人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
セジュナンの季節です 土器です、無形文化遺産になって‥‥
 本日京阪守口の催事が終わりました、皆さま本当にありがとうございました。
チュニスからこちらを打っていて、いったこともないデパートの催事について書いているのですが、
ざっくり図面みたり、持ち物リストつくったり…などは超遠隔でやっております、
とはいえ、スタッフメンバー皆様が真面目に動いてくれるので、ほっててもいいかもしれません(日本の場合)

 さて、日曜日は久しぶりに北部のセジュナン村にいきました、片道車で3時間(途中タバコ休憩あり)。
コロナもあり私自身は3年近くいけてなくて、犬2、子供、スタッフみんなでいい天気だね、いい天気だね
と村にはいったら
雨。
再開を喜んでくれるおばちゃんも。「どうしてたの、どこにいたの」
その間は年に数回うちに出入りするチュニジア人で、アムネスティ―インターナショナル(人権団体)に所属するミリアムちゃんにいってもらっていました。
特に古着を配布、家族の生存確認などなど

 セジュナンの村の「土器」は2018年に無形文化遺産に登録されまして、
欧米の人の往来が増え、なんと土器街幹線道路沿いにチェコスロバキアがたてたというコッバ(ドーム状のたてもの)がたち、
土器展示場もできていました。カフェ小屋まで!!!!!大発展!!! (どこがやねん、と誰かがいいそうですが) 
 土器の料金も2-5倍いってくる女性たち。ヨーロッパ人は買うそうです。そりゃあよかった。
 無事現金収入がしっかりUP(局所的)。テロ騒ぎが続き
コロナで観光客からの収入資源ゼロなので本当に心配してましたが、
そうだ、輸出アイテムが増えたのです。21世紀の農村開発の理想!!!

 ‥‥とはいえ、やはり本当の意味での全体的なボトムアップは難しそうです。
今回感じたことは、欧米からの注文をうけれた家族とそうでない家族との差が格段に広がり、
チュニジア人(アラブ人?)特有の「熱心な囲い込み」を猛烈に感じました。
バイヤーさんはある家にはいりこんで注文をし、それ以外の家々に入らないまたは入れないように仕向けられています。
 わたしもいつも「うちの家にはいったら、ほかにいくんじゃないよ」といわれますし、
「うちからだけ買ってね、それぞれの家々に客はいりこんでいてそれぞれで買うからだいじょうぶよ」とかいわれます。

 南部のトゥジェン村に入り込む弊社の東京支局長Sさんも同じ。
囲い込まれて、大きな意味の家族以外の別の家族の家に訪問できない、ほかの家族からかったキリムはボコボコにいわれる

 大量注文受けてもなにがなんでも他の家族とシェアしない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
傾向はどのベルベルの村でも都市部工房でも感じますし、なんかあると目の前で女性たちが喧嘩はじめます。
なんかあるとほかの家族の悪口になります。
 

 農村開発とかかかげていても、ある程度の注文を村の人々が楽しくシェアしたり、「あんた、10個ね、あんた二人で20個ね」とか
班長みたいな人が公平に注文やお金やデザイン、技術をシェアできないと、本当に地場産業として健全に発展しないなと
身に染みる体験ずっとをしながら、、、この日もEUや各欧米の援助の恩恵を偶然うけた家族とそうでない家族との差、
受けていない家族をまた探さねばならないなぁと思いながら帰りました。知見も、注文もシェアしない、チームワークをしないから。
 援助機関のプロジェクトは、班長となりえる人、社会構造、人々の気質なども本当に把握せねばならない。
 援助機関が選んだ偶然選んだ班長(役所の人でも)は自分の家族関係者にしか注文を流さない場合がほとんどです。
 談合というのでしょうか。。。。。。。

 毎回古着をもっていっていますが、これも「ちょっとまし」な女性に預けます。各家族ずつサンタクロースのように配ってられません(その努力も必要かも)。囲い込む「がめつい」おばちゃんがかなりいるので、
やさしげな、または若くてそれほどがめつくない女性を選んで
「みんなで分けてね、分けてね、本当に分けてね」と連呼しながら帰ります。
 
 何度もこちらで書いている気がしますが
革命後、ISISへの若者流出問題があり、セジュナン村から60人以上の青年たちがリビア→ISISにいき有名になりました。
やることない、暇、頭のなか真っ白、さらっさら18~24歳。
 お母さんは苦労して土器をつくりお父さんは羊飼い、牛飼い。
 
  経済開発、地域デザイン、地域開発、農村開発は
独裁制+お金を牛耳ってても、人にも地球にも慈悲深い人じゃないとあきません、
日々思います。。。。。いるんだろうか、そしてすぐ暗殺されそう


 写真はセジュナン村の土器が、、、無形文化遺産に登録された記念碑っぽいので
とってもらいました。ザ・土器+はちみつ!! なんという天真爛漫なお顔!!!!!!
 来年ははちみつオシオシ+アルーサ人形(結婚したての女子)でいきたいと思います、チュニジアのはちみつ天国です~


セジュナンの季節です 土器です、無形文化遺産になって‥‥_a0141134_06150003.jpg




 



 




# by daryasmine | 2021-11-18 06:22 | 店長のひとりごと
チュニジアには地中海トップクラスの安い美容整形技術あり~ 京阪守口の催事木曜からです
 以前どこかでも数回書きましたが、チュニジアには北ヨーロッパからどこどこ美容整形ツアー入っています。
豊胸、お顔、脂肪吸引‥‥皮膚移植、植毛などなど。
 北ヨーロッパの10分の1~5分の1のお値段でいろいろできるらしいです。そしてクリニックはとてもピカピカ。
 優秀な先生がたっぷりいるとか…
 

 なんと昨日からの民泊のお客様「胃の周りの手術をしたからご飯サービスお願い、そのほか家に誰かいてほしい」という要望があり、「うげ」とおもいながらも、まあいいや、フランス人が食べる量くらい料理できるわとおもいつつ「アジア風料理ならいいでっせ」と回答。やってきたのはすがすがしい動物大好きな
とーっても美しく(単に好みかも)てかわいい南仏人25歳。でも手術のあとが胴体にあるらしく歩きにくそう。

 1日目の昼ごはんにどんな手術なのか聞きました。。。。。が、久しぶりのまともなフランス語と医学的固有名詞で半分しかわからず、あとで夫にきくと簡単にいえば
 「激しくデブだったのに急遽やせて胴体の皮膚が垂れ下がったのでそれを切って整える手術」
美容整形の先生と水曜日あって、たしか木曜日に南仏トゥールーズに戻る予定だとか。

 彼女いわく、クリニックのお食事もとてもよくて快適だった。。。とか。

 すごい美容整形産業!!!!!!!と過去取材にいろいろまわってたとはいえ改めて感動したのであります。

 さて、さておき、絶賛武庫之荘店舗では京阪百貨店守口店1階での催事の用意最終段階になっております。
キッチン用意どかんと持っていきます、なにとぞよろしくお願いいたします~ 京阪守口です~!!!!

# by daryasmine | 2021-11-09 07:16
展示会オンパレードです~ チュニス
今日はハローウィンです。北アフリカのチュニジアのハローウィンは・‥‥
ちょっと高級な幼稚園でなんかパーティーするようですが、それ以外ハローウィンの気配が感じられません。

チュニスに戻りまして、10日、自粛が終わりました、まったく「自粛」しないで自粛期間が終わりました。
10~12月は展示会が目白押しです。
手工芸はチュニスや沿岸沿いの町であちこちで、ほか本、繊維機械ほか。

農水の展示会に3回いけました、義理の兄にもらった「出品者」のカードをぶら下げて。
感動しました。土がたっぷり敷き詰められた大きな
馬術スタジアムには馬が15頭以上、牛も20頭、鳩、すずめ、まるまると肥ったうさぎさん、ラクダ、ポニー、
無数にみえるひよこ。。。。本物
魚‥‥全国から動物!!
トラクター、ほか専門的農業機械と車‥‥、トラック、どれだけお金がかかってるのでしょうかと思うほど。
農産物、農産加工品の直売も革新的作品(デイツの種のオイルとラクダの石鹸が私の中で巨大ヒット)
すばらしかった、本日土曜日の熱気もすごい、人が多すぎて動けない、
家族連れの多いこと!!! コロナ無視です。
国の経済破綻がさけばれていて、IMFからもWORLDBANKからもお金かりれんと騒いでいるのに、
大変潤っているように見えました・・・・

さすが農業大国、あと人件費のやすさでしょうか、あの土の量、動物の量。
それにしてもサンプルのマルマル肥ったウサギをみて、その業者を選ぶんでしょうか・・・・







# by daryasmine | 2021-10-31 04:02 | 店長のひとりごと
穏やかな秋の日のチュニス チュニジアのオンラインツアーも
 チュニスに到着いたしまして、3日目。ラジオでは豪雨になりますとか、
異常気象のせいで、また浸水被害が増えるかもとかいってますが、よい秋晴れ、穏やかな土曜日。
コロナ自粛3日目といいたいところですが、
それも、空港で自粛先届けて署名までしてますけど、あちこち出かけています。出かけた先の人々は
「おお戻ったか」の連続で、もどったばかりで自粛か?とか絶対ありません。
町でマスクしている人はほぼ皆無、スーパーの中だけ。マスクのお土産ももってきましたが、いらなさそうです。

 チュニスに戻ってまず秋生活の立て直しです。
出る前は暑すぎて家の地下に住むので、5か月以上は自分の部屋は使われないので、夫はぐちゃぐちゃに、そして
私が入国する直前に義母が入り程度整備してくれるパタ―ンが5年目?。
30%そこでなにがどこにあるかわからなくなりますが、義母に感謝しかないのであきらめながらいろいろ探す。
キッチン、冷蔵庫など民泊のゲストか夫の家族たちがいつつかったかわかないものが増えるので、それの処理と掃除。
ほか、支払い‥‥

 さて、ONLINE TOUR のご案内です。
旅行業界に20年も足をつっこんでいますが、ONLINETOUR(実況中継ツアー)がこれほど充実しているのは‥‥コロナの影響ですね、
とても楽しそうです。チュニジアもチュニス近辺だけ今催行しています。


弊社のおみやげまでございます。私、道上も夏はガイドするように頼まれていましたが
秋は出動しそうです。。。。そのときはこちらでご案内いたします、万が一シディブサイドほか懐かしい方は見てくださいね。

 


# by daryasmine | 2021-10-24 01:21 | 店長のひとりごと
チュニスに戻れそうです 
 長い日本の夏が終わり、、出国が本格的に決まりました。
今週は税務処理をしてくださるYさんが店にきてくださり、来年のガイダンス。
気が付いたら物販部門はじめて11年。11年もやっているわりには着地点が似ています、収支。 (号泣)
ある3年は物販がうまくいかず現地コーディネートで収益、ある年はガイドブック業にでまくって
わたし自身がほかの国にでっぱなしとか。よく生きてまんな?みたいな自転車操業。
 チュニジアとの貿易はいろいろリスクが高いので、リスクヘッジ用の大中小モーターをまわすのが必要です。
コンテナ6つのうち1つ全面的に虫発生とか(これは弊社の経験)、
オリーブの木のドアノブ用の角材頼まれてほとんど亀裂が、、、(これも弊社の経験)
ハリッサ瓶コンテナいっぱい2000瓶やったら半分以上漏れてうりものにならなかったとか
デイツの実をある展示会にだしたら虫騒ぎですべて回収とか、
オリーブオイルの缶は下においてあるものはすべてぶっつぶれて卸にならないとか、、、
だからでしょうか、一瞬コストコとか、100円ショップや地方スーパーでチュニジアの農産物みても
数か月で同じものがないのは1回目のコンテナで日本側が悲鳴をあげたからでは?
最近1年以上チュニジア製のデイツがみられるようになりました。すごいです、革命的管理が行われている・・・・
よくよく見てみるとトルコの会社。

チュニジアの生産管理は本当に難しいです。だからかもしれません、JIC◎さんの生産管理の改善系プロジェクトが長年はいっていますが、
どこがどう改善されているのか? 胸が痛いです。何億円も税金が飛んでいく~
分厚いレポート~ 

うちも、お、大口だ、数年儲かるかも、という提案をいただき・・・寸前+寸後でよくドテドテと落ちて、ふどまりかかえすぎるのでコーディネート業がまわっていないとき、簡単にやってくるマイナス分を補填できそうにないときは
大きな仕事(コンテナ1本以上)はやらないことにしました。
日本の業者さんは、あ、そうですか。それではいりません、はい、さいならって簡単にいえますが、
1000~10000つくってしまった袋は? 板は? 布は?  容赦ありません。

 たまちゃん2歳6か月は出国まで預けられるところがない、骨をおってしまった、便りの実父が忙しい・・・、
と思いきや、一件やっと面接と見学OK、
本日10時~18時行ってもらいました。感想。まず高い!!!! 1日保育16000円チーン!!

 六甲のインターナショナル保育園で、英語教育を謳い、外人先生日本人先生全員英語というところ、
たまちゃんの担当はフィリピン人でした。彼のクラスは7人の幼児11か月~2歳10か月。
一緒に英語の歌を歌いながら???単語をおぼえて、体を動かし、お散歩、ご飯、昼寝、知育玩具?
実質先生とコミュニケーションができる子はトルコ人のライラちゃん、最年長2歳10か月。それ以外はただ「いるだけ」
それでも、たまちゃんはめずらしく8時間たっぷり英語をあびました
 フィリピン人の先生がたまちゃんと一緒にいた感想を英語で教えてくれる。
 「YUJIN!よく食べてました、寝てました、お友達とたっぷり遊んでました、号泣ははじめだけ」

今日はタマちゃんがもといた保育園の園長さんに「10月20日に到着しまーす」と連絡しました、
チュニジアも英語教育+インターナショナルを謳ってますが、ここは園長以外は全員チュニ語のみ。
金額は日本の今日のインターナショナルの1,5日分です。

さて、、これから出国ですので、インスタやFBの内容がずっしりチュニジアからのレポートになります
また暇すぎるときにでもフォローお願いいたします💛
INSTAGRAM dar_yasmine
FACEBOOK daryasminejapan







   
 

# by daryasmine | 2021-10-15 21:39 | 店長のひとりごと