou Zid

#Mohamed Bouazizi

#ジャスミン革命 

#オリーブの木のキッチン用品

#チュニジア

#Tunis


by daryasmine | 2020-06-07 05:09


お店情報 チュニジア暮らし 旅行のヒント 内容満載の武庫之荘ダール・ヤスミンのブログ♪


by daryasmine

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
店舗からお知らせ
HOME Dar Yasmine
店長プロフィールと事業案内
外部イベント&催事参加ご案内
過去の催事&イベント参加
ギャラリーと日本の作家さま
チュニジア ニュース
メディアに出ています!
武庫之荘おすすめ
店長のひとりごと
お客様の声
ギャラリー開催中
Staffのひとりごと
未分類

ブログパーツ

Tunisie PLUS

ガイドブックや歴史本ではよくのっていない情報をご提供、ずばりチュニジアの暮らしの手帳2 
ダールヤスミンのホームはこちら!


トラベルサン  のメンバー物販部

お問い合わせはこちら
info@daryasmine.jp

外部リンク

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
more...

フォロー中のブログ

イスクラ

最新のコメント

行商お疲れ様です(^^)..
by 枕屋たなか at 22:26
盆踊りの塔は「櫓(やぐら..
by 枕屋たなか at 00:26
ありがとうございます、パ..
by daryasmine at 22:44
超お久しぶりですー! 昨..
by daryasmine at 00:21
東京の百貨店でも催事です..
by 枕屋たなか at 09:02
きゃー(/_;) イベ..
by 枕屋たなか at 08:50
4月は関西にいますのでぜ..
by daryasmine at 13:53

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

コモンズの悲劇‥‥この国どこ..
at 2020-07-01 03:23
ナブールに行ってきたお話〜そ..
at 2020-06-25 21:15
チュニジアのコールセンター
at 2020-06-19 08:37
うちに出入りしてくれるチュニ..
at 2020-06-13 07:18
公務員オフィスの事実 ヤスミ..
at 2020-06-11 16:59

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
海外生活

画像一覧