人気ブログランキング |

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
春の強風、家の修理
 3月20日はもうすぐ、「ヴァンマルス(3月20日)」は独立記念日です、なにもしませんが、公立の学校は春休み、
革命後はチュニジア人の家族連れが国内旅行を楽しんでいましたが、今年はどうでしょう。
気が付いたら18年北アフリカ、中東と日本、アジアを行き来しています。

この時期はサハラからの風、強風が吹き荒れます。いつも気にしていなかったのですが、
今年は、、、家の屋根の修理のおっさんが毎日くるはずなのに、強風か雨でこない、、、毎朝8時に待ってるのに。
毎日、前の晩「明日朝ね」と連絡きて、次の朝こない。
10日前に修理スタート!と大家と締結したのですがまだ二日しかきていません、家二階の半分の壁が落ちてきていて、ゲスト用のシャワールームは
ベロンベロン。腹が立って去年の12月から家探しをするも、いっこうにきまらずしぶしぶ修理を決定しました。
毎週土曜日の朝9時に不動産屋のキラキラ姉ちゃんと物件をみるのですが、
でかすぎる(4階建て)=高すぎる、またはプールがでかすぎる、または庭が狭すぎる、ちょっと不便(まともなスーパーが歩いて8分以上だと無理)。
大家はケチを絵に描いた爺さんで、すぐはじめるから修理代はあんたが払え、と夫に連絡をよこし、
夫はまた絵に描いたお人よしなので「50%ならどうか?」と何度もいいそうになって、必死で阻止
私が、「家の屋根と崩れた壁はなにがなんでも払わない、持ち主が対処する問題である。しかし、汚したところは払う」と5-6回連呼して
勝った。外人おばちゃんの迫力勝ち。
ここにいると、ロジックがあまり通じないので、迫力勝ち(顔芸+ジェスチャー)、しつこさ、連呼、なにより大声がものをいう。

さて、3月の貨物が出荷できました。催事イベント、本日は東京、4,5,6,7月用意しています。
東京, 鎌倉の エシカル屋さん→
コロナでやはりいろんな工房が困っていて、「買ってくれー」というので、人道支援を謳っている私(我々)は
買いたいが日本の在庫をなんとかせねば、と昨日からいろいろなセールを打っています。SNSなどでご案内していますので
なにとぞよろしくお願いいたします、
ラマダンがもうすぐでラマダンの用意ができない貧困家族がたっぷり増えたということで、こちらのNGOが支援金や支援物資ももとめています。
こちらのラマダンの過ごし方に疑問は少々残る家庭が圧倒的ですが (断食しても、結局夜に食いすぎだろうという)

3月の阪急梅田の催事は1-2月とうってかわって、主戦力はトルコのOYA刺繍、レース編みです。
なんといってもアクセサリー大会。9F3月24日~29日になります。
展示販売させていただく商品はまたSNSでご紹介していきます~

余談ですが、トルコ語レベル2になり、大変苦戦しています。レベル1はテストだけいえば余裕のよっちゃんでしたが、
レベル1でしっかり覚えなかった語彙力が今問われ、若いチュニジア人女子圧勝。わたくし寝そうになりながらチンプンカンプン
CPUがまあまあいけるパソコンでもメモリーが少なすぎて、動作鈍りまくるという現象は、、、弊社の店舗でありましたが
ちょうどいまの私がそうです (CPUがまあまあいけるって自分でいうのは、日本語とトルコ語が似ているから、アラビア語起源の人よりものわかりがはやいう意味です、しかし膨大な語彙が頭にひっつかないので、、、、大涙。あと復習する暇が0)
トルコもそうですが、チュニジアも民芸&手芸職人さんたちはほとんど外国語を解しません、現地語を覚えないと誰かに頼らなくてはならず、
頼っていたおっさんたちが余裕なくなったので、がんばりまーす。

 


# by daryasmine | 2021-03-18 20:30 | 店長のひとりごと
ほっこりするテーマ 犬のいる暮らし
 わたくしは大昔から、どうやらほっこりする話が苦手かスルーのようで、
犬2が家にいて、FBで犬姿までUPしているにもかかわらず
ブログの人気のテーマ投稿💛「犬のいる暮らし」などをガン無視していました。
社会問題、えげつない話に吸い付いてしまい、すぐ話題にします。気が付いたら週刊新潮の「早刷り」が毎週送られるようになってました。
早刷りいただいても、すぐ読めてないのですが、その辺のきれいな小説はもう読みたくない、、、充実感があります
日本にいても雑誌ならおっさんの週刊誌が一番好きみたいです、、、ファッション雑誌を知らなさすぎてスタッフ関係者に何度かしかられました
(早刷り読まれたい方、送ります!(苦笑))

さて、そういう自分を戒めて、ほっこり犬と赤ちゃんの話題。
たまちゃん約2歳は、ジョン(たぶんレトリバーコーテッド3歳)、みずえ(アラブ犬6歳、子供も赤ちゃんも苦手、または大嫌い)
とともに大きくなり、
ジョンがまずお姉さんとして過ごしたので?ジョンが大好きなボールが大好きになりました。(子供はみなボールが好きかも?)
ジョンにボールを投げる、ジョンがボールを取りに行く、大喜び。
ジョンがなんでもかんでもぺろぺろ舐めるので、たまちゃんもテーブルやいすやだれかの服を舐める「やめてー!きたない!!」「やめなさい」
ジョンがどこでも寝るのでどこでも寝転ぶ「やめなさい、あんたは人間の子なんだ」(今は反抗期でじたばたで寝る)
ジョンが横たわっているところに馬乗りになり、ゆっさゆっさする「そうね、人間の子だからね」
ジョンがたまちゃんが持っているクッキーを奪い取る。怒り狂う。
たまちゃんは食べこぼしだらけなので降ってくる食べ物をジョンが掃除機のように吸い食べる。ときどきジョンの頭や体にべっとりヨーグルトやプリンが。
ジョンはたまちゃんの食べ物ぐちゃぐちゃついた手を激しく舐める、「だめ、ジョンはウンコでもなんでもぺろぺろするんだから!!!」
ジョンは30KG、たまちゃんは15KG、ちょっとペロペロ攻撃にあうと押し倒されている、または壁やドアに体ぶつけて泣いていたたまちゃんでしたが慣れました、強くなれ。。。。

今日は日本に帰る飛行機をみていましたが、6月はまだエミレーツのデータがでません。6~9月帰国予定です。
わたくしが日本に帰ると、夫と夫の家族が犬2のご飯を用意してくれますが、基本的に毎日パスタとソーセージを煮ただけになります。
分量が必要以上、必要の2-3倍、ぶくぶくぶくぶくぶく太って、夏をこえてチュニスに戻ると二匹はバルーンに。
もどった私が食事当番になると、今度は野菜生活、さまざまな葉物、コメなどが入ります。毎日違うもの。
今日はカブ、べすべすの葉っぱ、ニンジン、豆、パスタ、小魚、米粉、チョリソー、豚の残りまぜました。残り物芸術
犬たちが私を見上げる顔が毎回面白いです。
「え…、これ、たべるんすか?」

という動画をまた投稿できる努力をいたします~

# by daryasmine | 2021-03-12 04:46 | 店長のひとりごと
夫婦喧嘩
国際結婚というのは、、とあらためていってみまして、
最近友人たちと数人議論をかわすことがありました。
議題が援助国際交際→結婚が世界中にある。
アジアのリゾートに足しげく通う欧米人、日本人、韓国人と結婚、または重婚した現地の若妻。
そして、チュニジアやアラブの髪型モヒカンだらけの若造と結婚した欧米のおばちゃんたち(日本人もいる)。自国に呼ぶためにビザをとってあげる。
これをどこまで「人生一緒にやっていく気で、12%でも愛があるのか」という境界線を引くのは本当に難しいですよね。
男の子たちは自国からでたくてしょうがないし、海外で箔をつけたい。結婚はひとつのパスポート。
大半をセックスツーリズムという人もいるようです
最近までは旅先で出会うので、旅先結婚って勝手によんでいましたが、今はネットサイトですね。マッチングサイトだけでなく、
言語交換フォーラムみたいなところで意気投合らしいです。

コロナ前までは旅行滞在中に、欧米人や日本人などが現地に住み込む決意、現地のコと意気投合して現地ビジネスイケイケの場合もあります。
年いった欧米の旦那さん(祖国では労働者階級とか?)をかいがいしく世話するフィリピン人妻とか、ベトナム人妻とか見たり聞いたりしていると、それもありかと思う。。。このごろ。お金の流れがあったとしても、、、。

ただ、最近えぐい、本当にえぐい結婚レポ―トがYOUTUBEにあがっているようで、イギリスのおばちゃん50代と20代のカタール人、チュニジア人うんうん。顔をあわせて90日以内で結婚してそのあと1か月以内で男性から離婚の申したてなど。。

わたくしがとても興味あるのは、先進国出身の人が未開の伝統バリバリ途上国の村に住みこんで結婚する場合です。
アバータ~の映画とおなじで、いろいろ生きてきた価値観を捨てなくてはなりません。どんな小説よりも面白いだろうなぁ。
文化人類学者であるべきか、彼らとタイアップするべきですね

私の今の夫は超庶民出身の公務員のチュニジア人で、漫画とアニメを見て育って少し日本人の生活に理解がありますが
「たまちゃんの歯磨き? そんなんしなくてだいじょうぶ」
彼がご飯つくると「あんた、我々今日は2人だけど」(必要人数の4倍以上つくる)どっかーんと目に見える量がないと不安。
彼が買いものにいくと野菜全部2-5KG 以上買ってきて私がキレる。イチゴ15KGフレッシュだといって買ってきてた。
「フレッシュなものも4日後はフレッシュじゃないんだけど。」
彼がつくるものはすべて揚げ物またはオイルびちゃびちゃなもの。
「僕はなにがなんでも魚は食べない」
国際結婚はそりゃ「誰かは」ウキウキハッピーが3か月つづいても、知見が広がっても、ユーモアが絶妙にあったとしても、
なにか猛烈に尊敬できても我慢の連続ではと思うのであります。

わたくしの国連職員の友人たちはみな国際結婚、どこかの現場の出会いのため、年に数か月しか一緒にいない。
お互いの休暇のたびにお互いがいる国を往復する、、、、これ理想のひとつ?!









# by daryasmine | 2021-03-10 22:30 | 店長のひとりごと
近所の人は家族 貧困悪化
コロナ嵐で移動が難しくなっていたので、ますます夫も私も近所の人とべったりになりました。
カルフールスーパーではレジの姉ちゃんたちが「私のところにきなさいよ(単に会計)」と口々にいってくれ、ほぼ競争激化「なんでこないのよ」
家の近所の古びたショッピングセンターのカフェのおっさんたちはみなタマちゃん(ほぼ2歳)とボールで遊ばないといけないと思ってくれています。

左隣のリタイアしたお医者さんは、相当暇らしく日中ときどき家の前のコーナーでたっているので、毎回立ち話。
ほとんどの話が息子がパイロットでハマメットにいるという内容。経営破綻が続くチュニスエアのパイロットなので、「よくないよ」
「隣人が結局家族より近くなるよね」とかいってくれます。
夫は毎週一緒にいくようなカフェ友達がゼロでしたが、このおじいさんには誘われて、車で隣の地区エルマナールのカフェまでいってます。
その理由が‥‥その辺の誰かにお金を貸したらしく、お金はもちろんかえってこないうえ、電話にでないそうで、毎回そのカフェでその人が通るのをみつけるためだそうです。。。。それを聞いて吹き出しました。
コロナ中二度私は家から自分を締め出すという事件をおこし(一回はごみ出している間にタマちゃんが勝手に締めた)、隣の家のキッチンから駐車場ずたいにジャンプジャンプで、うちの庭に転がり込めました。
もうバックグランドミュージックは007。誰かにヴィデオとってもらいたかったアホ忍者44歳。

わたくしも、この国でいろんな人々にお金貸してといわれて、貸しましたが、(先週も15万円相当頼まれた)
チュニジア人から全額もどってきたのは1回。日本の学費40万を貸して毎月彼のお父さんがTNDで私に返しにきました。
それ以外は「あと1000ですけど」と電話やメッセージするのも疲れるほどかえしてくれないので、あげたとおもったほうがいいようです。
最近の新手。近所の店のガリガリの小さなガードマン「俺、今コーヒーのみたいの、2TNDちょうだい」

天気がよいと、大通りに物乞いやティッシュ売りが増えました。統計はみませんが、チュニジアの貧困問題は確実に悪化していると体感します。
シリア人も格段に増え、段ボールに「私たちはシリア人です、困っています助けてください」とか書いて、女性と子供が座ってます。
…シリアからどうやってチュニスに入れたのか❓ 飛行機ならチケットをどうしたのか?お隣のトルコやイラクならともかくチュニスまではるばるこれているシリア人はどうなってるのか知りたいが今のところ誰も教えてくれません・‥‥

 さて、今日は世界の女性の日でした、私はフェミニストを自称しているので(店の趣旨も女性の雇用機会創出です)、女性団体関係の友人たちがhappy womans dayとメッセージくれます。しかし、昨日記念日!!!といわれたその記念日の内容に絶句。
2016年、ISIS(ここではダーシュといいます)が、チュニジアとリビアのシリアの国境沿いベン・ガルデンの町を占拠しようとして
ISISとチュニジア軍、警察が戦って勝利した日。51人の死者。テレビではそのときつかわれたカラシニコフを大々的に見せてました

ふーっつ。毎日が記念日。

ふと見たこのブログの今募集中のテーマが「あなたの見つけた冬景色」とか「猫とのひととき」とか、、、、「go to キャンペーンでいったところ💛」「簡単でおいしい常備菜の作り置きレシピ💛」とかありましてもう、日本のニーズややさしい話題をまったく書けていないと気が付いた記念日。



# by daryasmine | 2021-03-08 18:50 | 店長のひとりごと
お掃除のおばちゃん…飛び込み営業のあと
 2週間前でしょうか、朝8時ごろタマちゃん(1歳11か月)を保育園にだすときに、
夫に「マダム、マダムにあいたい、マダムにあわせて、話したいの」
とかけよってきた女性がいまして、30代の眼鏡の小太りの方。
「おい、マダムにあいたいって‥‥」
わたしの中でこの地区でマダムというと眉毛がつんのめっていて、大きな体のっしのし、50代の濁声、小さな犬を従えているイメージで
「わ、わたしマダム?」
…いずれにせよ「はい、なんでしょう」とききましたら
「私はあそこの内科のハシーシャのfemme de menage (掃除婦)です、火曜日と木曜日掃除させてください、お願いします」
「夫が最近亡くなりました、息子は5歳、食べさせなくてはなりません」半泣、涙ぽろぽろ
「‥‥コ、コロナ?」
「はい、36歳で」

ちょうど知り合いのおばちゃんその前に頼んで断られていたので、深く考えず、じゃあ次の火曜日からでも、といって別れました。
うちは無駄にでかく、たまちゃんと犬2と、荷物出入りのため数日で廃墟になります。最近犬の食べ残しをタマちゃんが居間にまき散らして遊んでさらにその上に犬と転がり発狂していました。

その後、今まですれ違っても気が付かなかったのか?おとついまでに4回ほど道端であいました。毎回火曜日ですね!マダムTOMOKO!!
電話もがんがんかかってくる「毎週火曜日は確約ですね?」「あと木曜日空いてるんですが、だれか知りませんか?」
道端で会うと、ほかの家にも営業している。必死感あり、えらい!!! 涙はうそっぽかったけど、えらい。

今日8時30分。たまちゃんを送り届けて、、、こない。
10分後電話してみて、、、でない。
その後…電話がつながり、電話口、大泣き。「息子がXXから落ちて今bab saadoonの病院です」
えええ、だいじょうぶ?
「はい、膝が」「ああ、大事ではないですね、治りますね?」「はい、ハムドゥッラー!!!!」

…じゃあ来週ね「マダム!!日曜日いきたいんですけど。」・・いや日曜日はいつも遠出してますので、、、
「鍵ください!!家をきれいにしていますから」いや、一回は一緒に仕事してからにしましょう

その間夫は妹と長電話。夫の兄の嫁が鬼嫁なのは親族一同の悩みの種、
今日も妹のスマヤちゃんは何かにキレたらしくとうとう、兄がうちの会社のお金をくすねた話など、いろいろお母さんに話してしまった。
鬼嫁を何年もキープして借金まみれになっていると、おかしくなっていくんだろうと思います。
鬼嫁は働かない、3人子供の育児放棄、裁判所に訴えて離婚したら兄が毎月500TND以上払わないと刑務所行になるように設定している、
めちゃくちゃです。どんな形でも働く「姿勢」のあるここの女性を見るだけで安心する私です。


# by daryasmine | 2021-03-02 17:42 | 店長のひとりごと