人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
ネロリ
 ネロリ、チュニジアといえば、アロマテラピストが思い描くのがネロリ

ネロリです。

 私のネロリ1kgへの想いは少々長いです。
 チュニジア2年目(2004年)で、ネロリを求めるアロマテラピー好きのお姉さんと対話し、ビジネスマンのお兄さんと話す中で、「自分で探さなければならない」と思い始め、まさちゃんと旧市街の香水スーク(スーク・アテリン)をしらみつぶしにあたり、

 「旧市街にあるネロリは全部まがいものだ」が結論

工房に直接あたらなければならないと、ミリアムと工房探しで走り回ったのが
3年目。みなサンプルをくれるけど、最終的に商談にならない(私の希望がまず1-5kgだから)
サンプル集めだけにおわったのが3年目。

5-6年目は農家と専門家探し。チュニジアにはバイオの研究者で
蒸留+精油を抽出するよい設備をもった研究室・・・・信頼のおける研究者などなど

長い長いやりとり(無駄におわったものが98%)を追え
とうとう2009年秋、ネロリ、ローズ、ジャスミン、商談の合意まで終えて
さて、日本へ、と来る寸前にドタキャンされる。

やはり、元きた道にもどり2月に予約、3-4月の花の収穫期に押せ押せ攻撃、
3月失敗、そして4月1kg獲得!!!!!!!

やっと獲得しました。

というわけで、2010年4月に1トンの花を蒸留した、できたてほやほやの
ネロリが、今お店にありマース

こんなネロリ、日本でないですよ。

ちなみに、ネロリなんて、フランスやイギリスの会社の専売特許。
現地の人は原液なんか高くてかわないし。
みなドカンでどこどこ売られていきます。

花水は3-4月簡単に手に入りますが、ネロリにするのは恐ろしく大変な作業なので
農家はやりたがらない。
1リットル蒸留したらその上澄み液1-3mlしかならないんです。


引き続き花のシーズンを狙って押し続けます。
# by daryasmine | 2010-05-03 16:37 | 店舗からお知らせ
ネロリのクロマトグラフィー chromatographie
ナビハNabiha 教授から、クロマトグラフィーをいただいておりましたので、ここで公開
このたびのネロリNéroli です。

花は500kgにわけて蒸留、精油を採取しましたので2枚あります。



ネロリ500ml  Huile1

ネロリのクロマトグラフィー chromatographie_a0141134_055983.jpg


ネロリ500ml Huil 2
ネロリのクロマトグラフィー chromatographie_a0141134_0552559.jpg


成分分析表となります。
ネロリのクロマトグラフィー chromatographie_a0141134_055408.jpg



リモネンLimoneneの数値が大変重要。ご存知と思いますがフランスの香水業界をささえているのは
チュニジアのこういった精油、閉鎖流通で流れていきますが、柑橘系のフローラルなにおいはすべてリモネン
入っていますね、成分表みてみてくださいね。
# by daryasmine | 2010-05-02 00:44 | 店舗からお知らせ
サブラタ
地中海世界でもっともうつくしい劇場跡が残ります、とはいってもイタリア人が上手に修復したからではありますが、それでもレリーフ、もざいく、すばらしい。ローカルガイドの水準が高く、安心してまわれます。夏は灼熱、そこらへんの
うみでのんびりがおすすめです。
# by daryasmine | 2010-05-01 12:31
サブラタ
地中海世界でもっともうつくしい劇場跡が残ります、とはいってもイタリア人が上手に修復したからではありますが、それでもレリーフ、もざいく、すばらしい。ローカルガイドの水準が高く、安心してまわれます。夏は灼熱、そこらへんの
うみでのんびりがおすすめです。
# by daryasmine | 2010-05-01 12:31
五彩手書きラーレ食器
五彩手書きラーレ食器_a0141134_1143530.jpg

こんにちは
ゴールデンウィーク
いかがお過ごしですか?

今日は作品のご紹介

トルコからやってきた
五彩で描かれた食器達です

ひとつひとつ絵柄が違いじっくり一枚一枚見比べながら
お気に入りをみつけるのはモノ選びの楽しみ♪

モチーフになっている花はラーレ。
ラーレとはトルコ語でチューリップです。

元祖オスマントルコの花ラーレ

トルコ人がこよなく愛し

どの戦争にもどの遠征にももっていった花、
そして愛や優雅さなどの象徴。。。

日本でも少し前まで
ラーレが咲き、春を彩っていましたね。

チューリップといえばオランダやカナダが有名ですが
その王様達に球根を送ったのも
トルコの王様なのです!

ラーレ、トルコ語ですがアラビア語になおして、文字列をかえると
アッラー、神様になります。ここでスペルできないのが残念!

お皿一枚とっても
こ~んな奥深いお話があります。

お気に入りの一品をみつけていただきたいです
# by daryasmine | 2010-05-01 11:43 | 店舗からお知らせ