人気ブログランキング |

タグ:ジャスミン革命 ( 7 ) タグの人気記事

ジャスミン革命の発端の地、シディ・ブ・ジッドへ

 チュニスから約280km、シディ・ブ・ジッドの街中まで朝5時におきて往復した。コロナ騒ぎで県外移動禁止になって以来である。視力検査によくでてくるような景色、空が広くスパーンと地平線が見えて、右も左もどこまでも見渡せる景色。オリーブの木々が等間隔に植えられている。ときどき岩山が現れ、殺伐とした自然の中にポツンポツンの民家が見える。

 この280kmの往復560km中にもっとも目にするのはISUZUのトラック。80%がメロンとスイカの運搬車、ほか20%が玉ねぎ、赤いピーマン、アーモンド、牛、引っ越し荷物。国道沿いにまたメロンとスイカのスタンドが圧倒的、ときにアーモンドのお茶の小屋が20軒続き、タブーナと呼ばれるパンとお茶のボロボロテントも20軒続くゾーン、羊の焼肉ゾーン、マクルードゾーン(デイツ餡のドーナッツ)が数回がある。シンプルで、だれもほかのことをしない。ゾーンに入るとみな延々と同じ店。延々と同じメニュー。

 昔はどこもかしこも、なぜ同じことしかしないのだろう、一人だけ違うものを売ったら、メニューをかえたら儲からないか?もったいない、などと思ったけど今は頭がすっきりしていい、シンプルでいいかもしれない、もったいないなんて余計なお世話だろうと考えるようになった。常にチョイスがない。商売のクリエイティビティはゼロ。隣の人がやっていることを同じようにやる。サハラからシロコという熱風が来ている日も、恐ろしく寒い日もほとんどかわらない。今日みたいにうだるような熱い日もお姉さん、子供、おじさん、が国道沿いにたつ。根性はすごい。

 そしてISUZUのトラックや大型運搬車がとまってそれぞれまったく同じお茶をもらう。同じパンを買う。行きつけの焼き肉店、マクルード(ドーナッツ)の店に寄る。需要と供給は一致しているのか。よそ者がとやかくいうものではない。

 熱さと運転は疲れるけど、頭がすっきりするのはこういう長距離移動のことをいうもので、視界に入ってくるものがシンプルでわかりやすく消化しやすい。広い広い空と平原またはオリーブ畑、そして岩山。今になって時空を超える長距離移動は心の換気だと思うようになった。私の中では200km以上。「旅」と意識して出かけるとさまざまな出会いと学びや発見が期待されるけど、単なる長距離移動、出張も日常の生活でよどんだ思考や意識のほこりをさっぱり吹き飛ばすもんだと、実感した今日。

 革命の発端、モハメド・ブアジジさんが焼身自殺を図ったのが、このシディ・ブ・ジッドの町、市役所前で、何度か一度いってみたいといわれお客さんを案内したことがある。毎週土曜日の午前は市がたち、活気はあるようにみえるが、やさぐれた雰囲気がいつも漂う。地中海沿岸沿いやサハラ地区とは異なり、町開発、リゾート開発からも取り残された農業中心の保守的な内陸の町。革命のあと大統領3回かわっても何もかわらない。

 私はこれからもお客さんに「町としては何もないですよ。ブアジジさんの碑を見て、焼身自殺があった市役所前を確認するくらいですよ。でも、オリーブの木の加工工房はありますよ。。。」って言い続けるんだろうなぁ。


#シディ・ブ・ジッド 

#Sidi Bou Zid

#Mohamed Bouazizi

#ジャスミン革命 

#オリーブの木のキッチン用品

#チュニジア

#Tunis


by daryasmine | 2020-06-07 05:09

JAPAN TIMES

 先週、日本で働くエリートチュニジア人に頼まれて、

「あなたにとってのチュニジア革命はどんなん?」というインタビューにこたえましたら、
英文長く書きすぎて、6行になって戻ってきました。その一部をブログにあげたんですが、
そのキラキラ6行(辛らつなコメント、もっと短くされているかもしれない)が日本のJAPAN TIMES紙、今週の火曜日に掲載されるそうです。応えた人はみんな顔写真、年齢付。

 エジプトも書かせてくれるかな?
 
 
 

 
by daryasmine | 2011-01-27 11:42

チュニジア: 祭りは長くは続かない 究極の持論

 大統領が1月14日にでていってくれて、町中から、彼の顔だらけの町、から
彼の顔が消えました。
 田舎にいけば、紫色・・・・「ベンアリ」の好きな色。 この色はどうぬられるのか?
 彼の大好きなナンバー7、 市外局番すべて7番始まり、国営のセブンエアーは今後、、、8エアー?
 彼の顔が毎日毎日、左上にでてたLA PRESS 新聞は・・・毎日彼の顔がでなくなった。
いろんな顔が登場するのか?

 ネット規制が放たれ、見たいサイトに入れる、
 毎週土曜日メールが届かない・・・ということもない。

欧米にいるフランス人も、日本にいるチュニジア人も、もちろんチュニジアにいるチュニジア人もまだまだ興奮が持続しているようで、、、FACEBOOKの画像のアップロードもまだまだありますが、これからどうするのでしょう?

そりゃあの抑圧政治が解き放たれ、タブーすぎるタブーであった政治批判、トラベルシー批判ができて最高ですが、焼き討ちもたっぷりしたし、関係者がどんどん逮捕されたり殺されたりして、
気がすみ、、、落ち着いていきます。

 それから?

それからどうするの? 半年後に大統領選挙が行われるようですね、
準備ができるのか? 在留外国人の意見としてとても否定的。
いままでのチュニジア人たちの事業の中で準備が遅い、遅すぎる、権力争い、よくわからないぐちゃぐちゃが続き、
中途半端な位の人たちが足のひきずりあいをする。
ぎりぎりまで準備がすすまなくて(というか準備にならない)、、、、、、うまくいけば突然変異的なスターがでてきて最後の3分とかにまとめる(よくあると思う)。そのようになると「結果的にうまくいった例」になって
アラブ諸国にチュニジアは本当にやったぞ、できる国だぞ、と見せられる。

 チュニジアという国、チュニジア人にまとめて愛情をもっていますが、
 チュニジア人が全員ではないのですが、民間で働く外国人たちが数年で辟易するチュニジア人の要素の一部をあえていうと、、
、、、しょうもない足のひきずりあいはすごい。嫉妬の幼稚さもすごい。怠慢からくる
必死の保身行動もすごい。社内や組織での「ちくり」行動もすごい。(何度もいいますが、みんなではないが、どこの会社にも数10パーセントいるはずです。これも人間らしいといえば、人間らしい?)

 そういう組織社会をつくってしまうチュニジア人の中でどういう人がトップにたてるのか?
こりゃーーーーーーーーー、ほんと見ものです。

 もっというと、これは文化人類学的+社会学的+政治学的な視点ですばらしい意見だと思っているのですが(いつも自画自賛)

 チュニジア人の気質だったからこそ、FACEBOOK 革命であり、ジャスミン革命であり、このたびの若者革命だったと思うのです。この内容はある英字新聞からインタビューがあったのでその一部を次のブログにのせます。

1、チュニジア人の若者は仕事中でもどこでもFACEBOOKばかりみていた。(みんなではないが、とても多い)
要は仕事しない、FACEBOOKのほうがおもしろい、FACEBOOKで画像をUPLOADしたほうが楽しい。
結果隣いる私(など)は、数十分後には、ぎゃーぎゃーいう。(毎朝いってました)
しかも同じ時間にFACEBOOKをあけている(彼の)友人たちが多すぎる。何してるの?
しかしながら、そのなかでモリモリ仕事ができる人にあうと天使に見える。

=>日本人は仕事の間MIXI もFACEBOOKもしないと思う、
 全体的にまじめに仕事しているように見える。

2、チュニジアに異常にFACEBOOKが浸透して、10歳の子供も50歳のおっさんもまんべんなくやっていた(2年前くらいに感じた)、人口の割合ではトップとか、誰かがいっていた、それだけ
なんでも浸透しやすい。時間がある、暇。つながりが好き。

=>日本人の10歳がFACEBOOK ?まぁ携帯ぐらいでしょう。 ましては50歳のおっさんたちはもう凝り固まっていて相手にしない

3、天才や死ぬほど勉強する人、まじめな人たちがたくさんいることは確かですが
それでも
全体的に怠惰。仕事に誇りがない。できるだけ手抜きして、お茶にいく。おしゃべりする。
おしゃべりしたい。誰かを批判したり、ゴシップ、笑ったりするのも大大好き。
コミュニケーションうまい。生活にたくさんのウソが多い(これは毎回爆笑)、
作り話も恐ろしくうまい。みんな役者だ(物乞いは毎度いろんなお話をしてくれる)
これはベンアリ体制の社会主義だったからでしょうか?

=>日本人のおじさんたちは、近所の人や親戚とお茶するなら、ひとりで仕事する。
日本人は普通の会話ではほとんどウソがない。。。はず。その必要性がない、考えられない。

4、ノリが異常によい、サッカースタジアムに行く前の盛り上がり方、終わった後の盛り上がり・・・が長く続く、どこもかしこも勝手にパーティができあがりお酒がなくても大盛り上がり・・・になったりする。
喜びやすい。興奮しやすい(町中でけんかしてる)

=>日本人は明日のために静かに帰って寝る。盛り上がっても30分?
4時間車で町中を旋回とかしません。

5、全体的にすべてがのんびりなので、暇がある。=>がある。
おいで、といったらすぐにこれる、町が小さい。
私もこれをよく利用したものです。
というわけでデモの召集がかかると、すぐにとんでこれる。
どのまちも車で20分行けばどこかにつきますし。
しかも、交通ルールなんてあってないもので、駐車ははちゃめちゃ、興奮すれば逆走もありえるわけですから
いっそう早くつく。(ことが多い)


=>日本人の若者は機動力ない、1週間後、一ヶ月後のスケジュールびちびち
 渋滞だと遅れる。


6、できるだけ仕事と勉強よりおしゃべりしたい。人と集まりたい。
農作業しているより、誰かと政治活動するほうが性にあっている(がいままで不可能だった)

=>日本人、、、めんどくさい。かかわりたくない。



・・・・・・・・・・・・・・・ほかにもまだまだあると思いますが、
メインはこれくらいでしょうか、よって、
国際政治の理解って、実は
根っこの文化人類学、土着の精神気質(それは長年の政治体制、宗教によるものが多かったと思いますが)
にも起因するでしょうから、しっかり理解しないといけませんよね。


そういった意味で、ベンアリ体制がくずれて、
チュニジアに本当の意味で「まじめに働く人たちが増える」FACEBOOKばかりしてないで、
仕事の時間は働くとか、論文書くべきときは書く、とか、
職人気質のレベルがあがる。。とか、、個数を多く頼むと質が下がるといった、
あまりにもしょうもない問題に頭をかかえずにすむとか(私が)、

そういうのも期待しますね・・・・・・。
(リピートしますが、全員ではない、単一民族日本では考えられないほど恐ろしい天才やびっくりするような
真面目がたくさんいます、要はぴんきりが激しい、ブラックアフリカはもっとでしょう?)


 というわけで、ここでまとめますと、(ここまで読んでくださった方本当にありがとうございます)
1月14日から10日がすぎて、コンプレックスの多かった国民が、、、一致団結、結束、達成感をおぼえ、
まだまだ大興奮、こんな祭りはいままでなかったから、(サッカーの試合以外)大喜び。
ある種祭りの装いです。 祭りは長くは続きません、
FACEBOOKやDEMOでRCDDEGAGE ばっかりいってますが、
選挙までの時間、本当に本当に楽しみです。
(否定的なことばかり打ちましたが、何百回もやられましたが、結局チュニジア人大好き、
アルジェリア人、リビア人、モロッコ人も)
 
===============================

 さて、ここで学者さんたちのシンポジウムのご案内:


「チュニジアで何がおこったか」
http://www.info.sophia.ac.jp/iac/news/docs/news20110117_233150924.html

数十年にわたって、北アフリカ政治経済にかかわってこられた方たちがパネリストです。

 ==============================
次は英文で書きます、スペルミスが少しありますが許してください。

 


 

 

 
 
by daryasmine | 2011-01-23 23:28 | チュニジア ニュース

チュニス、当面の問題

チュニスでどんぱちやっている対立は
「旧ベンアリ側」の警察?(警察のつもり?)と軍、、、ですが
警察の中にも、市民側、軍側についているものもあり、
その区別がつかないのが当面の問題だそうです。
警察に2種類いるんですね。

それで、さまざまなところで検問があって動きにくいようですが、バスもタクシーも、メトロも鉄道も動いています。すごい! よいサインですね。
CURFEW、夜間外出禁止時間:家に戻らなくてはならない時間もじわじわ遅くなっていく模様。

軍ははっきりと、「政治にはからまない」といっているようで、
軍事政権にはならない模様です。それも安心。

チュニスからさまざまなうわさが流れ込みます
今日おもしろかったのは、
● ベンアリが去ったあと銃を積んだ800台の車がベンアリ宮殿からでてきたという。
全部捕まったらしいです。ベンアリが戻ってくるための準備だったどか。
● カダフィーが「チュニジアは失ったもの(ベンアリ)は大きい」といった演説
本当みたいですね、こりゃ北アフリカ全土から反感買うでしょう。

引き続きつぶやきます。= (チュニジア人にCANALISERしてくれる日本人になってくれと頼まれたんです。よって、ツイッターなれないですがつぶやきまくってます)
by daryasmine | 2011-01-18 20:42 | チュニジア ニュース

昨日の夜

 今また、チュニスから電話がありました。
「さっき1時間ちょっと家の周り歩いてきてん、、問題なかったわー(ラマルサ在住の関西人」
 

ブログにまとめきれないことをツイッターしています=>★

 

 
by daryasmine | 2011-01-18 02:07 | チュニジア ニュース

チュニジアニュース

 日本時間の15時、チュニジアは7時・・・さーて、
今日月曜日にまともな商業活動ができるかが見ものです。
もうネットから目が離せません。


ツイッターとFACEBOOK、「チュニジアがおきている時間の間」どんどこ画像、ニュース、メッセージが流れてくるので
大統領がサウジに逃げる2日前から土曜日まで確実に寝不足。
日本、世界中にいるチュニジア人も寝不足になりながら応戦して、情報を投げ合って呼応している様子が
とても興味深い

なにより、よかったと思うのは、インターネットでベンアリ体制で規制がかけられなかった
FACEBOOKとツイッターが大活躍。そしてチュニジアの田舎まで浸透したビデオつき電話。
ネット時代・・・といえど、このショッキングな映像が数分ごとに流れてきたら、、こりゃすごいですよ。
どこかの新聞記事にありましたが、「UTUBE」のおかげで、、とかありましたが、

ベンアリ体制のときはUTUBEはオフィシャルにはみれなかったんですよ、
IPアドレスを人工的にかえる操作をすれば見れましたが。
ここ3日、数人の友達がUTUBEが見れた!といっています。



大統領が逃げ去る直前にいったこと。
「刑務所の囚人を解放せよ」
「囚人よ、破壊せよ」

だそうです。強烈。


 それにしても、まだまだチュニジアは落ち着かないようです。大統領が亡命しても
ほとんどの閣僚たちが、昔のまま。こりゃだめだ。
今日から一週間、また目が離せません。。。。

 次はチュニジアからのビデオがたくさんUTUBEにあがっているようなので
それをリンクします。

 なお、店の名前はチュニジア専門店、「チュニジアの花」にちなんでジャスミンの家、ダールヤスミン。
そして今回の革命もチュニジアの花にちなんでいる名前「ジャスミン革命」で
ダールヤスミンのサイトのアクセスがあがって・・・・すごい。
by daryasmine | 2011-01-17 15:00 | チュニジア ニュース

革命への結束・・・つながり

 FACEBOOK のチュニジア人たちのプロフィール画像が
どんどんかわっていく様子が、最近の2週間、ひとりで「おおおおお」の連続。

 まずはこれ。

 
革命への結束・・・つながり_a0141134_1671088.jpg


 ベンアリが出る直前の1週間はこれ。

 
革命への結束・・・つながり_a0141134_1683872.jpg


 そして、これからはこちら。が増える(と思う)
「ガヌーシGhannouchi、でていけ。Ghannouchi Degage!」
※ガヌーシは元首相、臨時大統領、悪玉。

革命への結束・・・つながり_a0141134_16101029.jpg



です。それまでは落ち着かないような・・・・
それにしても、今チュニジア人からくるメッセージは
「俺らは勝つ!」もう激しく高揚してます。ダールヤスミンもホームの画像をかえました。


 
 
by daryasmine | 2011-01-16 16:04 | チュニジア ニュース


お店情報 チュニジア暮らし 旅行のヒント 内容満載の武庫之荘ダール・ヤスミンのブログ♪


by daryasmine

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
店舗からお知らせ
HOME Dar Yasmine
店長プロフィールと事業案内
外部イベント&催事参加ご案内
過去の催事&イベント参加
ギャラリーと日本の作家さま
チュニジア ニュース
メディアに出ています!
武庫之荘おすすめ
店長のひとりごと
お客様の声
ギャラリー開催中
Staffのひとりごと
未分類

ブログパーツ

Tunisie PLUS

ガイドブックや歴史本ではよくのっていない情報をご提供、ずばりチュニジアの暮らしの手帳2 
ダールヤスミンのホームはこちら!


トラベルサン  のメンバー物販部

お問い合わせはこちら
info@daryasmine.jp

外部リンク

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
more...

フォロー中のブログ

イスクラ

最新のコメント

行商お疲れ様です(^^)..
by 枕屋たなか at 22:26
盆踊りの塔は「櫓(やぐら..
by 枕屋たなか at 00:26
ありがとうございます、パ..
by daryasmine at 22:44
超お久しぶりですー! 昨..
by daryasmine at 00:21
東京の百貨店でも催事です..
by 枕屋たなか at 09:02
きゃー(/_;) イベ..
by 枕屋たなか at 08:50
4月は関西にいますのでぜ..
by daryasmine at 13:53

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

コモンズの悲劇‥‥この国どこ..
at 2020-07-01 03:23
ナブールに行ってきたお話〜そ..
at 2020-06-25 21:15
チュニジアのコールセンター
at 2020-06-19 08:37
うちに出入りしてくれるチュニ..
at 2020-06-13 07:18
公務員オフィスの事実 ヤスミ..
at 2020-06-11 16:59

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
海外生活

画像一覧