人気ブログランキング | 話題のタグを見る

北アフリカ、チュニジア共和国に住むいち自営業の困った日常生活、日本人からみたこの国で送る事件、貧困、社会問題、ひいてはイスラーム社会についても語りつつ、 日本での店舗情報、イベント、商品のご案内です。
by DARYASMINE
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
クリスマス休暇とオミクロン騒ぎで外人が。。。。 高槻阪急です
 ‥‥…昨日(11月30日)誕生日で義理の母ちゃんと義理の妹恒例の誕生会をしてもらいました。ありがたいです。
相変わらずすごい母ちゃんで、今日の朝も5時前におきてお祈り、そのあとキッチンほか掃除、洗濯ものを片付けてくれました。
ありがたいです。。。 母ちゃんは時間みつけては労をおしまずなんでもかんでもしてくれる人ですが、
それはどこにいってもそうする人だとは思いますが、
6年前この家族と実の私の父が対面したとき「うちの娘は家事はなんもできません、料理もまったくあきません、
出来の悪すぎる娘をとってくれてありがとう。そして日本とは、、縦横XXXKmでこのような地形・・・・・・半島がここにあって・・・うんぬん(私が通訳)(すばらしい日本地図が描かれる)」というスピーチをしてくれたのもあるのか?家にいるとすみずみまで入ってくれて助かります。
 チュニジア、またはアラブの国々は褒めてなんぼ、親族をまたは自分の娘を結婚する夫の家族にボコボコに絶対いわないので
(いえない)ので 一同ぽっかーーーーーーーーーーーーーーん。

父は私をアホじゃ、アホじゃといって育て、日本に戻った孫(2歳7か月)にも「なんでそんなにアホなんじゃ―――――――――!」と叫んでいますが、
ここは真逆で、延々とすごいすごい、賢い賢い、かわいいかわいい、かわいすぎる、魔除けの呪文・・・・みたいな
どういう精神構造になるのか楽しみです。

 さて、高槻阪急が今日から始まりました。1階エントランス、一等地ですがちょっと寒いです。
皆様お近くの方々なにとぞお立ち寄りくださいませよろしくお願いいたします~

 さて、オミクロンさわぎで航空業界がまたざわついています。
うちにいた常連の南仏チュニジア人ムスタファさんも帰国?!をはやめて帰られました。
チュニス随一のラーメン屋の店主も「お客様が減」
2020年の2月のように一斉外人がもとに戻る現象がみられる・・・というかクリスマスで欧米人は一気に帰るので
それがはやまっているかもしれません。
 年に6回くらいくる(航空券の回数券を持っている)ムスタファおじいちゃんをかなり尊敬しているので、少し紹介いたします。大のおしゃべり好き。内容がいつも政治経済歴史。子供たちにもずっと話して聞かせたそうで、
3人とも法学を学びフランス、イギリス、スイスで大成。(彼のいう大成とは、それぞれの先進国でよい給料+家をかって、子育てして、社会貢献活動している、ふむ、確かにそうだ)
彼はアルジェリア国境沿いにある600本以上あるオリーブの木の農地を丁寧に売って(全部売ってない)、ボン岬で2軒家と土地買い。何千万は動かしているのにドケチ。気持ちいいドケチ。
チュニジアに来たらまずうちの周辺の床屋にいって髪を切り、(アクサンプロバンスは20euro上、チュニジアは2EURO)
うち夫と一緒に(夫に車にのせてもらって)用事にいき、
カフェは最小限(1日1回か0回)、
食事も最小限(お腹すっきり)、
持って帰るお土産も最小限、
遠出するときはバスを乗り継ぎ、
何千万円近く毎年動かしている割に、うちにやってきてコーヒーつくったら二杯目も同じ豆。
いくつか「大成した息子たち」に残したい家が今建設中なので、監督にきています。

えらい。えらすぎる。夫は1日5杯もカフェでエクスプレッソを飲みます。お金はたまりません。。。。。
 


# by daryasmine | 2021-12-01 19:13 | 店長のひとりごと
途上国へのお土産 おすすめ 老眼鏡~
 今回チュニジアに戻ったのは10月でした。日本の店を法人化してから完全に夏は日本にいます。催事+イベント合戦と
決算。あればガイドブックの編集。。。

 さて、戻る前にすんごいアドバイスをいただきました。
それは、、、
 「100円ショップの老眼鏡やでええええええ」です。

 途上国の人々は40くらいから老眼、老眼鏡がかかせないけど、ない!!!
チュニスで老眼鏡はきいてみると40~200TND!! 義理の母ちゃんの老眼鏡は67tndだったとか。
今回3種の度数の100円ショップの老眼鏡を渡してみたら何度もよかったよかったといってくれました。

 いつもいろいろ盛って帰るのですが、アルパカのセーター、コート、フリース、外反母趾の靴、膝の痛み鎮痛剤、カイロ、
髪留め、スカーフ、ポッキー、チョコ、ケーキ、、、、、、、
 渡してから数回「よかったわ」といわれたのは100円ショップの老眼鏡。

今日はクリーニング屋に布団とりにいったら怒られました。
あんた、また領収書ないの? あんたんとこあかん!!「夫が写真とってデータにしてます。、ほら」
「だめよ、見えないのよ、小さい字、、、うーーーん」
「怒られないように、次日本にもどったら老眼鏡もってきます」

昨日はお掃除のおばちゃんラティファさんに電話のプリペイドの番号を1tnd分を電話機に入力するように指示されました。
(1tnd=40円)
なんで、自分でやれんのですか? (意地悪な私)
「見えないのよ、電話機の画面、小さくて」

日曜にセジュナンにいって、またまた土器にもう細かな絵付けしたくないといわれました。
「小さい絵柄かけないのよ、見えないの」

これからもっと100円ショップの老眼鏡はすごい価値です。集めておこう。

 

# by daryasmine | 2021-11-19 06:33 | 店長のひとりごと
セジュナンの季節です 土器です、無形文化遺産になって‥‥
 本日京阪守口の催事が終わりました、皆さま本当にありがとうございました。
チュニスからこちらを打っていて、いったこともないデパートの催事について書いているのですが、
ざっくり図面みたり、持ち物リストつくったり…などは超遠隔でやっております、
とはいえ、スタッフメンバー皆様が真面目に動いてくれるので、ほっててもいいかもしれません(日本の場合)

 さて、日曜日は久しぶりに北部のセジュナン村にいきました、片道車で3時間(途中タバコ休憩あり)。
コロナもあり私自身は3年近くいけてなくて、犬2、子供、スタッフみんなでいい天気だね、いい天気だね
と村にはいったら
雨。
再開を喜んでくれるおばちゃんも。「どうしてたの、どこにいたの」
その間は年に数回うちに出入りするチュニジア人で、アムネスティ―インターナショナル(人権団体)に所属するミリアムちゃんにいってもらっていました。
特に古着を配布、家族の生存確認などなど

 セジュナンの村の「土器」は2018年に無形文化遺産に登録されまして、
欧米の人の往来が増え、なんと土器街幹線道路沿いにチェコスロバキアがたてたというコッバ(ドーム状のたてもの)がたち、
土器展示場もできていました。カフェ小屋まで!!!!!大発展!!! (どこがやねん、と誰かがいいそうですが) 
 土器の料金も2-5倍いってくる女性たち。ヨーロッパ人は買うそうです。そりゃあよかった。
 無事現金収入がしっかりUP(局所的)。テロ騒ぎが続き
コロナで観光客からの収入資源ゼロなので本当に心配してましたが、
そうだ、輸出アイテムが増えたのです。21世紀の農村開発の理想!!!

 ‥‥とはいえ、やはり本当の意味での全体的なボトムアップは難しそうです。
今回感じたことは、欧米からの注文をうけれた家族とそうでない家族との差が格段に広がり、
チュニジア人(アラブ人?)特有の「熱心な囲い込み」を猛烈に感じました。
バイヤーさんはある家にはいりこんで注文をし、それ以外の家々に入らないまたは入れないように仕向けられています。
 わたしもいつも「うちの家にはいったら、ほかにいくんじゃないよ」といわれますし、
「うちからだけ買ってね、それぞれの家々に客はいりこんでいてそれぞれで買うからだいじょうぶよ」とかいわれます。

 南部のトゥジェン村に入り込む弊社の東京支局長Sさんも同じ。
囲い込まれて、大きな意味の家族以外の別の家族の家に訪問できない、ほかの家族からかったキリムはボコボコにいわれる

 大量注文受けてもなにがなんでも他の家族とシェアしない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
傾向はどのベルベルの村でも都市部工房でも感じますし、なんかあると目の前で女性たちが喧嘩はじめます。
なんかあるとほかの家族の悪口になります。
 

 農村開発とかかかげていても、ある程度の注文を村の人々が楽しくシェアしたり、「あんた、10個ね、あんた二人で20個ね」とか
班長みたいな人が公平に注文やお金やデザイン、技術をシェアできないと、本当に地場産業として健全に発展しないなと
身に染みる体験ずっとをしながら、、、この日もEUや各欧米の援助の恩恵を偶然うけた家族とそうでない家族との差、
受けていない家族をまた探さねばならないなぁと思いながら帰りました。知見も、注文もシェアしない、チームワークをしないから。
 援助機関のプロジェクトは、班長となりえる人、社会構造、人々の気質なども本当に把握せねばならない。
 援助機関が選んだ偶然選んだ班長(役所の人でも)は自分の家族関係者にしか注文を流さない場合がほとんどです。
 談合というのでしょうか。。。。。。。

 毎回古着をもっていっていますが、これも「ちょっとまし」な女性に預けます。各家族ずつサンタクロースのように配ってられません(その努力も必要かも)。囲い込む「がめつい」おばちゃんがかなりいるので、
やさしげな、または若くてそれほどがめつくない女性を選んで
「みんなで分けてね、分けてね、本当に分けてね」と連呼しながら帰ります。
 
 何度もこちらで書いている気がしますが
革命後、ISISへの若者流出問題があり、セジュナン村から60人以上の青年たちがリビア→ISISにいき有名になりました。
やることない、暇、頭のなか真っ白、さらっさら18~24歳。
 お母さんは苦労して土器をつくりお父さんは羊飼い、牛飼い。
 
  経済開発、地域デザイン、地域開発、農村開発は
独裁制+お金を牛耳ってても、人にも地球にも慈悲深い人じゃないとあきません、
日々思います。。。。。いるんだろうか、そしてすぐ暗殺されそう


 写真はセジュナン村の土器が、、、無形文化遺産に登録された記念碑っぽいので
とってもらいました。ザ・土器+はちみつ!! なんという天真爛漫なお顔!!!!!!
 来年ははちみつオシオシ+アルーサ人形(結婚したての女子)でいきたいと思います、チュニジアのはちみつ天国です~


セジュナンの季節です 土器です、無形文化遺産になって‥‥_a0141134_06150003.jpg




 



 




# by daryasmine | 2021-11-18 06:22 | 店長のひとりごと
チュニジアには地中海トップクラスの安い美容整形技術あり~ 京阪守口の催事木曜からです
 以前どこかでも数回書きましたが、チュニジアには北ヨーロッパからどこどこ美容整形ツアー入っています。
豊胸、お顔、脂肪吸引‥‥皮膚移植、植毛などなど。
 北ヨーロッパの10分の1~5分の1のお値段でいろいろできるらしいです。そしてクリニックはとてもピカピカ。
 優秀な先生がたっぷりいるとか…
 

 なんと昨日からの民泊のお客様「胃の周りの手術をしたからご飯サービスお願い、そのほか家に誰かいてほしい」という要望があり、「うげ」とおもいながらも、まあいいや、フランス人が食べる量くらい料理できるわとおもいつつ「アジア風料理ならいいでっせ」と回答。やってきたのはすがすがしい動物大好きな
とーっても美しく(単に好みかも)てかわいい南仏人25歳。でも手術のあとが胴体にあるらしく歩きにくそう。

 1日目の昼ごはんにどんな手術なのか聞きました。。。。。が、久しぶりのまともなフランス語と医学的固有名詞で半分しかわからず、あとで夫にきくと簡単にいえば
 「激しくデブだったのに急遽やせて胴体の皮膚が垂れ下がったのでそれを切って整える手術」
美容整形の先生と水曜日あって、たしか木曜日に南仏トゥールーズに戻る予定だとか。

 彼女いわく、クリニックのお食事もとてもよくて快適だった。。。とか。

 すごい美容整形産業!!!!!!!と過去取材にいろいろまわってたとはいえ改めて感動したのであります。

 さて、さておき、絶賛武庫之荘店舗では京阪百貨店守口店1階での催事の用意最終段階になっております。
キッチン用意どかんと持っていきます、なにとぞよろしくお願いいたします~ 京阪守口です~!!!!

# by daryasmine | 2021-11-09 07:16
展示会オンパレードです~ チュニス
今日はハローウィンです。北アフリカのチュニジアのハローウィンは・‥‥
ちょっと高級な幼稚園でなんかパーティーするようですが、それ以外ハローウィンの気配が感じられません。

チュニスに戻りまして、10日、自粛が終わりました、まったく「自粛」しないで自粛期間が終わりました。
10~12月は展示会が目白押しです。
手工芸はチュニスや沿岸沿いの町であちこちで、ほか本、繊維機械ほか。

農水の展示会に3回いけました、義理の兄にもらった「出品者」のカードをぶら下げて。
感動しました。土がたっぷり敷き詰められた大きな
馬術スタジアムには馬が15頭以上、牛も20頭、鳩、すずめ、まるまると肥ったうさぎさん、ラクダ、ポニー、
無数にみえるひよこ。。。。本物
魚‥‥全国から動物!!
トラクター、ほか専門的農業機械と車‥‥、トラック、どれだけお金がかかってるのでしょうかと思うほど。
農産物、農産加工品の直売も革新的作品(デイツの種のオイルとラクダの石鹸が私の中で巨大ヒット)
すばらしかった、本日土曜日の熱気もすごい、人が多すぎて動けない、
家族連れの多いこと!!! コロナ無視です。
国の経済破綻がさけばれていて、IMFからもWORLDBANKからもお金かりれんと騒いでいるのに、
大変潤っているように見えました・・・・

さすが農業大国、あと人件費のやすさでしょうか、あの土の量、動物の量。
それにしてもサンプルのマルマル肥ったウサギをみて、その業者を選ぶんでしょうか・・・・







# by daryasmine | 2021-10-31 04:02 | 店長のひとりごと